• キッチン

最新機種で快適なキッチンに!換気扇リフォームの種類や選び方をご紹介!

最近、ちょっと換気扇の吸い込みが悪くなってきたとか、汚れが目出ってきたとか感じてしませんか?使っている年数が経つにつれてどうしても、吸い込みが悪くなってきたり、汚れが気になりだしたりしますよね。もうそろそろ換気扇をどうにかしようかとお考えの方は、参考にしてみてください。

だいたい換気扇の寿命は約10年といわれています。そのくらいの年数になるとどうしても不具合なんか出てきたりして修理が必要になってきたりします。換気扇のリフォームをどんなときに考えるかまとめてみましょう。

 

換気扇リファームを考える目安

換気扇

https://www.onoya.com/case/tax_reform/kitchen/

 

 換気扇を使い始めて10年ぐらいのとき
 吸い込みに不具合を感じたとき
 汚れが目立ってきて気になり出したとき
 キッチン全体のリフォームを考えたとき

 

これらの項目は換気扇をリフォームする目安です。項目に当てはまるような場合、何らかの不具合が出てくるので、換気扇のリフォームを考えるのではないでしょうか?しかし、今使っている換気扇を修理するのか、新しいものと交換するのかと悩まれることでしょう。「お金はあまりかけたくない」「でもどうせなら新しいものにしたい」と考える方のために、修理と交換でどのくらい違うのか比較してみました。

修理の場合には、修理する箇所と業者によってまったく違います。はっきりとした金額は見積りを出してもらう必要がありますが、目安としては手数料5000円からと部品代を足した金額になっているようです。部品代に1万円かかるのであれば、大体1万5千円ぐらいになることでしょう。もちろん、修理するとこが増えれば増えるほど、修理に必要な金額も高くなってしまいます。

新しい換気扇にリファームする場合には、換気扇も安い物であれば、2万5千円ぐらいからあります。設置費用が安いところであれば5000円からなので、換気扇の金額しだいになりますが3万円ぐらいから新しい換気扇にできることもあるということです。

このことから、あまり修理費用が高いのであれば、新しい換気扇にリフォームした方がいいと考えられたことでしょう。そこで、換気扇リフォームを考えたときに押さえておきたいポイントを紹介します。

 

換気扇のファンの種類

換気扇のファンってどこのこと?と思われる方もいるかもしれませんが、換気扇のファンっていうのは、煙などを換気する送風機のことをいいます。換気扇のファンにもいくつかの種類がありますので紹介してみます。

 

プロペラファン

プロペラファンというくらいですから、当然形は、プロペラの形をしています。外壁に取り付けるファンのことで価格も安く、掃除する部分も少ないので、アパートなどでよく見かける商品になります。したがって、デザインなどを考える方むきの商品とはいえません。他のファンと比べると音も大きく、使用しないときなどは、外の音が聞こえてきたりしますので、音を気にされる方は、避けた方がよいファンかもしれませんね。天候などにもさようされ、風が強いと動かないこともあります。

 

シロッコファン

形については、円形の枠内に羽根がたくさん付いていて、別名では多翼ファンなどとも言われています。プロペラファンは、壁付けの為、キッチンのコンロ付近に取り付けないといけませんが、シロッコファンは、ダクトを通して排気を行うファンになりますので好きなところに自由に取り付けができます。音も小さくプロペラファンと比べると電気料金も安いので、最近では、ほとんどのファンがこのタイプになってきています。ただし、プロペラファンと比べると換気する量が少なく、羽根が多いということからも油汚れが付きやすいので掃除の手間がかなりあります。価格も他の物と比べると少し高めになっています。

 

ターボファン

形については、円形なので見た目は、シロッコファンに似ています。しかし、羽根の形がシロッコファンと違って後ろ向きについていて、羽根の枚数が少なくなっています。シロッコファンと同じようにダクトに取り付けるタイプになっていて、自由に取り付け場所は選べますが、音がシロッコファンに比べると少し大きめです。他のファンと比べると一番換気を行うことができます。

ファンの種類について紹介しましたが、安いものをお探しであれば、プロペラファンがいいだろうし、デザインなどを重視されるのであれば、シロッコファンやターボファンを選ばれることでしょう。ご家庭にあったファンを検討されてみてはどうでしょうか?

 

換気扇フードの種類

換気扇フードには、「ブーツ型」「スリム型」「浅型」「ファルコン型」などの4種類があります。キッチンの雰囲気に合わせた換気扇リフォームを考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

ブーツ型

形がブーツのようになっている商品で、最近では一番見かける換気扇フードになります。プロペラファンとフードを組み合わせた分離型タイプを設置するときには、こちらのブーツ型が使用されます。

 

スリム型

スリムな形をしていますのでデザイン性があり、凹凸が少ないので掃除が楽にできる換気扇フードとなっています。おしゃれな見た目をしているので、インテリアの一部として選ばれることが多いタイプです。

 

浅型

他の換気扇フードと比べてコンパクトになっていて、ブーツ型やスリム型の取り付けができない天井の低いとこにでも取り付けることができます。しかし、起動したときの音が大きく、掃除がしづらい換気扇となっています。

 

ファルコン型

IHクッキングヒーターとの相性が大変良く、カーブを描いた形状が特徴的な換気扇フードです。取り付ける位置が低いので手が届きやすく、背の低い方でも楽に掃除をすることができるでしょう。

 

キッチンの形状による換気扇の選び方

換気扇

http://refopedia.jp/?s=%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%B3

 

ここでは、換気扇の選び方についてご紹介していきます。換気扇のタイプ・サイズ・最新機種などをまとめてみたので、換気扇リフォームを考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

換気扇のタイプで選ぶ

換気扇のタイプには、「壁面に設置する」「横壁に設置する」「天井に設置する」などの3栂のタイプがあります。まず、壁面に設置するタイプは一般家庭のキッチンによく設置されていて、お手入れが楽にできるのが特徴です。横壁に設置するタイプは自立した換気扇が特徴的で、天井に設置するタイプは排気効率が高い換気扇となっています。

キッチンのデザインはそれぞれのお家で異なるので、あなたのキッチンにぴったりの換気扇を選ぶことが大切です。参考としては、オープンキッチンなら壁面に設置するタイプ、オープンキッチンなら横壁に設置するタイプ、カウンターキッチンなら天井に設置するタイプがおすすめでしょう。

 

換気扇のサイズで選ぶ

換気扇にはさまざまな種類があり、国内で販売されている換気扇のサイズには、60、75、90㎝の3種類があります。今設置されている換気扇のサイズを図ってみると、3種類あるサイズのどれか1つ合うはずです。

また、換気扇の幅と設置の高さは、消防法で決められています。当然ですが、今お使いの換気扇は消防法を守られた形になっているはずなので、リフォームする場合は同じサイズの換気扇を選べば問題ないでしょう。

「どうせならキッチン全体をリフォームしよう」と考えるのであれば、リフォーム後のキッチンに合ったサイズの換気扇を選ぶと良いでしょう。高性能な最新機種の換気扇もあるので、気になる方は業者の方に相談してみてはいかがでしょうか?

 

最新機種の性能

 赤外線でガスコンロと連動する
 お手入れが楽なノンフィルター
 強制同時給排気タイプ
 IHクッキングヒーター対応
 省エネ機能
 リモコン機能
 セルフクリーニング(自動洗浄)機能

 

最新機種の換気扇にはこのような種類があります。利便性の高い最新型なので、今まで使っていた換気扇にない機能ありませんか?赤外線でガスコンロと連動するタイプは、よく消し忘れてしまうという方におすすめの機能です。また、フィルターの掃除が面倒だと言う方であれば、ノンフィルター機能が便利でしょう。

しかし、さまざまな機能が付いている換気扇であれば、当然ですが価格も高くなってしまいます。最新機種を取り入れた換気扇リフォームを考えている方は、価格を含めたリフォーム費用の見積りを出してもらうと予算の計画が立てやすいでしょう。

 

目的に合わせて換気扇リフォームしてみよう

換気扇

http://refopedia.jp/?s=%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%B3

 

換気扇の種類・選び方・最新機種など、換気扇リフォームについてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?換気扇のリフォームをするときには、ファンの種類・フードの形状・キッチンの形や取り付け場所など、設置する換気扇を選ぶポイントはたくさんあります。機能面やデザイン性など、あなたの目的に合った換気扇を選んで、満足できる換気扇リフォームをやってみてください。