みんなのブログ

社長日記

こんにちは、オノヤリフォーム倶楽部の小野浩喜です。 私の座右の銘は「熱心・正直・親切」です。なので、正直に言いますが、おそらく日記ではなく 「週記」になってしまうと思います。 毎日書くのはどうも難しいですね。(^^ゞ 少しずつ書き加えていきますので、末永くよろしくお願いいたします。

【 2008年9月 】 の日記

商工会議所青年部東北ブロック大会

 9月20日は、商工会議所青年部(YEG)第27回東北ブロック大会が須賀川の文化センターで行われました。私は、式典の司会を仰せつかり、何とか無事に終わることができました。ただ、「盛岡を紹介する時に、もりつき と言っていたよ。」とプロデューサーの箭内君に指摘されました。自分では気づいていなかったのですが、確かに、会場が若干ざわついていた気がします。
 それにしても、もりおか と発音したはずなのに、なぜ、違ったのか?と腑に落ちなかったのですが、もしかして、もりわき と発音したかも。と気がつきました。新入社員の森脇さんを何度も呼んでいるので、口が記憶していて勝手に動いた と思いました。 習慣は恐ろしいなーと思うと同時に、緊張感が足りなかったのかなーと反省しました。盛岡YEGのみなさま失礼いたしました。
 夜は、式典会場の文化センターと懇親会会場の須賀川アリーナまでの間に、かがり火を焚き、松明を燃やし、松明太鼓で盛り上げました、会場内では、スパリゾートハワイアンズのフラダンスショーなど盛りだくさんで、楽しいパーティでした。

杉ちゃん本を出す。

1b22a493.JPGチラシでお世話になっている杉浦昇氏がついに本を出版することになりました。そして、郡山の亀田のツタヤで発見しました。その名も「当たるチラシ100の法則」ピンクの表紙で目だっていました。仕事をしながらなので、「1年半も掛かったけどやり遂げた」と嬉しそうでした。
 福島のチラシは、白河オープンチラシ以来、久々に、杉浦さんと私とでラフ案を考えました。さて、当たるチラシになるかどうかは、10月4日の朝刊をご覧ください。

デザイン勉強会

 ヤマハで30年以上もの間、プロダクトデザインを担当している宮本先生に、すばらしいご講義をいただきました。その中で、印象的だったのは、「能面のスライドを映し出して、この能面の角度がほんの少し違っただけで、まったく違った印象を与えます。デザインも1ミリ2ミリの違いで出来が違ってしまうことがあるのです。」と仰っていたことです。
 現在、福島のショールームの工事も仕上げの段階に入り、細かい打ち合わせばかりなので、この言葉が身にしみました。「やっぱりそうだよなー」と自分を納得させました。楽な方に流されず、凛として取り組まなければ、決していいデザインには仕上がりません。細かい指示が多いので、職人さんに負担をかけることもありますが、とにかく段取りだけは、ぬかりなくに進めているところです。
 

仕事の基準

 会社にとって、必要な事をルール化していく中で、一度決めたことを忘れてしまったり、いつの間にか、無くなってしまうルールもあります。
 今年は、リフォーム倶楽部10年目の節目ですから、この辺で、会社の仕事を、きちっと整理して、文書化し直そうと思っています。今回は、リーダーを中心としたマニュアルをまとめていくつもりです。優秀なリーダーの数だけ業績が上がります。店舗の数だけ業績が上がる訳ではないからです。また、スタッフのみんながリーダーたる活躍を目指せる基準書にしたいと考えています。
 福島の施工管理も先が見えてきたので。9月9日をキックオフと決めてスタートしました。他店舗展開するにはどうしても必要なことであり、組織化という経営の大きな壁を超えるためにもやり切りたいと思います。

6年ぶりの現場管理

 福島ショールームの現場管理もいよいよ仕上げの段階に入り、各職人さんと毎日詳細な打ち合わせをしています。
 私は、6年ぶりの現場管理であり、鈍っていた勘が少しは戻ってきました。ただ、エンジンが全開になるころに現場が終わってしまうことが少し残念であり、さびしい感じです。
 福島ショールームに入っているのは、新規の職人さんが、ほとんどだったので、私も職人さんも最初は緊張していました。でも、最近では、職人さん同士も気心が知れて、ジョーダンも飛び交うような雰囲気なので、私もとても楽しくやっています。
 いずれも腕のいい職人さんばかりですから、見ていてとても気分がいいのです。
 私がミスをして、やし直しをしてもらうこともあったのですが、スムーズに直してもらうなど随分助けられました。
 あと、2週間で完成です。大詰めですから、気を抜かず素敵なショールームを完成させたいと思います。

オノヤ リフォーム倶楽部 お問い合わせ一覧

福島店

〒960-8164
福島県福島市八木田字並柳68-1

TEL:
024-539-6817
FAX:
024-539-6827

郡山店

〒963-8044
福島県郡山市備前舘2丁目98

TEL:
024-990-2292
FAX:
024-934-5232

須賀川店

〒962-0044
福島県須賀川市池下23番地3

TEL:
0248-63-0836
FAX:
0248-73-0508

白河店

〒961-0856
福島県白河市新白河1丁目100

TEL:
0248-21-9011
FAX:
0248-24-5710

仙台泉店

〒981-3117
宮城県仙台市泉区市名坂字中道100-9 ヨークタウン市名坂内

TEL:
022-371-6603
FAX:
022-371-6604

宮城野店

〒983-0043
宮城県仙台市宮城野区萩野町2丁目1-8

TEL:
022-369-3991
FAX:
022-369-3992

仙台南店

〒981-1221
宮城県名取市田高字原380

TEL:
022-796-0380
FAX:
022-796-0381

営業エリア

福島県: 福島市、国見町、桑折町、飯野町、伊達市、川俣町、二本松市、本宮市、大玉村、郡山市、三春町、田村市、小野町、須賀川市、天栄村、鏡石町、矢吹町、玉川村、平田村、中島村、石川町、古殿町、白河市、泉崎村、西郷村、浅川町、棚倉町、塙町、栃木県那須町

宮城県: 仙台市、富谷町、利府町、多賀城市、塩釜市、大和町、七ヶ浜町、名取市、岩沼市、村田町、柴田町、亘理町、大河原町、白石市、角田市、山元町

取扱い工事一覧

増築リフォーム
天然素材リフォーム、ローコストリフォーム、中古住宅再生リフォーム、二世帯リフォーム、デザインリフォーム、エコリフォーム
キッチンリフォーム
システムキッチン、流し台、IHクッキングヒーター、食器洗い乾燥機
お風呂リフォーム
システムバス、ユニットバス、浴室暖房乾燥機、浴槽、シャワー
トイレリフォーム
水洗トイレ、下水道接続工事、ウォシュレット、シャワートイレ
洗面所リフォーム
シャンプードレッサー、洗面化粧台
内装リフォーム
クロス貼替、フローリング工事、珪藻土、入洛壁、カーペット、クッションフロア
屋根リフォーム
屋根葺き替え工事、屋根塗装、雨樋交換、雨もり修理
外壁リフォーム
外壁サイディング、外壁塗装
エクステリア
カーポート、ウッドデッキ、テラス、バルコニー、門扉、フェンス
サッシ・玄関ドア
玄関ドア、二重サッシ、出窓、ペアガラス
あなただけの上質な生活を提案します。デザインリフォーム・リノベーション ONOYA+ 雑貨のお店 MONO-ya MONO+(モノプラス) Lifestyle Supports by ACTUS
ONOYA主催 第4回デザインリフォームコンテスト:素敵にリフォームしたい方 大募集! 8/31まで受付中
株式会社オノヤ
リフォーム倶楽部
福島:フリーダイヤル 0120-14-3215(本社受付 9:00~18:00) 仙台:フリーダイヤル 0120-76-3215(仙台泉店受付 9:00~18:00)
reformclub@onoya.com

福島店

〒960-8164
福島県福島市八木田字並柳68-1
TEL:024-539-6817
FAX:024-539-6827

郡山店

〒963-8044
福島県郡山市備前舘2丁目98
TEL:024-990-2292
FAX:024-934-5232

須賀川店

〒962-0044
福島県須賀川市池下23番地3
TEL:0248-63-0836
FAX:0248-73-0508

白河店

〒961-0856
福島県白河市新白河1丁目100
TEL:0248-21-9011
FAX:0248-24-5710

仙台泉店

〒981-3117
宮城県仙台市泉区市名坂字中道100-9 ヨークタウン市名坂内
TEL:022-371-6603
FAX:022-371-6604

宮城野店

〒983-0043
宮城県仙台市宮城野区萩野町2丁目1-8
TEL:022-369-3991
FAX:022-369-3992

仙台南店

〒981-1221
宮城県名取市田高字原380
TEL:022-796-0380
FAX:022-796-0381

福島・仙台のオノヤリフォーム倶楽部は、プランニングから現場管理、工事の完成・引渡しまでを責任を持って行います。
建築的技術はもちろんのことお客様のライフスタイルを大切にした生活提案をモットーにしております。
またどんな小さな修理でもスピード対応し、住まいのあらゆる悩みを解決するリフォームのプロがそろっています。
まずはご相談、お待ちしています。