• その他

リフォームをする方必見!便利な「荷物預かりサービス」の活用法

大掛かりのリフォームをする場合、自宅の中にある荷物を移動させなければいけないことがあります。そこで悩むのが、移動させる荷物の保管場所ではないでしょうか?そこでおすすめしたいのが、荷物預かりサービスです。

そこで、今回は荷物預かりサービスの具体的な内容や利用料金、サービスを利用するときの注意点などをご紹介していきます。これからリフォームをされる方、またはリフォームを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

サービス内容と利用する業者の選び方

大掛かりなリフォームをする場合、自宅内の荷物をそのまま置いておくことができません。しかし、「荷物預けサービス」を利用すれば、あなたの変わりに業者が荷物を管理してくれます。

ですが、このサービスの利用が初めての方は、「どんなサービスなんだろう?」と疑問を感じる方は多いでしょう。ここでは、サービスの内容について一つひとつご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

必要な期間だけ荷物を預かってくれる

大掛かりなリフォームで荷物を持ち出す必要がある場合、仮住居へ持っていく必要のない荷持を、持ち主の変わりに業者が管理してくれるサービスを受けられます。このサービスは引越し業者、またはトランクルームやコンテナのレンタル業者から利用することができます。

指定した期間中を自分の代わりに預かってくれて、リフォーム完了後に自宅まで荷物を届けてくれます。利用料金は物量や利用期間によって異なりますが、たくさんの荷持を預けられるので、大掛かりなリフォームをされる方にとってはとても便利さサービスです。

サービス内容は業者によって違いがある

基本的などこの業者も同じサービスを提供していますが、細かいサービス内容は利用する業者によって異なります。サービスの利用期間が決まっている、荷物の移動させる運搬作業に別料金が発生する、一つひとつの品をキレイに梱包して管理してくれるなど、それぞれの業者で提供しているサービスに違いがあります。

お得で便利に活用したい方は、運搬作業費用が発生しない業者を選ぶ、不要な荷物は事前に処分しておくなど、工夫をすることが大切です。また、さまざまな業者を比較して、自分の目的に合ったサービスを提供してくれる業者を選ぶようにしてみましょう。

荷物預かりサービスのメリット・デメリット

どんなサービスにもメリットやデメリットがあるため、それぞれを知らずに利用すると、後々トラブルを招いてしまうことになりかねません。では、荷物預かりサービスのメリットやデメリットには、一体どのようなものがあるのでしょうか?

それぞれをしっかりと把握しておけば、トラブルを招くことなく安心してサービスを受けられるでしょう。ここでは、サービスを利用するメリットはもちろん、デメリットについてもご紹介していきます。

サービスを使う3つのメリット

サービスを利用するメリットでは、以下のようなことがわかっています。

 業者が引取に来てくれるため自分で預けに行く手間がかからない
 専用の保管場所で丁寧に保管、または梱包して管理してくれる
 預ける荷物の量や利用期間によっては低料金で利用できる

自分から荷物を預けに行く必要がなく、業者が自宅まで荷物を引き取りに来てくれますし、リフォーム完了後は自宅まで荷物を届けてくれます。大切な荷物を丁寧に管理してくれますし、業者によっては荷物を1つひとつ梱包して保管してくれるところもあります。

また、預ける荷物が少なく、サービスの利用期間が短ければ、低料金でお得に利用することもできます。これらの嬉しいメリットがあるため、リフォームで荷物の移動が必要な場合は、こちらのサービスを利用される方が多いようです。

便利なサービスでも2つのデメリットがある

サービスを利用するデメリットでは、以下のようなことがわかっています。

 一度預けた荷持は期間満了まで取りさせない
 荷物を預ける期間によって保管方法が変わる

とても便利なサービスなのですが、一度預けた荷物はリフォーム完了後のお届け日まで取り出すことができない場合があります。そのため、仮住居で必要なもの・不要なものを事前に分けておくことが大切です。

しかし、認定マークを取得している業者の場合は、いつでも荷物の出し入れが可能となっています。預ける荷物が多い、仮住居で必要になるかわからないという場合は、認定マークを取得した業者を利用すると良いでしょう。

また、サービスの利用期間によって荷物を保管する方法が異なるので、大切な荷持やデリケートな品物は自分の手元で管理することをおすすめします。手元に戻ってきたときに異常があれば、トラブルの原因にもなりかねないので、大切なものは預けないようにしましょう。

知っておきたいサービスの料金相場

ここまでのご紹介で、どんなサービスを受けられるのか、どんなメリットがあるのかなどがおわかり頂けたと思います。しかし、こちらのサービスを利用するにあたって、サービス内容の次に知りたいのは、サービスの利用料金ではないでしょうか?ここでは、知っておきたいサービスの料金相場についてご紹介していきます。

サービスの利用料金は荷物量や業者によって異なる

サービスの利用料金は、物量だけではなく預ける期間や業者によっても異なります。そのため、具体的な料金相場はわかりませんが、利用期間だけであれば、5ヶ月間の利用で約7,000~1万円が相場となっています。

ちなみに、預ける荷物の量に関しては、物量ではなく荷物の保管スペースで料金を決めている業者もあります。保管する範囲を2畳分使用した場合、スペースに十分な空きがあったとしても、発生する料金は2畳分となります。そのため、利用する業者の料金設定によっては、お得に利用できないことがあるので、事前に確認しておくことをおすすめします。

また、業者によってサービスを利用する際の条件が異なりますので、明確な料金が知りたい方は、業者に見積もりを出してもらいましょう。見積もりを出してもらえば預ける荷物の調整もできますし、利用料金を抑えることもできるでしょう。

時期によっては料金が安くなることも

荷物預かりサービスの利用料金は、時期によって料金が安くなることがあります。繁忙期はサービスの利用者が多いため、当然ですが利用料金は通常、または少し高い料金での利用となります。

しかし、業者が暇になる時期はサービスの利用料金が安くなるため、お得に利用することができます。特に、引越し業者の繁忙期はとてもわかりやすいので、引っ越しをされる方の多い3~4月でなければ、低料金で利用できる可能性が高くなるでしょう。

もしもリフォームが急ぎでなければ、業者が暇になる時期を狙ってサービスを利用するのも、お得にお利用する1つの方法です。お得に利用できる方法はいくつもあるので、利用できる方法はできるだけ試して利用料金を最小限に抑えてみましょう。

荷物預かりサービスを利用するときの注意点

これまでにご紹介してきた荷物預かりサービスですが、業者に依頼する場合には預ける荷物に注意する必要があります。事前に知っておかなければ後々困ってしてしまうことになりかねないので、サービスを利用するときには注意が必要です。

上記でもご紹介させて頂きましたが、利用する業者によっては途中で必要な物を取り出すことができない場合があります。そのため、預ける荷物は事前をしっかりと決めておかなければ、仮住居での生活で困ることがある場合もあるため注意しましょう。

また、預ける荷物は必要・不要で選ぶだけでなく、預けても良い荷持なのかを考えることが大切です。例えば、高価な絵画や骨董品、自分が大切にしている品物など、これらは仮住居にて自分で保管することをおすすめします。

というのも、業者は荷物を預かって保管しておくだけであって、お手入れまでは行なってくれません。このような荷持を預けるとトラブルの原因になるため、自分の手元でしっかり砥管理しておきましょう。

リフォームをするなら荷物預かりサービスを活用しよう!

大掛かりな住宅のリフォームをするときには、自宅内の荷物を別の場所へと移動する必要があります。そんなときに便利なのが「荷物預かりサービス」です。預ける物量や業者によって利用料金が変わりますが、自宅まで引き取りに来てくれるだけでなく、預けた荷物を自宅まで持ってきてくれるので、とても便利なサービスとなっています。

しかし、預けた荷物は配達日まで出し入れができないという場合もあるため、何を預けるかは事前にしっかりと決めておきましょう。そうすることで、リフォーム中の仮住居での生活に支障をきたす心配がなくなるでしょう。