• 福島市 A様邸(再築の家)

福島市 A様邸 再築の家 ~耐震と断熱と気密~

こんにちは!福島店の今野です。

久しぶりのレポートになります。

先日のレポートからだいぶ作業が進んでいました。

左の木材をななめにつけているようなものを筋交いと言うそうです。

この筋交いですが、構造体の耐震性を強める効果があるそうで、

耐震診断士が診断をして適切な位置に適切な量を配置します。

画像にはありませんが、天井の方に耐震金物も配置されています。

 

これで耐震はバッチリですね!!

 

続いて壁にある白いもこもこが噂の吹付断熱です!!

通常の断熱材より隙間がなく、隙間風を防ぎます。

 

 

そして、この緑色の気密シートでさらに気密性を高めます。

以前ご紹介したLow-Eペアガラスの樹脂サッシの窓も入っていました。

 

こうやって新築にも劣らない高気密高断熱が作られていくのですが、

空気の出入りが少ないため、居室に給気口と換気扇を設けなければ

いけないのだそう。

 

気密性が高くなることで解消しなければいけないこともある

というのは意外でした。

 

耐震と断熱についてのレポートでした!

次回もお楽しみに!