• その他

一軒家のリフォーム費用はいくら?買い替えとどっちがお得なの?

今まで住んでいた、または中古で安く購入した一軒家をリフォームされる方は多いのではないでしょうか?築年数が長くなれば住宅の強度も落ちてきますし、家族構成によってはお部屋の間取りを変えるなど、さまざまな理由でリフォームを検討されていることでしょう。

そんな一軒家のリフォームですが、建て替えや間取り変更を行なうリフォームと、新築に買い替えるのはどちらがお得なのかと考える方もいるのではないでしょうか?今回は、そんな一軒家のリフォーム費用はいくらなのか、買い替えとどちらがお得なのかについてご紹介していきます。

他にも、費用を安く抑える方法や一軒家をリフォームするメリット、リフォームをする際の注意点についてもご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください!

一軒家リフォームの費用相場はいくら?

「一軒家をまるごとリフォームしたい」「室内の一部を新しくしたい」一軒家に住んでいる方の中には、このようなリフォームを検討されている方は多いのではないでしょうか?長年住んでいる住宅の場合は修繕が必用となる箇所が多い、または部分的に新しくキレイにしたいなど、リフォームの目的はさまざまです。

しかし、ここで気になるのがそれぞれのリフォームにかかる費用ではないでしょうか?目的とするリフォームにいくら必用なのかがわかれば、予算の計画を立てやすくなるものです。それでは、一軒家のリフォームにかかる費用相場について、一つひとつ見ていきましょう!

一戸建てリフォームにかかる費用は内容によって異なる

一戸建てリフォームにかかる費用は、当然ですがリフォーム内容によって金額は異なります。室内を部分的に修繕するのと建物自体を修繕するのでは、リフォーム費用が大きく変わってくるもの。そのため、まずは住宅のどこをリフォームしたいのかを明確に決めることが大切になります。

他にも、内装と外装のリフォームをする場合でも、それぞれで費用相場が異なります。内装のみを修繕する場合、住宅の大きさや敷地面積によって異なりますが、約800~2,000万円が相場となっています。外装のみを修繕する場合は、約1,000~2,500万円が相場となっています。

このように、一言で一軒家リフォームといっても、修繕する場所や内容によって費用が異なります。正確な費用が知りたい場合は依頼する専門業者に見積もりを出してもらうことで、予算の計画を立てることができるでしょう。

室内の部分的なリフォームなら最低約200万円

原状回復を目的とした室内の部分的なリフォームを行う場合は、約200~500万円が費用相場となっています。主にキッチンや浴室などの水回り、壁紙や畳・フローリングといった床の張替えを行う場合が、部分的なリフォームを行なう目的とされています。

一軒家のリフォームであっても修繕するのは部分的なので、一軒家全体のリフォームに比べると安い費用で行なうことが可能です。劣化によって傷んだところだけをキレイにしたいという方は、室内の部分的なリフォームをおすすめですよ!

建物自体を作り直すリフォームなら最低約1,000万円

築年数が長く建物自体を作り直すリフォームをする場合は、最低でも1,000万円が費用相場といわれています。一軒家といっても2階建てや3階建ての住宅もあるため、リフォームをする範囲や敷地面積が広くなれば、当然ですが相場よりも高い費用が必用になります。

室内の部分的なリフォームとは費用に大きな差があるため、きちんとした計画を立ててから専門業者に依頼すると良いでしょう。または、リフォームを検討していることを伝え、どれくらいの費用でリフォームできるのかを、一度相談してみるのも良いかもしれませんね!

目的を明確にすることでリフォーム費用は予算内に収まる!

住宅のリフォームをする場合は、一軒家に限ったことではありませんが、どこをリフォームするのかと目的を明確にすることで、費用を安く抑えることができます。リフォームの専門業者によっては、見積もりを出した後から作業範囲を追加する話を持ちかけてくる場合があります。

しかし、目的が明確になっていればそれ以外の場所を修繕する必用がないので、きちんと予算内でリフォームを行えるでしょう。それでは、一軒家のリフォーム費用を予算内に抑える方法について、一つひとつ見ていきましょう!

築30年未満の住宅であれば部分的なリフォーム

築30年未満の一軒家は震度6の地震にも耐えられる強度を持っているため、建て替えをする必用はないでしょう。そのため、リフォームを行なうのであれば、傷みが気になる部分的なリフォームで十分だといわれています。

しかし、家族が増えたり使わない部屋があったりする場合は、築年数に問題がなくても間取りを変えるために建て替えリフォームを行う方もいるそうです。基本的には部分的な修繕で十分なので、特に間取り変更の必用がなければ、安い費用でキレイにすることができるでしょう。

中古で購入した住宅を全リフォームするのもアリ!

中古で購入した一軒家なら、新築のように建物全体をリフォームされる方もいるようです。リフォームにかかる費用にもよりますが、場合によっては新築を購入するよりも安い費用でキレイにすることが可能。

「場所は良いけど家が古いからキレイにしたい!」という方は、予算内の費用でできる住宅を全リフォームするのもアリですよ!中古で購入した住宅のリフォームを考えている方は、住宅の全てを修繕する建て替えを検討してみてはいかがでしょうか?

一軒家をリフォームするメリットには何がある?

一軒家のリフォームを考えたとき、「どんなメリットがあるんだろう?」と疑問に感じている方はいませんか?中には「新築を購入したほうが良いのでは?」と考える方もいると思いますが、一軒家をリフォームするには3つのメリットがあります。

ここでは、そんな一軒家をリフォームするメリットについてご紹介していきます。一軒家リフォームに悩んでいる方は、リフォームをする・しないの判断基準になるので、ぜひ参考にしてみてください。

住み慣れた自宅の雰囲気や思い出を残せる

部分的なリフォームを行なうのであれば、住み慣れた自宅の雰囲気や生活をしてきた思い出を残すことができます。住み慣れた家には愛着が湧くものですし、結婚して家を出た子供との思い出がたくさん詰まった場所でもあります。

しかし、住宅自体を建て替えてしまうと、キレイになりますが全てが白紙になってしまいます。雰囲気や思い出を大切にできるのは、部分的なリフォームを行なう大きなメリットといえるでしょう。

新築の購入よりも安い費用でキレイにできる

リフォーム費用にもよりますが、場合によっては新築を購入するよりも安い費用で建て替えることができます。「キレイな家に住みたいけど新築を購入する予算がない・・・」という場合は、専門業者に相談して一度見積もりを出してもらってみてください。

住宅の大きさや敷地面積によっては、現在住んでいる一軒家を新築のような住宅へとリフォームすることができるかもしれませんよ!キレイなお家を安く手に入れられる、これも一軒家リフォームを行なうメリットでしょう。

一軒家をリフォームするときの注意点は?

一軒家をリフォームする場合は、2つの点に注意する必用があります。住宅の作りによってはできないリフォームもありますし、場合によっては失敗してしまう可能性があります。せっかくリフォームをするのであれば、完成後は満足できる仕上がりを求めたいものです。

ここでは、そんな一軒家をリフォームするときの2つの注意点について、一つひとつご紹介していきます。リフォームで理想的なお家に仕上げたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

ツーバイフォー住宅はリフォーム内容に制限がある

住宅の設計にはさまざまな方法がありますが、ツーバイフォー住宅の場合はリフォーム内容に制限があります。この工法で立てられた一軒家の場合、壁や床を面で組み立てて住宅を支える仕組みとなっているため、取り除けない柱や抜くことができない壁などが出てきます。

そのため、間取りを変えるリフォームをされる場合は修繕する箇所が制限れるので、イメージ通りに仕上げることが難しくなるでしょう。リフォー後に「想像していた間取りと違う」なんてことにもなりかねないので、リフォームをされる場合は必ず業者と入念な打ち合わせを行なうようにしてください。

施主支給はリフォームに失敗する可能性がある

一軒家のリフォームで最近多いといわれているのが、施主支給によるリフォームだといわれています。リフォームを依頼する方が事前に必用な設備や建材を買い揃え、それらを業者に使用してもらうよう依頼することです。

この場合は自分好みの材料を使ったリフォームができますが、別料金の発生や場合によっては買い揃えていたものが使えないということもあるため、リフォームに失敗してしまう可能性があります。そのため、施主支給によるリフォームをされる場合は、材料を購入する前に業者に相談して、実際に使用できるのかを確認しておくことをおすすめします。

一軒家をリフォームして理想的な家に変身させよう!

一軒家のリフォームに必用な費用は、リフォーム内容によって異なります。そのため、予算の計画を立てるのであれば、業者に見積もりを出してもらうよう依頼して、必用な金額を明確にしておくと良いでしょう。

しかし、一軒家のリフォームには新築の購入や建て替えにはないメリットがありますが、注意すべき点もあります。リフォームを成功させて満足できる仕上がりにするためにも、ご紹介した内容を参考にして、一軒家のリフォームを行ってみてください。