• 収納

お家の収納をリフォーム!気になるリフォームの費用相場や注意点まとめ

「もっと収納があれば便利なのに」「余っているスペースを活用できないかな?」
ちょっとした収納を増やしてあげるだけでも、快適に使えるお部屋ができていくもの。

上手にスペースを活用するために、今回はいくつあっても困らない、収納リフォームの費用相場や注意点を見ていきましょう。
 

収納リフォームの種類

収納 リフォーム

http://refopedia.jp/niche

 

一口に収納リフォームと言っても、何のことだかわかりにくいもの。余っている場所を工夫して、収納スペースを作ることが収納リフォームです。そのため、施工の種類もさまざまですし、それぞれの費用も大きく異なります。

 

壁面収納

お家の空きスペースを活用するリフォームですので、どれだけスペースを活かせるかがポイントです。床から天井まで空いているスペースを収納に使うなら、壁面収納がおすすめ。

壁の広さや高さにもよりますが、壁一面に収納を取り付けるなら、費用相場としては約30~60万円となります。2メートル~3.6メートル幅で収納幅になり、数多くのスペースが取れるでしょう。

4~6畳のお部屋に壁面収納を作るなら、約15~25万円の収納スペースが必要になります。もう一つスペースを作る手段としては、玄関や脱衣所に小さな壁面収納を取り付けるリフォームがあります。こちらの場合は簡単に作れますので、10万円前後で収納スペースを取り付けられるでしょう。

 

玄関収納

本格的に玄関の収納を増やすなら、こちらのリフォームが良いでしょう。大きめな壁面収納や床から少し浮かせたフロート収納、カウンター・吊戸棚収納なら、20~35万円前後で収納スペースが作れます。一面しっかり収納できるシューズクローゼットなら、約30~50万円の費用となるでしょう。
 
どのタイプであっても、きれいに片付いた玄関が作れるため、人気の高い収納となります。また、費用としても30万円前後で行えるものが多く、リフォームの目処を立たせやすいことが特徴。あなたも玄関のデザインと合わせて、お好みの収納を設置してみては?

 

階段・床下収納

階段の中にある空間を作って収納スペースを作る階段収納。すでに部屋がある場合には、そのまま収納へリフォームしますし、新しく棚を取り付けて収納部屋へ生まれ変わらせる方法があります。あまり大幅なリフォームにはならず、約7~10万円で行えます。

床下収納の場合、水で濡れてしまうことも考えて、スペースの作り方が難しくなります。床下のどこまで収納を作るかによって、大きく費用は変動しますが、約10~15万円が相場となるでしょう。どちらも空きスペースを収納に変えるリフォームで、手軽に行えるため人気が高いです。ただし、大きな収納スペースを作るものではないので、注意してください。

 

屋根裏収納

屋根と天井裏の間に収納を作るリフォームで、広い空間を取れることが特徴。収納を行うのが大変になりますので、出入り口や手すりなど細かい工夫を行っていく必要があります。屋根裏収納は、6畳で約18~25万円、10畳で約25~35万円が相場となるでしょう。
 
 換気扇:約3万円
 手すり:約3万円
 固定階段:約15万円

 
こちらに収納する荷物は、なるべく持ち運びしやすいものにしてください。床が抜ける心配はありませんが、何度も階段を上り下りして収納するのは大変です。特に重たいものを出し入れするときには、かなりの重労働となってしまうでしょう。

何度も出入りすることが面倒に感じるなら、軽くて持ち運びできるものの中でも、季節に合わせて使うものを収納してみてください。頻繁に取り出すものをしまっておくと、屋根裏収納が使いにくいと感じてしまうでしょう。

 

ウォークインクローゼット

収納 リフォーム

http://refopedia.jp/walk‐in-closet

 

使いやすい収納が欲しい人には、ウォークインクローゼットがぴったり。部屋の片隅にあるクローゼットではなく、お部屋のように使える広さを持った収納スペースです。広ければ広いほど使いやすいですが、1部屋潰してしまうことがデメリットとなるでしょう。広さにもよりますが、リフォームを行う場合は、約30~50万円が相場となります。

収納スペースのあるお家は、こだわりを持っているイメージがありますが、ウォークインクローゼットはオシャレですよね。広めにスペースを作っておいて、こだわりの洋服をきれいに収納してから、友達に自慢してみるのもおすすめです。

 

押入れ・物入れをクローゼットにリフォーム

こちらは、元々設置されている押入れ・物入れをクローゼットにリフォーム。最初からあるものをリフォームするため、スムーズに行われます。もちろん元の作りや広さ、状態にもよりますが、費用相場としては約10~20万円となります。

ハンガーパイプや棚を取り付けるだけなら安く済みますが、取り付けるために下地作りが必要になると、費用は高くなってしまいがち。手軽に行えるリフォームですので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

 

収納をインテリアに変えるリフォーム

お部屋にあるクローゼットの扉を取り除き、お部屋のデザインと合わせるリフォームです。収納と言われると、あまり人に見せないイメージがありますが、こちらはあえて「見せる」ことがポイント。扉を取るだけではなく、中のデザインにも手を加えるため、インテリアの一つとして活躍できるでしょう。

こちらは扉の取り外しや中のリフォーム次第ですが、約12~20万円が相場となります。見せる収納とは言っても、全部取る必要はなく、一部だけ扉を残すこともできます。お部屋の雰囲気と合わせて、お気に入りの収納スペースを作ってみてください。

 

収納リフォームの注意点

収納 リフォーム

http://refopedia.jp/walk‐in-closet

 

何も考えずにリフォームをしていると、後悔してしまうことは良くあること。もちろん収納リフォームでも、適当に行うことはNGです。理想の収納にするためにも、しっかりと注意点を見ていきましょう。

 

余裕のある収納スペースにする

収納リフォームを作るときにやってしまいがちなのが、「必要な分だけしかスペースを取らない」こと。もちろんすっきりと収納して、ムダなスペースを作らないのは良いことです。きっちりと必要な分だけ計算した上で、理想のリフォームを作れている証とも言えるでしょう。

しかし、収納スペースはその時だけ使うものではありません。長く住めば住むほど、物は増えていきますし、狭い収納スペースではきれいに整理ができないもの。むしろ収納スペースを作るときには、ちょっと大きく作りすぎたかな?と感じるくらいがちょうど良いです。

余裕を持って作っておかないと、数年後にはスペースいっぱいに物が詰め込まれた「開かずの間」になってしまうかも知れません。

 

収納扉は慎重に選ぶ

収納スペースのリフォームでやってしまいがちなのが収納扉のミスです。例えば、寝室の収納に開き戸を選んでしまうと、布団やベッドを置けなくなってしまうでしょう。お部屋のクローゼットであっても、家具・インテリアを置くスペースを考えた上で、開き戸や引き戸を選ばなければなりません。

いつでも中身が確認できる収納にするなら、折れ戸にしておかないと不便ですよね。どこの収納スペースを作るときでも、そこに合った扉を選ぶ必要があります。理想の収納スペースを作るためにも、扉選びは慎重に行ってください。

 

収納リフォームはスペースを生かすことがポイント

収納 リフォーム

http://refopedia.jp/apartments-renovation

 
さまざまな方法で収納スペースが作れる収納リフォーム。収納したい物の量が大切ですし、収納場所も考えなければなりません。長く使っていくことを考えれば、広めに作っておかないと後悔してしまうことも。

 

扉の付け方を間違えてしまうだけでも、せっかくの収納スペースが使いにくくなってしまいます。すっきりとした収納を作るためにも、事前に収納のことを考えておくと良いでしょう。理想のお部屋を作るためにも、ぜひ収納リフォームを試してみてください。