• その他

おしゃれな家にしたい!リフォームのポイントと事例をご紹介!

「おしゃれな家にリフォームしたいな!」と思っても、いざ具体的なプランを考えると正解がわからず、悩んでしまいますよね。

リフォームは家の修繕だけではなく、デザインや技術でおしゃれにすることもできます。おしゃれにリフォームするなら、テーマの統一性などポイントを押さえることが大事ですよ。

室内をおしゃれにリフォームして、人を呼びたくなるような家にするコツと事例をご紹介します。

1.おしゃれなリフォームは内装から!

1-1.内装は住んでいる人の個性が光る場所

おしゃれな家にリフォームしたいなら、内装にとことんこだわりたいですね。

内装とは、クロスをはじめ照明や家具、天井や床など家の中のデザイン全体の事をいいます。リフォームというと老朽化した家の設備などを直す意味もありますが、せっかくリフォームするならおしゃれな仕上がりにしたいもの。

おしゃれな家にリフォームすれば、個性やこだわりが詰まったお気に入りの空間になりますよ!

1-2.内装だけでもおしゃれな家にリフォームできる!

おしゃれにリフォームしたくても、家の外観まで変えられないこともあります。戸建てでも外壁を含めた家全体をリフォームするのは高額ですし、マンションなら外壁をリフォームすることは難しいでしょう。

おしゃれな家は、内装をリフォームだけでも十分実現できますよ!

おしゃれな内装にリフォームすれば、家に入った瞬間に「素敵!」と褒められるような家づくりができるでしょう。

2.おしゃれな家って言われたい!おすすめのリフォームポイント

2-1.テーマを決めて統一感のある家がおしゃれ

リフォームや家づくりを一度でも経験したらわかると思うけど、壁紙や床材、建具などは種類がかなり豊富で、どう選んだらいいか迷ってしまうほどあります。

部材を選ぶ前にかならず決めておきたいのが、家の「テーマ」です。リフォームの前にテーマを決めると、色やデザインをスムーズに決められます。リフォームのテーマは、お気に入りの色やテイスト、インターネットで見かけたリフォーム事例などからピックアップして、家族で話し合って決めるといいでしょう。

リフォームで最近人気のテーマは、北欧風やカフェテイスト、ホテルライクなどがあります。また、築年数の古い和風の家なら、元の家を活かした和モダンのテイストもおしゃれですよ。

インターネットなどでリフォーム事例を見て、「おしゃれだな!」と思った画像を集めておくのもおすすめです。イメージがどんどん具体的になって、リフォームのデザインや色を決めやすくなります。

リフォームのテーマが決まったら、リフォーム業者にしっかり伝えましょう。気に入ったリフォーム事例の画像があれば、リフォーム業者にも見せてデザインを共有します。デザイン力のあるリフォーム業者なら、テーマに合ったおしゃれなプランを提案してくれるでしょう。

2-2. 壁紙は思いきり個性を出せる

「おしゃれな家にリフォームしたいけれど、予算があまりない…」という時は、壁紙(クロス)にこだわるのがおすすめです。クロスは色も材質も豊富ですが、6畳あたり5万円以下と安くリフォームできますし、室内が一気におしゃれになります。

トイレや洗面所、寝室といった独立した場所だけ派手な色の壁紙にするのもおしゃれですよ。また、リビングのテレビボードの後ろや玄関の一部分だけ派手な壁紙を使う、「アクセントウォール」という方法もおすすめです。手軽に室内をおしゃれにできるので、人気のリフォーム方法の1つです。

デザイン性が高く高価な壁紙でも、壁1面分だけならそれほど費用も上がりません。一気にお部屋の雰囲気がおしゃれにランクアップするでしょう。

2-3.おしゃれな家はインテリアと調和している

おしゃれなリフォームは統一性が欠かせませんが、インテリアとの調和も大切です。おしゃれな雰囲気にリフォームするほど、古く汚れた家具が悪目立ちすることもあります。

テレビやモデルルームで見るようなおしゃれな家は、インテリアにもこだわっています。リフォームして室内をおしゃれにしたいなら、インテリアの費用も見積もっておきたいですね。

「どんな家具を置いたらいいかわからない」という時は、インテリアの相談までトータルにサポートしてくれるリフォーム業者に依頼すると失敗しません。部屋全体の調和がとれるような、おしゃれなインテリアをプロに選んでもらいましょう。

2-4.照明のリフォームもおすすめ

照明といえば、自分で天井に取り付けるシーリングライトが一般的です。シーリングライトアはリモコンで操作できて便利ですが、デザインによっては野暮ったいものもあります。

おしゃれな照明といえば、最近は天井に穴を開けて照明を埋め込む「ダウンライト」へのリフォームが人気です。天井がすっきりするので、スタイリッシュでおしゃれな雰囲気になります。

キッチンなら、天井からコードで吊り下げる「ペンダントライト」がおすすめです。ペンダントライトはおしゃれなデザインが多く、モデルルームでもよく使われています。

ただ、ダイニングテーブルの真上にコードの長いペンダントライトを付けると、ホットプレート調理をするときに油が付いたり邪魔になったりしますので注意が必要。ペンランとライトのコードを短くするなどして、工夫してみましょう。

3.事例3選!リフォームで家はこんなにおしゃれになる

3-1.事例①和室を和モダンのおしゃれ空間へリフォーム

和室に窓がある場合は、こんな風に丸窓にリフォームするとぐっとおしゃれになります。事例の家では外からの視線が気になっていたのですが、リフォームでおしゃれな窓をつけることで、外からの目線を遮りながら採光できるようになりました。

事例では玄関ホール全体をリフォームしており、総額は50万円です。丸窓は既製品ではあまり販売していないので、事例のように一から建具を作ってくれるリフォーム業者を探す必要があります。

詳しいリフォーム事例については、こちらをご参照ください。
リフォーム事例:CASE671「和風明り取り」
https://www.onoya.com/case/post-102059/

3-2.間接照明でホテルのようなおしゃれな玄関へリフォーム!

間接照明をふんだんに取り入れて、ホテルのようなおしゃれな玄関にリフォームした事例です。天井を照らすコープ照明と壁を照らすコーニス照明、さらにダウンライトと人気のある3種類の照明を取り入れており、洗練されたおしゃれなリフォームに成功しています。

玄関は家の中で一番多くの人が立ち入る場所なので、個性やこだわりを詰め込むのにおすすめの場所。間接照明の間の植物や天井のアクセントなど、細部にいたるまでおしゃれですよね。玄関ホール全体のリフォームで、総額は140万円となっています。

詳しいリフォーム事例については、こちらをご参照ください。
リフォーム事例:CASE 670「玄関ホール」
https://www.onoya.com/case/post-101120/

3-3.ドアのペイントリフォームだけでもおしゃれ度アップ!

「なるべく予算をかけず、家をおしゃれにリフォームしたい」という時は、ドアのペイントだけでもおしゃれに変わりますよ。写真の事例では、玄関から見える2つの扉の色をペイントで変えています。以前はよくある茶色の扉でしたが、パステルカラーのペイントによって、フレンチテイストのおしゃれな内装にリフォームされました。

扉の色は2枚とも変えており、リフォーム業者と全体的なバランスを見ながら考えて色を決めています。この事例の場合、扉2枚のペイントのみなので総額は7万円。あまりお金をかけなくても、こんなおしゃれなリフォームが可能ですよ!

詳しいリフォーム事例については、こちらをご参照ください。
リフォーム事例:CASE 621「扉をペイント」
https://www.onoya.com/case/post-93865/