• 二世帯リフォーム
更新日:2021/03/08

【二世帯住宅徹底解剖!】ライフスタイルに合わせた二世帯住宅とは?

二世帯リフォーム
二世帯リフォーム

高齢化が進み、共働きが増える現代、二世帯リフォームの需要が増加しています。今回は、二世帯リフォームにはどんなメリットがあるのか、どんな種類があるのか、気になる二世帯リフォームを成功させるための秘訣をご紹介いたします。親世帯・子世帯共に心地よく暮らすためにぜひ参考にしてみてください。

二世帯リフォームのきっかけとは?

一般的に二世帯リフォームをする場合、きっかけとなるものがあります。二世帯リフォームを多く手掛けてきたリフォーム専門店ONOYAで実際にあった二世帯リフォームのきっかけの上位3つをご紹介します 。

二世帯リフォームの多いきっかけランキング

第3位:相続税対策のための二世帯リフォーム

第2位:高齢になった親の介護を見据えての二世帯リフォーム

第1位:子供が生まれたので、親のサポートを受けるための二世帯リフォー

など様々なきっかけがあります。

子世帯の勤務地が実家から近いから、子供の学区がいいなど様々ですが、比較的に二世帯リフォームを考えている実家の土地が広く、そこに住みたい条件があることが多いようです。

例えば仙台市や福島の中心部でいえば、土地の価格が高騰しているのでなかなか新築を建てる土地が見つからないことがありますが、基本的に二世帯リフォームであれば土地の費用が掛かりませんので安く済ませることができます。

二世帯リフォームのメリット

二世帯リフォーム

それでは、リフォームで二世帯住宅にするメリットとはいったいどんなものがあるのでしょうか?ひとつずつ見ていきましょう。

二世帯リフォームのメリット01:リフオーム費用の節約

二世帯リフォームと一言で言っても、実際は親世帯・子世帯のご家族ごとで生活スタイルはさまざまです。互いに共有するものがどれくらいあるかでリフォームにかかる費用は大きく変わるため、共有できるものは共有していく事でリフォーム費用の節約に繋げることができます。例えば多いケースだと1階を親世帯、2階を子世帯に分ける場合、玄関・廊下は共有、風呂場も1階で共有で使い、2階には簡単なシャワールームを設ける。食事は、夜は親世帯子世帯一緒でも朝は時間帯の違いからそれぞれでとるため、1階をメインキッチン、2階にはミニキッチンのみにする、など。

必ずしも親世帯・子世帯ともフル装備でいく必要は無く共有できるところは共有し、コストを抑えるのが二世帯リフォームの良いところです。

二世帯リフォームのメリット02:ランニングコストを抑えられる

二世帯リフォームにおいて、生活費を抑えられるメリットもあります。先に述べた通り、親世帯の持っている土地は交通の便や子育て環境に良い立地であるケースが多く、好立地の土地購入には本来大きな費用が掛かりますが、すでにある土地を活用できれば大きくコストを抑えられます。さらに、固定資産税も1か所分になるのでそれだけでもランニングコストはぐっと抑えることができます。しかし、二世帯リフォームをしたらそれ以降お金が掛からない訳ではありません。当然先々に屋根外壁塗装などメンテナンス費用が必要になります。しかしメンテナンス費用も、親世帯・子世帯と分担して行うなど費用を抑える事ができます。また毎月の生活費は、単純に半分とまではいきませんが、光熱費が半分になりますし、生活費も親の資金援助があったりと抑えることが出来ます。

二世帯リフォームのメリット03:日常生活で協力ができる

日常生活においても親世帯・子世帯共にメリットがあります。最近は子供がいながらも共働きの家庭が多いですから、子世帯が共働きの場合には子供が幼稚園や学校から帰ってきた後に親に面倒を見てもらったり、子供が体調を崩してしまった時に看病してもらったりする事が出来ます。また、親が高齢になってきた時にそばで生活面のサポートをする事ができます。高齢になって身体的に不自由になってきた時に離れて暮らしていれば心配事も増えますが、そばでサポートできる環境にあれば万が一何かあった時にも安心です。

二世帯リフォームの3つの形

二世帯リフォームの成功のポイントは、ズバリ!親世帯・子世帯それぞれがプライバシーをどれだけ守るかが鍵になってきます。
この「プライバシー」を観点に、二世帯リフォームの形を見ていきましょう。

二世帯リフォーム3つの形

二世帯リフォームの形01:離れ型

建物を完全に分け、二世帯が独立して暮らす二世帯住宅です。
親世帯・子世帯がそれぞれ自立した生活スタイルの家族に適しています。建物が完全に別になっているので、光熱費・食費・生活費が別会計になりますし、キッチンやお風呂などの水回り機器も2個ずつ必要ですのでリフォーム費用もかさみます。必要な部屋も共有部分がない分大きな土地面積が必要で、完全分離の二世帯リフォームをすることはほとんどありません。 しかし、メリットはお隣さん感覚で付き合うことができ、干渉が少なくプライバシーも守れるため二世帯住宅に不安がある方にはおススメです。

二世帯リフォームの形02:分割共有型

同一建物内で生活空間を分け、二世帯が独立して暮らす二世帯住宅です。
敷地面積の制限などで、建物二つが難しい場合やそれぞれ自立した生活を過ごしたい家族に適しています。完全分離同居型とは違い、基本的には一つの建物の中で二世帯を構成するため、玄関・水廻りは各世帯に設けるようになります。生活空間は分かれていますが、同じ建物内に住んでいるという安心感も得られます。場合によっては玄関とキッチンだけを共有するなどの二世帯リフォームの選択肢の幅が大きく人気があります。
親世帯・子世帯で生活リズムが異なるご家族におススメです。

しかし、分離型とは異なり、親世帯・子世帯のプライバシー部分を見ようと思えば見えてしまう距離感なので、お互いに立ち入る限度等のルールを事前に決めておくとよいでしょう。

二世帯リフォームの形03:完全共有型

玄関や浴室などを共用する二世帯住宅です。
3つの中では一番事例が多く、皆さんもイメージしている二世帯リフォームとはこちらではないでしょうか?既存の家の広さ・構造・予算などの問題がある場合や、両世帯での家族人数が少ない家族に適しています。玄関や水廻りが一つなので、両世帯間の距離が近く、介護や孫の面倒などを気軽に頼める環境にありますので今のライフスタイルにはぴったりのプランです。こちらも分割共有型同様に、事前にルールを決めておく必要があります。

二世帯リフォーム成功のための3つのポイント

せっかく二世帯で暮らすのだから、親世帯・子世帯共にストレスなく円満に生活していきたいものです。それでは、次に、二世帯リフォームを成功するために特に気を付けなければいけないポイントを解説していきます。

二世帯リフォーム成功ポイント01:一緒に住むのが息子夫婦か娘夫婦か?

同居をするのは、息子夫婦なのか娘夫婦なのかで、二世帯住宅は変わってきます。息子夫婦との同居は嫁と姑の関係、娘夫婦との同居は夫の気苦労など、少なからず問題は出てきます。例えば、嫁姑の関係を円満にするためにも、女性の城であるキッチンはあえて別々にしておけば、お互いいがみ合うことも回避できます。 ナイーブなところですが、事前に本音で話し合いを進め、お互いが納得する間取りをプランニングしましょう。

二世帯リフォーム成功ポイント02:世帯間のライフスタイルの違い

二世帯リフォームをする世帯間の年齢差はおおよそ30歳程度の場合が多いようです。 この場合問題になるのは生活習慣の違いによる生活時間帯とその音の問題が代表的です。親世帯と子世帯では起床から食事や趣味・入浴・就寝にいたるまでの時間帯が大きく異なるため、共有スペース(リビング・キッチン・洗面・浴室など)を使用する際に生活音の問題がでてきます。ライフスタイルの違いも踏まえつつ、独立する部分と共有する部分を決め、間取りでどうしても世帯間が上下左右で接する場合は、音問題が軽減されるよう間取りをズラすなどの配慮が必要になってきます。

二世帯リフォーム成功ポイント03:収納

二世帯リフォームを考える上で、収納??と思うかもしれませんが、意外と重要なポイントです。

例えば、玄関を1つにし共有で使う場合、玄関内の収納を親世帯用・子世帯用別々にして、そこから動線を分けて世帯間の距離をとることもできますし、玄関を親世帯と子世帯で分け2つつけた場合は玄関内に共有の収納をつくってあげることで、お互いの世帯を繋ぐ場としても使えるようになります。

また浴室を共有スペースとした場合の洗面室では、親世帯用・子世帯用別々に洗面台や収納をつくることで、各世帯が使うモノやしまうモノをしっかり分けることも出来たりします。 このように、収納をどう作成して使用するかによって二世帯の暮らし方が変わるのです。

二世帯リフォームと建て替え比較

二世帯住宅を考えた時、二世帯リフォームをするのか建て替えをするのかで多くの方が悩まれています。

建て替えをする場合、建築基準法によって家が小さくなってしまったり、仙台や福島でも擁壁の上に立っている建物は、擁壁からやり替えが必要であったりと建物以外にお金がかかる場合があります。さらに様々な規制によって希望の間取りにならないことが多々あります。

また、祖父母や親の建てた家を壊してしまうのは、気持ちが乗らなかったり、親の反対があったりで、建て替えより二世帯リフォームの選択をする人は、皆様の感じている以上にとても増えています。

二世リフォーム成功の道

リフォーム専門業者

二世帯住宅の成功の秘訣は、家族間での方向性を合わせること。この時、家族間だけで話し合いを持ってしまうと、家族ゆえに口論になってしまい、二世帯リフォームの話が消滅してしまうケースも多くあります。そんな時こそ、リフォーム専門業者を第三者に立て、お互いの本音を第三者に話し、うまく取りまとめてもらうと話がこじれずスムーズに進めることができます。変に気遣って、住んでから後悔しないように、しっかり本音を話し合い、素敵な二世帯リフォームライフを満喫してください!


二世帯リフォームに関するよくある質問

二世帯リフォームのきっかけはどんなものが多いですか?
特に多いのは、子供が生まれたので、親のサポートを受けるための二世帯リフォームです。
二世帯リフォームのメリットとは?
リフォーム費用、生活費、住まいのランニングコストの軽減や日常生活を協力できるという点です。
二世帯リフォームにはどんな形があるの?
離れ型・分割共有型・完全共有型の3つがあります。どの部分を親世帯子世帯で共有するかで変わってきます。