暮らしに合わせて家を変える

当たり前ですが、時代や家族構成が変われば、ライフスタイルも変わりますよね。
40年前と今では全然生活スタイルが違うはずです。それなのに家は40年前と同じ間取りのままという建物が沢山あります。
家に合わせて生活するのか、生活に合わせて家を使うのか?この差は大きいと思います。

例えば、子供が増えたのに子供室が足りなくリビングも狭いとか、逆に家族が家を出て使わない部屋があるとか、収納が足りない、それと同時に老朽化のために修繕しなくてはならい箇所などが発生します。
家は人生で一番長く居る場所でもありますので、それらの問題点を改善する事によって、その家族のこれからの人生をより良いものにしてあげる事ができるはずです。

生活に合わせた家に変えてみませんか?

地元にも環境にもやさしいリフォーム

リフォームをする事によって環境や町の美観、地域の経済にも大きく貢献をしています。

古い建物は水漏れや漏電、火災の原因にもつながります。
それを修繕する事によって町並みも綺麗になり、安全になります。

また1件リフォームをすれば、それに関わる沢山の地元の業者さんに仕事を提供する事ができて、地域経済にも貢献できます。

また、30年で建て替えて新築し、その後そこに30年住むより、リフォームをしてあと30年住めるようにした方が工事の時に発生するCO2の量が1/3で済み、地球温暖化防止にも大きく貢献できると言われています。