CASE757仙台市宮城野区 光溢れるあたたかい暮らし

  • $img_mv_url = $img_mv[1];
  • $img_mv_url = $img_mv[1];
  • $img_mv_url = $img_mv[1];
  • $img_mv_url = $img_mv[1];
  • $img_mv_url = $img_mv[1];
  • $img_mv_url = $img_mv[1];
  • $img_mv_url = $img_mv[1];
Before
After

リフォーム前のお悩み・リフォームのきっかけ

築40年のお家を20年前に中古で購入されましたが、コンクリート造で冬場は家の内側の壁が凍るほど寒く、ずっと暖かい家で暮らしたいというご要望がありました。キッチンとリビングが離れていたので、いつでもお子さんの顔が見れるようキッチンとリビングと繋げ、キッチンも対面にしたい。また、リビングも広くし、家族の団らんを楽しみたいとのことでした。

リフォームのポイント

コンクリート造で、ところどころ壊せない壁がありましたがそれも含めて、LDKと和室を繋げ、家族がどこにいても顔が合わせられるようにプランニングしました。窓の配置を工夫したデザインにしたり、天然石のアクセントタイルなど、空間のさまざまな所に見所やこだわりポイントを作りました。
一番の難点だった寒さに関しては、吹付け断熱を採用しました。窓は樹脂サッシで断熱性を高めると共に、デザイン性も重視しました。珪藻土の壁で湿気もなく、より快適な住空間が実現できました。
キッチンの後ろにパントリーを作り、更にキッチンからそのまま洗面室にも繋がっているので収納量・家事動線共に良くなりました。キッチンの後ろ側にある造作棚に奥様の大好きな小物を置いてもらい、奥様お気に入りの空間になりました。

お客様の声

本当に素敵な家になりました。この一言に尽きます。リフォーム前は冬は寒く、夏は暑い家でした。ところが今はエアコン1台で快適です。改めて断熱の大切さを実感しています。今回の工事で間取りを変更し、LDK+和室がひとつの広い空間になったことで、同じ空間にいながらもそれぞれの距離を保つことができ、快適に過ごすことができています。またキッチンの場所を北側から南側にし、対面キッチンいしたので、庭を眺めながら料理をしたり、子供たちの様子をみながらキッチンに立ちたいという希望もかないました。オノヤのスタッフの皆様、たくさんの職人の皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。お世話になりました。

物件データ

Before

拡大する
After

拡大する

仙台市宮城野区 光溢れるあたたかい暮らし

  • 構造/
    RC造
  • 築年数/
    築40年
  • 施工期間/
    4ヶ月
  • 工事場所/
    LDK、お風呂、洗面室、トイレ2か所、パントリー、寝室、和室2部屋、洋室2部屋、書斎、玄関、廊下、階段、バルコニー、外壁、屋根、外構
  • 受賞歴/
    ONOYA主催第5回デザインリフォームコンテストLDK部門敢闘賞