• その他

マンションの間取りもリフォームできる!人気の間取りと実例をご紹介

マンションも、リフォームすれば希望の間取りに変更できます。ただ、戸建てと違ってマンションには規約や構造による制約がありますので、リフォーム前に希望の間取りにできるか確認が必要となります。

マンションをリフォームして、「間取りに合わせた生活」ではなく「家族の生活に合わせた間取り」を手に入れましょう!

1.マンションでも間取りからリフォームできる!

1-1.間取りを自由にリフォームするなら「ラーメン構造」のマンションがおすすめ

マンションの間取りをリフォームする場合、まずマンションの構造をチェックしてみましょう。マンションの構造には、ラーメン構造と壁式構造の2種類があります。

・ラーメン構造

マンションを梁や柱で支えているため室内に凹凸がありますが、壁で支えていないため間仕切りの壁の自由な移動が可能。つまり、マンションの室内の間取りリフォームの自由度が高くなります。

・壁式構造

マンションを「耐力壁」という壁で支えているため、室内に凹凸ができません。ただ、耐力壁は移動ができないので、マンション室内の間取りリフォームに制限がかかる場合があります。

すで壁式構造のマンションに入居している場合は、耐力壁を考慮して間取りのリフォームを検討する必要があります。これから中古マンションを購入してリフォームする場合は、ラーメン構造がおすすめです。

1-2.マンションはリフォームできない部分もある

マンションの場合、分譲であってもリフォームできない部分があります。マンションには専有部分と共有部分があり、共有部分は所有権がないのでリフォームできません。

・専有部分

床や天井・壁など家の内側の部分。所有権は契約者にあるので、壁を取り払う・設置するなどの間取りリフォームが可能です。

・共有部分

マンションエレベーター・マンションのエントランスは共有部分です。注意したいのは、自分の部屋のバルコニーやベランダ、庭、窓やサッシ・玄関ドアなども共有部分である点です。所有権がないため、自分たちの一存でリフォームができません。

つまりマンションで間取りからリフォームする場合、玄関の位置やドアのデザインを変えることは難しいでしょう。

1-3.リフォーム前にかならずマンションの管理規約を確認しよう

マンションには、区分所有法という法律に基づいて作られた管理規約があります。管理規約はマンションのルールブックのようなもので、専有部分と共有部分の区分けやリフォームできる範囲について書かれています。

マンションのリフォームに制限がかかるのは、マンションのバランスや強度を保つためなので、みだりに管理規約を破ってはいけません。

リフォーム後に「しまった!」とならないために、リフォーム前にはマンションの管理規約を読んで、間取りの変更がどこまでできるか確認しておきましょう。できればリフォーム業者も、一緒にマンションの管理規約を読んでもらうと安心ですね。

2.マンションで人気の間取りリフォームとは?

2-1.開放感のあるキッチンへリフォーム

マンションのキッチンは、築年数が古いと壁付けタイプや独立したキッチンが多い傾向にあります。キッチンは毎日食事を作るだけではなく、家族が集まりコミュニケーションを取る大切な場所ですから、明るく開放感のあるリフォームが人気です。

キッチンの間取りで人気なのは、リビングのほうを向きながら作業ができる対面キッチン。対面キッチンなら、リビングにいる家族や来客者と会話しながら楽しく料理できます。さらに子供が小さくて目が離せない時も、対面キッチンならリビングにいる子供の様子もすぐに確認できます。

対面キッチンにはアイランド型やカウンター型など種類がありますので、好みに合わせてデザインを選びましょう。

また、キッチンは保存食品や季節ごとの調理器具など物の量が多いので、キッチンの間取りを広く取って「パントリー」を取り付けるリフォームもおすすめです。

パントリーは保存食などを収納するキッチン用の収納スペースで、半畳ほどのスペースがあればリフォームして設置可能。物であふれがちなキッチンも、片付いた状態をキープできるでしょう。

2-2.使っていない和室なくして広々リビング

マンションのLDKに配置されている和室は、物置状態になっている家も多いのではないでしょうか。使っていない和室ならいっそ撤去して、その分リビングの間取りを大きく取るリフォーム方法がおすすめです。

たとえば4人家族のLDKなら、ダイニングテーブルや4人で座れるソファを置くとして、最低16畳程度の間取りにすると圧迫感がないでしょう。

和室をなくしてリビングの間取りを広げれば、家族みんなが集まって団らんできる素敵な空間になりますよ。

2-3.キッチンと洗面所をつなげてスムーズな家事動線へ

マンションで間取りからリフォームするなら、生活の動線にも配慮したいところ。

最近人気なのは、キッチンと洗面所つなげた間取りへのリフォームです。キッチンと洗面所をつなげれば料理しながらする洗濯ができるので、効率的に家事が行えます。

また、キッチンや洗面所といった水回りを1か所に集めると、配管が短くなるためリフォーム費用が安くなるケースもあります。

その時注意したいのは、キッチンや洗面所をつなげたときのデメリット。キッチンと洗面所をつなげると、キッチンやリビングのすぐそばに脱衣所が設置されます。

子供が年頃になったり来客が泊まったりする場合、キッチンのすぐ横の脱衣所で服を脱ぐ時、精神的に落ち着かないこともあります。リフォームの時に洗面所に鍵付きのドアを設置するなど、プライバシーが守れる間取りも意識するとよいでしょう。

3.マンションの間取りリフォームにかかる費用と実例

3-1.マンションの間取りリフォームの費用相場について

間取りのリフォームにかかる費用は、広さや範囲によっても大きく変わります。

マンションの間仕切りを取り払い、2つの部屋を1つにする程度なら50万円ほどでリフォームできます。キッチンの間取りを変えたりシステムキッチンに入れ替えたりするリフォームなら、それだけで100万円以上かかるケースもあります。

マンション室内のほとんどの間取りをリフォームするなら、500万円近い費用がかかるケースもあります。ある程度リフォームの希望が具体的になっているなら、一度リフォーム業者に実際に家を見てもらい、見積もりをもらうとよいでしょう。

3-2.優先順位をつけることで予算オーバーを防ぐ

リフォームは安ければ数万円でできますが、間取りを変えるとなると大掛かりなので、金額もそれなりに高くなります。

リフォームしたい箇所が多ければ、「リビングの間取りを大きくするリフォームは必ずしたい。2番目はトイレとお風呂の間取りの変更。3番目は洋室の間取り変更」などと、優先順位をつけておくと予算内に収めやすくなりますよ。

リフォーム会社によっては、LDKと水回りの変更などでパック料金を設定していることもあります。パック料金をうまく利用すれば、大幅に予算を抑えられます。

3-3.【実例】マンションの間取りリフォームで開放的なキッチンへ!

写真のマンションは中古住宅を購入し、LDKをリフォームした事例です。こちらのマンションはキッチンの閉鎖感や部屋のテイストのばらつきなどがあったので、開放感があり統一感のある間取りへのリフォームを希望されていました。

キッチンの上部にある壁を取り払い、全体はナチュラルテイストで統一されています。リフォーム前は収納量が少なかったのですが、壁面収納を取り付けて収納量もアップしました。

ナチュラルテイストに合う木目調のペンダントライトや間接照明、ダウンライトなども取り付け、総額400万円で中古マンションが理想の間取りへとリフォームされています。

詳しいリフォーム事例については、こちらをご参照ください。
リフォーム事例:CASE 674「やさしいLDK」
https://www.onoya.com/case/post-102150/