• デザイン

リフォームと建て替えどちらにする?戸建てリフォームのすすめ

戸建てのリフォーム、もしくは中古住宅をリフォームするときには、フルリフォームか建て替えか迷ってしまうもの。土地や住宅によっては建て替えが難しくなるため、どちらを選ぶかはお家次第ということになります。

さて、ここではリフォームと建て替えのどちらを選ぶべきか、一戸建てリフォームの費用など、細かい部分をご紹介します。ぜひじっくりと見て頂き、参考にしてみてください。
 

戸建てはリフォームと建て替えどっちが良い?

建て替え リフォーム

http://refopedia.jp/full-reform

 

リフォームと建て替えか迷ったときには、土地や家屋の条件、建物の劣化具合、費用で決めてください。例えば、お家が傾くほど地盤が悪いときには、リフォームより建て替えの方が良いでしょう。土台や柱など基礎部分がシロアリの被害に合っている、基礎工事が古く地震に弱い作りになっているなども、建て替えを行った方が良いです。

しかし、できることなら戸建てリフォームをした方が良いでしょう。建て替えだと建築基準法の建ぺい率・容積率・延べ床面積の規制により、小さな家屋に仕上がる可能性がありますが、リフォームなら大きさが変わることはありません。

ケースバイケースでどちらにするべきかは決まりませんが、可能なら戸建てリフォームを優先してください。

 

戸建てリフォームの費用相場はどのくらい?

一戸建て住宅をリフォームするときには、範囲や劣化状態によって大きく金額が異なります。基本的には、300~500万円以内の予算で検討することが多いでしょう。しかし、間取りを大きく変えるときには、一度内部をスケルトン状態にしなければなりません。この場合は、500~800万円、それ以上の費用もかかります。

ちなみに、中古物件の購入費、リフォーム費用は100~1,000万円と幅が広いです。どちらの費用もこだわればこだわるほど、非常に金額が高くなるので、注意しておきましょう。また、大幅なリフォーム、建て替えを行うときには一度仮住まいを用意しなければなりません。工期や予算など施工計画は余裕を持って立てておき、リフォームを進めていきましょう。

 

戸建てリフォームのメリット

建て替え リフォーム

http://refopedia.jp/full-reform

 

戸建てリフォームでは、「自由なデザイン性」「金額や工期のスケジュールが立てやすい」の2つがメリットです。しっかりとメリットを理解した上で、戸建てリフォームを行いましょう。

 

自由なデザイン性

リフォームは現在の広さのまま、内装を自由に変えられるデザイン性の高さが最大のメリット。キッチンやリビングのみをリフォームしながら、段階的に施工ができるため、計画次第で仮住まいを用意する必要はありません。好きな部分にこだわったリフォームが行えるので、住まいの思い出を残したい方にもぴったり。

好きな部分にのみリフォームを集中させられるため、機能性にこだわることもできます。建て替えだと費用が大きくなってしまうので、あまり自由にデザインは変えられません。戸建てリフォームなら、間通りも自由に変えられます。内装設備や階段の場所も変えられるので、あなたの思い描いたリフォームを試してみてください。

ただし、水回りを移動させるときには、水道管・配線の施工を行わなければなりません。自由度が高い分、ついついリフォーム費用が高くなってしまいます。ちゃんと予算を考えた上で、住宅のリフォームを計画してみてください。

 

金額や工期のスケジュールが立てやすい

戸建てリフォームは自由度が高いからこそ、金額や工期も設定しやすいです。リフォーム箇所や施工方法によって、費用は大きく異なります。建て替えと比べると戸建てリフォームは工期が短くなることが特徴。

例えば、建て替えなら短くとも2ヶ月、長ければ5ヶ月ほどの施工期間が必要になります。しかし、戸建てリフォームなら最短即日施工も可能ですし、大規模なリフォームでも3ヶ月程度で済むでしょう。

 

戸建てリフォームのデメリット

建て替え リフォーム

http://refopedia.jp/klasic-30

 

戸建リフォームのデメリットは、「構造や法規制に制限される」「主要構造で強度が決まる」の2つです。メリットだけではなくデメリットも考えた上で、戸建てリフォームを選んでください。

 

構造や法規制に制限される

戸建てリフォームでは、壁や間取りによって制限されてしまいます。自由度の高いリフォームを行えますが、すべて自由に決められるわけではありません。また戸建てリフォームでは建築基準法の法規制を受けることになります。建ぺい率・容積率・延べ床面積の影響を大きく受けます。

建物の高さや勾配、道路からの距離などの制限もあるため、事前に自治体へ確認をしなければなりません。さらに、地域の防災規制が定められていることもあります。防災規制で指定されている場合、防火性の高い素材にリフォームしなければいけなくなります。事前にリフォーム会社に依頼して、制限や規制を確認しておきましょう。

 

主要構造で強度が決まる

戸建てリフォームを進めていくときには、土台や柱といった主要構造に配慮しなければなりません。特に増改築を行うときには、住宅全体の負荷が高くなってしまいます。例えば、2階や屋根裏のリフォームを行ったなら、1階に柱を増やさないと耐震性に不安が残ります。そのため、事前に耐震診断を済ませておき、主要部分を増築しなければなりません。

ただし、主要部分の補修・大規模なリフォームになると、リフォーム費用は高額になります。例えば、地盤沈下・腐食・シロアリ被害などによって、主要部分に大きなダメージが入っていることが考えられます。

そのため、リフォームを行うときには、事前に家の状態を判断してください。どのくらいのスパン住むかも考えた上で、計画を進めましょう。

 

一戸建てリフォームを行うタイミング

建て替え リフォーム

http://refopedia.jp/klasic-30

 

大掛かりなリフォームや建て替えを行うときには、どのくらいの工事期間が必要になるかを考えなければなりません。最低でも1ヶ月以上の工期が必要になりますので、仮住まいも用意しなければなりません。

例えば、水回りの設備を整えるときには、約10年毎のリフォームを考えてください。外壁・屋根をリフォームするなら、約10~20年のサイクルで進めていきましょう。集中的なリフォームの場合、長くとも1ヶ月ぐらいの工期でリフォームできます。

そのため、事前にリフォーム部分と希望予算を組んだら、リフォーム業者に相談してください。リフォーム業者に現地調査をしてもらい、劣化状態や工事期間を調べてもらうことで、リフォームのスケジュールが組みやすくなります。ちゃんとタイミングを考えた上で、無理のないリフォームを行いましょう。

 

戸建てリフォームは業者に相談して行おう

戸建てリフォームを行うときには、業者に依頼してじっくりと検討してみてください。戸建てリフォームに限らず、建て替えでも同じことです。住宅を生まれ変わらせるときには、さまざまな制限や法規制を受けるもの。基準をクリアした上で理想のリフォームを行うためには、細かい部分まで業者に相談しなければなりません。

リフォームタイミングや予算・工期を正しく相談しなければ、業者もあなたに合った提案はできなくなります。リフォーム業者はあなたのイメージが見えているわけではありません。そのため、何度もイメージをすり合わせて、理想の住宅像を伝える必要があります。

あなたが思い描いた住宅を作り上げるためにも、時間をかけて正しいリフォームを行ってください。