• 壁・内装

押入にムダはありませんか? 上手に使うためのリフォーム&グッズ活用法3選

押入の使い方に不満はありませんか?モノがごちゃごちゃしていたり、デッドスペースがあったり…実は押入そのものに使いにくさの原因が隠れていたのです!
押入はもはや現在の日本人の生活に合わなくなってきているのです。
今回は現代の暮らしの中で、押入が使いにくい理由とリフォームや収納グッズで押入を使いやすくする押入再活用法3選をご紹介します!

 

1、押入ってどうして使いにくいの?

 

よく見る一間(いっけん)幅の押入は、幅約1m65cm、扉をはずせば奥行き約90cm。この奥行きの深さが押入の最大の特徴です。布団を仕舞うにはちょうどいいのですが、現代のライフスタイルを考えてみると、布団を毎日出し入れする家庭が少なくなってきました。布団を仕舞う以外の収納として使うには押入は深すぎて不便なのです。“押入の深さを持て余してしまう”というのが、現在の日本人の生活に押入が合わなくなってきたいちばんの理由です。

 

具体的に背広をかけるハンガーの幅は約45㎝。一般的なクローゼットはハンガーをかけるのにちょうどよいサイズとして奥行き60㎝で作られています。そこから考えても押入の奥行き90㎝がいかに深すぎるかわかるかと思います。

押入の使い方に困っているお宅でよく見かけるのが、お客様用や使っていない布団を押入に押し込んでいたり、古い家電や引き出物がスシ詰めになっていたりと、仮置きのゴチャついた収納庫になっているケースです。中には使えているのは手前の1列目だけ、奥は見えないので、何が入っているかわからないなんて声も。押入れは想像以上に面積を取っているので、これはとてももったいないことです。

 

そこで今回ご紹介するのは、この深い奥行きや、大きさを活かしたスペースの活用法です。断捨離で不要なモノは処分!その後リフォームしたり、収納グッズを活用したりして押入を新しい空間に生まれ変わらせましょう。

 

2、押入活用法3選!

 

2-1、収納グッズを活用

 

押入れを収納として使う時にネックになるのが先述した奥行きの深さ。しかし、深い奥行きだからこそ大きな容量があるのです。奥まで使いこなせれば、大容量の便利な収納スペースに生まれ変わります。

まずは自宅の収納グッズを見直しましょう。

押入れ

 

キャスターを使ったり棚を入れたり、押入空間の使い方を意識しましょう。

最近のホームセンターではいろいろと便利グッズが登場しています。最近行っていなければこの機会に近くのホームセンターをぐるっと見て回ることをおススメします。

 

荷物をギッチリ詰めないで余白を残して、押入の「奥」と「手前」でスムーズに出し入れをができるようにしておくことが、押入収納のコツです。
もし、押入内に釘やビスを使いたくなったら注意してください。押入の壁や床は薄ベニヤを使っていて、補強しないと棚やパイプの重みに耐えられないケースが良くあります。一度プロに相談するのをおススメします。
収納家具で押入の使い方が改善できたらふすまを張り替えてみるのはいかがでしょう?

例えば、ふすまにこんな感じにカラフルな花柄模様の壁紙を貼ってアクセントにすることもできます。

 

押入れ

 

2-2、裏側からも使う

 

押入の奥行きは、敷居の幅を入れて約90cm。クローゼットや小物収納として使うには深すぎます。先述したように、使いやすいクローゼットの奥行きは約60cm。小物の場合は30cm~45cmです。

押入の裏表両面から使う方法はいかがでしょうか?

押入まわりの間取りをチェックしてみましょう。押入の奥の壁が、廊下や他の部屋に面していたらチャンスです。反対側からも開口して、今まで手が届かなかった奥の部分を、裏側から使えるようにリフォームしましょう。奥行きを分ければ使いにくい押入れも、使い勝手のいい2つの収納に変身します。

 

押入れ

室内からは奥行き60㎝のクローゼット

【Panasonic 公式サイトより】

http://sumai.panasonic.jp/

 

 

 

押入れ

廊下からは奥行き30㎝の小物棚

【Panasonic 公式サイトより】

http://sumai.panasonic.jp/

 

 

写真のように押入の奥行き90cmを、60cmと30cmに分けるリフォームをすれば、クローゼットにも小物・本棚にぴったりのサイズが得られます。もちろん使い道によっては45cm+45cmでも良いでしょう。ただし構造上、外しても問題の無い壁かどうか、プロにしっかりチェックしてもらうのを忘れないように。相談に行く際には家を購入した時の図面があるとなお良いでしょう。

 

2-3、収納以外に転用する

 

一間幅の押入れの面積は0.5坪、これはちょうど畳1帖分の広さです。このサイズはいろいろな設備がすっぽり入るので、収納以外に転用して新たな空間として有効利用することができます。

押入れ

押入をおしゃれな勉強机にリフォーム

http://refopedia.jp/tatami

 

押入転用の中でもっとも多いのが書斎としての転用ではないでしょうか。一般的な仕事用のデスクは幅120㎝×奥行き70㎝ですが、押入だと幅165㎝×奥行き90cm。だいぶゆったりとした机が出来上がります。足元は荷物を入れるスペースが取れますしデスクの上に棚を作る余裕もありますね。

 

押入れ

ミニキッチンの設置も可能

【LIXIL公式サイトより】

http://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/mini_kitchen/

 

押入をベッドにするケースもどこかの漫画にありましたし、設備機器も入ります。

例えばキッチン、洗面化粧台、トイレも設置可能です。押入サイズの設備機器は意外と多いので、押入ひとつ分あればリフォームの可能性が大きく広がります。

 

介護のために寝室の押入をリフォームしてトイレを設置し、ベッドからトイレまでの動線を短く介しやすくするリフォームもよく行われます。

 

 

3、まとめ

 

今回、押入活用法として3点(収納グッズ、両面使用、転用)の紹介をしてきました。ご自宅の押入をうまく使うために何かヒントを得ることができましたか?3点を言い換えると下記のようになります。

1、収納グッズ:収納グッズを活用して使いやすさと収納力のバランスをとる
2、両面使用:収納する物に合わせて使いやすい収納に作り替える
3、転用:生活様式に合わせて押入のスペースを別なものに転用する
現状押入が上手く片付かないのは時代によって生活様式が変遷してきたためで、収納する物の優先順位が変わってきたからです。

そもそも住宅自体が意図している使い方と違ってきているので押入が上手く片付かないのはある意味しょうがないことなのかもしれません。

リフォームや収納グッズを使って、無理しなくてもうまくいく仕組みを作りたいですね。