• 外壁・外観

暖かな日差しを取り入れよう!サンルームの魅力とリフォーム時のポイント

洗濯物を干すため、日向ぼっこをするため、体を目覚めさせるため……。理由を挙げればキリがありませんが、私たちの生活には太陽の光が欠かせません。日当たりが悪いなら外に出ればいいとはいえ、家の中にも暖かい日差しの差し込む空間があると嬉しいですよね。

そんなあなたにおすすめしたいのがサンルームの増築リフォーム。そもそもサンルームとは何か?その魅力やリフォームにあたって知っておくべき知識をまとめました。

そもそもサンルームとは?

サンルームといってもあまり馴染みがないという方もいるでしょう。簡単に説明するとサンルームとは下の写真のような日光を取り入れるための部屋。ほとんど全面ガラス張りになっているのが特徴で、ガーデンルームと呼ばれることもあります。

http://refopedia.jp/sunroom-2

 

サンルームとガーデンルームに明確な区別があるわけではありませんが、庭に続く扉がある方をガーデンルーム、そうでないものをサンルームと呼ぶのが一般的です。ただし今回の解説ではサンルームとガーデンルームは区別しません。ガーデンルームが気になるという方もぜひ続きをご覧ください。

サンルームのメリット

居心地の良い空間ができる

日差しのあたるポカポカとした空間が居心地の良い空間であることは、おそらく誰も否定しないでしょう。とはいえ日差しを浴びるためだけに外へ出るのはなかなか億劫なものです。外に出ても恥ずかしくない服に着替え、靴を履かなくてはいけません。その点サンルームがあれば家の中で思う存分日にあたることが可能。床に寝転がってうたた寝をすることだってできます。もちろん暖房があれば冬でも気軽に日光浴が可能です。ただ日をあびる以外にも、椅子とテーブルを置いて食事をしても良いですし、ただぼんやりと外を眺めてゆったりするのも良いでしょう。

洗濯物を干しやすい

http://refopedia.jp/sunroom

 

よく晴れた日には太陽の下で洗濯物を乾かしたいですよね。しかしどうしても心配になるのが突然の天候不良。洗濯物をしたまま外へ出かけ、雨が降り出したために洗濯物がすべて洗い直しになってしまった……。そんな経験がある方も数え切れないほどいるはずです。また外へ洗濯物を干すのは靴やサンダルを履かなければいけないという面倒くささもあります。あまり多い話ではありませんが洗濯物を盗む人だっていますよね。サンルームの中で洗濯物を干せばこれらの問題を一挙に解決することができます。

ペットを遊ばせるスペースにも

http://refopedia.jp/sunroom

 

マイホームということであればペットを飼っている方も多いのではないでしょうか。本来は自然の中で暮らしている動物たち。できれば外で自由に遊ばせてあげたいですよね。

ここで一つ、猫を例に考えてみましょう。家の中と外を自由に行き来させている方も多いですが、交通事故に巻き込まれるなどの恐れから室内飼いにしている方も多いはず。外に行けない猫のために、せめて外の雰囲気を味わえるサンルームを増設してあげてみてはいかがでしょうか。

晴れた日はサンルームが暖房代わりに

よほどのことがない限り、冬はどこの過程でも暖房を使うでしょう。ですがサンルームの場合、日差しが十分入るほど晴れた日なら暖房を使わなくても暖かいことが珍しくありません。サンルームがリビングに直結している場合はいくらか暖房費を節約することにもつながるでしょう。

サンルームのデメリット

夏場は気温が上がりすぎる

http://refopedia.jp/sunroom-2

 

ポカポカとした日差しの暖かさが魅力的なサンルーム。しかし真夏のとても暑い時期にはこの特徴がアダになります。太陽の熱が直接降り注ぐサンルームの中はとても暑くなり、もし植物を置いているようであればすぐに枯れてしまうでしょう。ただしこのデメリットについては日よけのカーテンを導入することでいくらか対処が可能です。

料金・固定資産税がかさむ

リフォームをする以上費用がかかってしまうのは仕方ないことですが、サンルームの増設リフォームは目安が60万円~100万円とややお高め。詳しくは後述しますが、サンルームを増設すると家が増築されたことになりますので固定資産税も増額してしまうことを覚えておきましょう。

サンルーム増築のリフォームはどんな人におすすめ?

デメリットでも紹介したようにやはりいちばんのネックは費用。予算に余裕があることは最低条件です。その上で家を広くしたいと考えている方、ゆとりのある空間が欲しいという方、また上のメリットに魅力を感じた方であればサンルーム増築に一考の価値があるといって良いでしょう。

サンルーム増築リフォームの費用・工期

http://refopedia.jp/sunroom

 

リフォームで気になるのはやはりお値段。先ほど目安は60万円~100万円と説明しましたが、安いものを選べば30万円で実現することも可能です。反対に広さや建材にこだわりたいということであれば150万円以上かかることもあるかもしれません。

工期はおよそ5日~15日程度。内容にこだわったリフォームの場合は30日ほどかかる場合もあります。

サンルーム増築リフォーム時の注意点

広さを決めて、あとはリフォーム業者へ依頼する。たったそれだけではないかと思うかもしれませんが、リフォームはそう簡単なものではありません。これはサンルームに限らずリフォーム全般にいえることですが、依頼する側がある程度の知識を身につけておくのも大事なこと。これだけは押さえておくべき、という注意点を以下にまとめました。

建ぺい率の問題

http://refopedia.jp/sunroom-2

 

建ぺい率とは敷地面積に対して建築面積、つまり家の広さがどれくらいかを示すもの。建築基準法の問題から、好き勝手に家の面積を広げてはいけないのです。

サンルームはまるで庭に設けたテラスのように感じられるかもしれませんが、壁や屋根で覆われているためあくまで部屋という扱いになります。もし建ぺい率が基準をオーバーした場合、火災保険や地震保険など、住宅に関連する保険に入れなくってしまう可能性があります。当然リフォーム業者もこれはチェックするものですが、万が一の場合損をするのは自分。念のため自分でも建ぺい率を確認しておきましょう。

固定資産税の問題

上で説明したことの繰り返しになりますがサンルームの増築は家の面積を広げることになります。そのため不動産登記簿の内容が変更になり、面積が増えた分の固定資産税が増えてしまうのです。サンルームの広さにもよりますが、年間で1万円~2万円の増額になることを覚えておきましょう。

サンルームの床材は断熱素材がおすすめ

直射日光が降り注ぐサンルームでは床が大変熱くなる場合があります。この状態でうっかり素足を乗せるとやけどをしてしまいますので、サンルームの床材には熱を持ちにくい断熱素材の採用をおすすめします。

日が入る場所かチェック

日差しがたくさん入るという点が最大の特徴であるサンルーム。とはいえ建物の影になっていたり、方角の関係からあまり日が入らなかったりという可能性もあるでしょう。また太陽の動きは季節によっても変わります。これからサンルームを増築する場所の日当たりがどうなるか事前にシミュレーションしておきましょう。

結露も対策しておこう

窓際で困ることといえば結露ではないでしょうか。サンルームはほぼ全体がガラス張りであることから、結露が発生しやすい環境でもあります。結露は湿気の原因になってしまいますから洗濯をする場合は特に注意が必要です。そんなサンルームにおすすめなのが二重ガラス。二重ガラスなら断熱性が高く、結露が起きにくくなります。

サンルームはどうやって選ぶ?

http://refopedia.jp/sunroom

 

安価なものから高価なものまで幅があるサンルーム。たくさんの種類があるものの、選ぶときのポイントはサンルームをどう使いたいかイメージすることです。例えば洗濯物を干したい場合、一度にどのくらいの量を干したいでしょうか?そのために必要な長さ、幅はどのくらい?このように最終的な目標から逆算して選んでいくとあなたにピッタリなサンルームが見つかるはずです。