LDK部門G大正モダンの家

  • 大正モダンの家: 施工前Before

  • 大正モダンの家

  • 大正モダンの家

  • 大正モダンの家

  • 大正モダンの家

  • 大正モダンの家

  • 大正モダンの家

  • 大正モダンの家

  • 大正モダンの家

  • 施工前

お客様のご要望

築36年とだいぶ経っていた為、設備機器の老朽化や断熱対策、内装などを一新したいと思われたのがきっかけでした。既存のお家は純和風なつくりをしていた為、和の雰囲気が残る少し古めかしい印象となってしまっていました。LDKは普段家族が集う場所なので、LDKの工事をする際は性能だけに特化するのではなくデザイン的にもこだわったものにしたいとお考えでした。奥様や娘様はとてもインテリアに興味をお持ちで、今回の工事ではこだわりを持って家づくりをしたいとお話されていました。
寒さ対策などの住宅の性能面は確保しつつ、既存のお家の良さを生かしたこだわりのデザイン空間にするべくリフォームがスタートしました。

プランニング

全体的なデザインとしては、和室の造作材はすべて残してフローリングとクロス仕上げにする和モダンの空間にしています。造作材はあえて濃茶の塗りつぶしで塗装し、空間のアクセントとしながら既存の傷等が目立たないように工夫しました。また、リビングとキッチンを仕切る建具と、もともと障子だった建具は全て造作しています。建具も塗装した造作材と合わせて濃茶を選定しましたが、こちらは「オイルステイン」という塗料を染み込ませて木目が出るような塗料と塗り方で仕上げています。その為に、木材は木目のきれいなホワイトアッシュを選定しました。木目と塗料の出具合を調整しながら、3度塗りで塗装しています。建具のガラスはチェッカーガラスを使用し、大正モダンの雰囲気をより引き立てています。

床下の断熱材は通常の敷き込み工法ではなく吹付断熱にて施工。発泡性の断熱材を隙間なく吹き付けることにより、お悩みだった底冷えする寒さを解消しました。キッチンも食洗器付きの最新のシステムキッチンをご選定頂き、快適性とデザイン性を兼ね備えたキッチンとなっています。

実は、今回のデザインに合わせてこちらのお客様は家具を全オーダーでご準備して頂きました。「せっかくなら空間に合う家具を入れたい」との事で、家具に関してはお客様が自ら家具屋さんに足を運び、形から全て受注生産してもらったそうです。

性能面もデザイン面も兼ね備えたお客様だけの空間をともに作り上げました。

大正モダンの家

LDK部門ノミネート作品 G大正モダンの家

築年数
36年
工事名
住宅改修
工事箇所
リビング、ダイニング、キッチン
工事期間
1ヶ月半
工事金額
700万円(税抜)