• キッチン

リフォームの大きな悩み!業者はどうやって選ぶべき?

マイホームの購入は人生で一番高い買い物、とよく言われますよね。なにせ数百万円、数千万円もする買い物です。あなたもきっと悩みに悩んだことでしょう。家を買うときほどではありませんが、大規模なリフォームをする場合もそれなりの費用が必要です。誰だって失敗して後悔したくはありません。これからの生活を左右する買い物にもなるわけですから、いくら慎重になってもしすぎることはないといえるでしょう。
費用や工事内容など、考えることは山積みで悩みは尽きないでしょうが、その中でもリフォーム業者をどう選ぶかというのも大きな悩みの1つ。たまたま近くにあるから、という理由だけで近くのリフォーム業者に依頼するのは怖いですよね。そこで今回はリフォーム業者を選ぶときはどのような点を重視・確認すれば良いのかをご紹介します。

 

リフォームを依頼するのはどこ?

業者の選び方を説明する前に、簡単にリフォームを請け負う業者についてご説明します。「リフォームといえばリフォーム業者しかないのでは?」という疑問もあるでしょう。しかし実際はそうではありません。リフォームを請け負う業者の中にはリフォーム以外の事業をメインとしている業者もいるのです。それでは具体的にどのような業者がいるのか見ていきましょう。

 

リフォーム会社

おそらくリフォーム業者と聞いて最初に思い浮かぶのがリフォーム会社でしょう。その名の通り、リフォーム事業を専門にしている会社です。
リフォーム会社の魅力はやはりリフォーム工事の実績が多いこと。そのため当然ながら対応してくれるリフォームの種類も豊富であることが多いです。それと小規模~中規模程度の会社が多いというのもリフォーム会社の特徴。全国的に展開している会社は少なく、ほとんどが地域密着型の企業となっています。

 

住宅メーカー

新築住宅の販売をメインで行っているのが住宅メーカー。住宅メーカーも家を扱う業者ですから、ニーズに合わせてリフォームの依頼に対応できる体制を整えています。ただし、実際にリフォームを行うのはその会社ではなく、同じグループ内の会社に任せることがほとんど。同じグループ同士というつながりがあるおかげで、リフォームを円滑に進めることができるのです。

 

ホームセンター

ホームセンターが請け負うリフォームは主に販売している商品の取り付けがメインとなっています。費用は他の業者に比べて抑えめとなって入るのですが、対応できる工事が少なかったり、融通が効きにくくなったりというデメリットも多少があります。

 

設計事務所

文字通り設計事務所のメイン事業は家の設計。実際の工事は基本的に他社へ任せることになります。とはいえ工事を管理するのも設計事務所の仕事です。図面通りに工事が進められているか確認する責任があるため、単に設計して丸投げというわけではありません。

特徴はやはり設計のプロであるということ。デザイン性の高いリフォームを行いたいと考えているなら候補の1つとして考えても良いでしょう。

 

リフォーム業者を選ぶ!……前に

もう1つだけ覚えておいていただきたいことがあります。それは「リフォーム業者の場合、企業の規模はあまり参考にならない」ということ。頻繁に名前を聞く企業であれば、聞いたことのないような企業よりも安心だと感じるかもしれません。しかし実際に工事を行うときは下請け業者が絡んでいることも多いのです。そのため大きい企業だからといって一概に信頼できるとは限りません。
業者がお客さんに対してどこの下請けに任せているかなんて話は基本的にしません。そもそも聞いたところで信頼できるかどうかなんて判断出来ませんよね。それでは一体どのような基準を持ってリフォーム業者を選べばよいのか? 以下にご説明していきます。

 

リフォーム業者の選び方

リフォ―ム会社

http://refopedia.jp/sell-%E2%80%8B%E2%80%8Ba-house-2

 

リフォームの実績はあるか?

単純にリフォームをした件数も1つの指標になりますが、それ以上に重要なのが「あなたの希望するリフォームの実績があるか?」ということ。例えば同じリフォームでも、床や壁の張替えとお風呂の浴槽を交換するリフォームでは内容がまったく違います。
リフォーム業者に「このリフォームができるか?」と聞けば当然できると答えるでしょう。しかし本当にそれがあなたのメリットになるかは別の話。悪質な業者であれば工事が可能かどうか確認する前にできると言うこともあるかもしれません。そんな言葉に惑わされないためにも、実績があるかを確認するのが大事なのです。
実績が豊富な業者であれば施工などのノウハウが蓄積されています。そのため顧客の要望へ柔軟に応えることができ、より良いリフォームになるようさまざまな提案をすることも可能になるのです。

 

こちらのメリットを考えてくれるか?

リフォーム業者の候補がある程度絞れてくると、直接担当者と話すことも出てくるでしょう。ここでチェックしたいポイントは、担当者が顧客のメリットを考えた提案をしてくれるか? という点です。
担当者も仕事で相談に乗っているわけですから利益を追求したいのは当然です。しかし不要に高い工事を勧めるような相手ならこちらが損をするだけ。あくまでウィンウィンの関係になれるよう、こちらにもメリットのある提案をしてくれる業者が良いリフォーム業者といえるでしょう。それでは具体的にどのような点をチェックすれば良いのかご説明します。

 

費用を抑えるプランも提案してくれるか?

リフォ―ム会社

http://refopedia.jp/sell-%E2%80%8B%E2%80%8Ba-house-2

 

同じようなリフォームでも使用する建材によって費用が大きく変わるのはよくあること。自分たちの利益しか考えていない業者であれば単純に利益の大きくなる工事しか提案しないかもしれません。高い工事も勧めた上で、もう少し費用を抑えた工事をしたいなら別の方法もある、といったように複数の選択肢を提案してくれるのが良い業者です。

 

デメリットも説明してくれるか?

自分たちの意見を通すためにメリットしか説明しない業者もいるでしょう。メリットばかり聞いていればなんとなくそれで良いかと感じてしまうものですが、何事も良い部分があれば悪い部分もあります。メリットもデメリットもすべて包み隠さず説明してくれる業者を選びましょう。

 

質問にしっかり答えてくれるか?

一般の方にとって、リフォームについて分からないことだらけなのは当然です。もちろんさまざまな質問をすることになると思いますが、そのときに嫌な顔をするような担当者は論外です。また難しい専門用語で説明するような場合も止めておいた方が良いでしょう。信頼できないというのもそうですが、あとで言った・言ってないといったトラブルにもなりやすくなります。

 

アフターサービスはあるか?

とりあえずリフォームが成功したように見えても、もしかすると後々なんらかの異常が現れることもあるかもしれません。そんなとき、もちろん施工したリフォーム業者にどうなっているか説明を求めるかと思いますが、連絡をしてもなかなか返事がない、対応してくれる様子がないといったこともあります。だからこそ、万が一のときどういったアフターサービスをしてくれるのか? そもそもアフターサービスが存在するのかという点もチェックしておきたいところです。

最後はフィーリングで

最終的に2つ、3つの業者で悩むことがあるかもしれません。どうしても決めきれない場合は担当者の印象で決めてしまうのもアリ。「そんなことで決めていいの?」と思うかもしれませんが、担当者と気持ちよく会話ができるかは重要な要素です。気楽に打ち解けられれば質問もしやすくなりますし、リフォームをしたあとも気軽に連絡しやすいはずです。
以上の点を参考に、自分たちにピッタリなリフォーム業者を探しましょう。