• 風呂・浴室

マンションのお風呂をリフォームするべきタイミングって?マンションならではの事情も解説

水回りの代表とも言えるお風呂場は、カビが生えやすい、建材が傷みやすいといった理由からリフォーム工事の中でも特に需要の多い場所とされています。しかし一般の方にとってリフォームは一生のうちに何度も依頼するようなものではありませんから、具体的な話はよく分からない、という方が大半でしょう。さらにこれがマンションのリフォームともなれば近隣住民への挨拶や説明も必要です。気になりつつも面倒に感じて行動できない、という気持ちはよく分かります。

ですが家の設備は時間とともに劣化していきます。黙っていても状況は悪くなるだけ。そこで今回はマンションのお風呂リフォームはどんなタイミングで検討するべきか、また事前に知っておくべき基礎知識やマンションならではのリフォーム事情などを解説していきます。

 

お風呂のリフォームを検討するべきタイミング

どんなマンションでもリフォームを考えるべきタイミングがあります。それはズバリ築20年前後。

どれだけ新築時に立派なマンションだったとしても、これだけ長く住んでいれば少しずつおかしいなと感じる部分が増えてくるはずです。

特にお風呂は湿気と切っても切り離せない関係にあります。湿気が高いと木材は腐りやすくなり、金属は錆びやすくなるということはみなさんもご存知の通り。

建材を劣化させやすい風呂場は、見た目では分からなくても壁や床の裏などにダメージが蓄積しているかもしれないのです。もちろん掃除で落としきれなかった汚れが少しずつ目に入るようにもなってくるでしょう。

築20年まで経っていなくても、何か様子が変だと感じたらリフォームを検討するべきタイミングです。例えばいくらカビ取りをしてもしつこく再発する場合。この場合はカビの菌が私たちの目に届かない壁や床の裏に侵食しているかもしれません。他にも排水溝に水が流れにくい、換気扇がちゃんと回らないなど、大きく困っているわけではないけれど何かがおかしいというタイミングはリフォームを検討する絶好のタイミングです。もちろん水漏れが起きている、浴槽にヒビが入っているなど明らかに大きな異常がある場合は今すぐにでもリフォーム業者に相談するべきです。

 

劣化したお風呂をリフォームせずそのまま放置すると……?

小さな異常でも放置していれば悪化していき、いずれ大きな問題を引き起こします。今は「ちょっとくらい我慢すればいいか」と考えてしまう気持ちは分かりますが、問題が起きてからでは遅いのです。例えばマンションで水漏れが起きてしまえば自分たちが困るだけでなく、隣接する部屋の住人にまで迷惑をかけてしまうかもしれません。また早めにリフォームしておけばかからないはずだった余計な出費も発生する恐れがあります。

無機物である家に「放っておけばそのうち直るだろう」は通じません。最近は無料で電話相談を受け付けているリフォーム業者もいますので、少しでもおかしいと感じたら気軽に相談してみましょう。

 

お風呂をリフォームするメリット

マンション お風呂

http://refopedia.jp/deduction

 

早めのリフォームが不要な出費を抑えるかもしれない、というのは先ほども説明した通りですが、それ以外にもお風呂をリフォームすることには光熱費の節約につながるかもしれないというメリットがあります。なぜならリフォームを検討するような築年数になったマンションは、設備が最新のものと比べ大きく遅れているから。現代は技術が日進月歩で進化している時代と言われますが、これはお風呂の設備にも言えることです。設備を新しいものに取り換えることでエネルギーのロスが減り、電気代・ガス代を下げられるかもしれません。

 

お風呂リフォームの基礎知識

お風呂のリフォームを考えるなら、せめて基本的なお風呂のタイプだけでも知っておきましょう。タイプは大まかに2種類で、ユニットバスと在来工法によるもの。それぞれ解説します。

 

ユニットバス

あなたはユニットバスと聞いてどのような浴室を思い浮かべますか? 一人暮らしのアパートにありがちな風呂とトイレが一緒になっているものを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。しかしこれは間違った知識です。トイレが一緒になっているタイプのお風呂は3点ユニットバスと呼ばれるもの。リフォームの話をしているときにユニットバスと言えば、以下の写真のような浴室を意味します。

マンション お風呂

http://refopedia.jp/bathroom-renovation

 

ユニットバス最大の特徴は壁や床、浴槽がセットになっていること。工場で各部品を作り、現場で組み立てるという仕組みになっています。最初から浴室全体を考えて設計しているため、水漏れが少なく断熱性も高いのがメリット。ユニットバスはもともとホテルやマンションなどのために開発されたものですので、「うちの浴室もユニットバスだ」という方も多いでしょう。

 

在来工法

在来工法による浴室は以下の写真のようなタイプ。

マンション お風呂

http://refopedia.jp/bathroom-renovation

 

ユニットバスよりも設計の自由度が高いのが特徴であるものの、断熱性などの面でユニットバスに劣ります。マンションではあまり見かけなくなったタイプですが、ユニットバスが普及する前に建てられたマンションは在来工法によるものも多いです。

 

マンションならではのリフォーム事情

マンションに限った話ではありませんが、在来工法からユニットバス、ユニットバスから在来工法、どちらでもリフォームで変更可能です。ただ在来工法からユニットバスへ変更する場合は浴室が狭くなる可能性が高いことを覚えておきましょう。

マンションのリフォームが一戸建てと違うのは制約の多さ。例えば一戸建てであれば浴室の場所を移動することはさほど難しくありませんが、マンションで同じことをしようとすると大きな問題を解決しなければいけません。それは排水管やその他構造上の問題。マンションのリフォームができるのは契約で定められたあなたの専有部分だけです。排水管を移動させようとすると専有部分の外側にまで手を付けなければならないケースが多く、このため希望した通りのリフォームができないことがあるのです。

他にもマンションの管理規約によってはリフォーム工事が許可されない場合もあります。トラブルを防ぐためにも必ず事前に規約を確認しておきましょう。

 

マンションのお風呂でも追い焚き機能は付けられる

冷めてしまったお湯を温めなおす追い焚き機能。水道代を節約するために嬉しい機能ですよね。先ほどマンションには構造上の問題がありできないことも多いと説明しましたが、「それなら追い焚き機能を付けるのは無理なのかな」と思ってしまった方もいるでしょう。確かに追い焚きには専用の配管が必要ですが、これについては後から追加できる場合も多いです。実際にできるかどうかは現場の状況によりますので、ぜひリフォーム業者に相談してみてください。

 

マンションの風呂リフォームにかかる工期

リフォーム工事を進めている間は当然ながらお風呂が使えなくなります。あなたも毎日1度は入浴しているでしょうから、工期がどのくらいかかるのかは気になるところでしょう。

マンションの風呂リフォームにかかる工期は工事の内容にもよりますが大まかに言うと3日から7日ほどです。この間は近くの温泉や銭湯といった施設を使う必要があることを覚えておいてください。

また工期は時期の影響も受けます。年末や年度末は業者への依頼が集中するタイミングとなっており、人手が足りなくなりがち。その分割いてもらえる時間が減り、結果的に工期が伸びてしまう、というわけです。極力工期を短くしてもらいたいならば年末、年度末の繁忙期は避けてリフォームを依頼しましょう。