築30年の家、悩みはありませんか? 築30年の家、悩みはありませんか?

いくら暖めても寒い底冷え

暖房で暖めても床からくる底冷えは防げません

「暖房をつけていても暖かくならず、光熱費が上がる一方」という方も多いはず。暖かい空気は上に上に上がっていくから、底冷えの解消は難しいのが現実です。断熱性能が原因の悩みは数多く存在します。

再築の家なら寒さの悩みも解決できます。

  • 吹付断熱

    再築の家は吹付断熱アクアフォーム。
    建物全体をウレタンの高密度泡で覆います。通常の断熱材に比べ、隙間なく充填することが出来るため、建物全体の気密にもつながり、隙間風を気にする必要もなくなります。

  • 窓の断熱

    壁に比べ熱を通しやすい窓は断熱性能をを下げてしまう大きな要素です。
    再築の家の窓は、すべて断熱Low-Eペアガラスの樹脂サッシ。窓が多い開放的な空間でも、暑さ寒さには悩まされません。もちろん結露の心配も不要です。

最近家がぐらぐらする 地震が心配

耐震金物はちゃんと使われていますか?

あなたの家の耐震性能は大丈夫でしょうか?
現行の耐震基準は昭和56年6月1日に導入されたため、それ以前や直後に建てられた住宅は耐震性能に不安が残るのが事実です。さらに建物は日々劣化し、耐震性能も低下している可能性があります。

再築の家なら耐震の悩みも解決できます。

  • バランスのいい壁

    耐震性能を向上させる上で気を付けなければならないのは、壁や筋交の配置バランスです。適切な位置に適切な量で配置することが重要となります。バランスが悪ければいくら壁が沢山ある家でも倒壊の危険性は回避できません。

  • 無駄のない耐震金物

    耐震金物は現代の基準に適合したものを使用します。壁と同様、適切な箇所に、決められたビスで取り付けるからこそ耐震金物本来の実力が発揮されます。

部屋がなかなか片付かない

押入やクローゼットに収納しきれず、苦労していませんか?

片付ける収納スペースがないのに、モノばかりがどんどんたまっていく…そんな経験ありませんか?片付かない一番の理由は家の大きさに対しての収納不足です。

再築の家なら収納の悩みも解決できます。

  • 床面積の20%以上の収納

    収納スペースの理想は床面積の20%以上です。再築の家では床面積の20%以上の収納スペースを設けます。また適材適所で収納スペースを設けることが出来れば、一気にモノが片付けやすくなります。

家族との距離が遠く感じる

家事をする時はいつも1人。孤独感を感じていませんか?

住まいはただの箱ではありません。現代では雨風をしのげるだけのものではなくなっています。そこに住まう家族を作っていく、一番小さな社会と考えています。 「帰ってきてだれとも会わずに個室に入る」「キッチンで一人家事に勤しむ」などの孤独感。反対に、「台所の音が気になりテレビをゆっくり楽しめない」「常に後ろから視線を感じ落ち着けない」ということもあります。

再築の家なら間取りの悩みも解決できます。

  • 家族全員が納得する間取り

    再築の家は、そこで暮らすご家族ひとりひとりがご納得いく様な最適な距離感を、間取りや家具を含めたトータルプランニングでご提案します。近すぎず遠すぎず。家族との適切な距離感が保たれるからこそ、より充実した家族のコミュニケーションが生まれると私たちは考えています。

  • さらなる快適を「家具」で

    オノヤのリフォームは家具が入って完成します。家具は暮らしの中でより身近な存在です。食事も寛ぎも、休息も家具があってこそ実現します。再築の家では、リビングダイニングをメインとした様々な家具をご用意し、定額の中でご提案します。

TOP