• ピックアップ

壁リフォームの重要ポイント“クロス”。工事方法から参考価格まで一挙紹介!

壁 リフォーム

壁のリフォームと言えば、左官仕上げ、ペンキ仕上げなどなどありますが、代表的なのはやっぱりクロス(=壁紙)!

 

クロスは、一見すると単純そうですが、ただ単に色や模様が違うだけではないのです。

選ぶ種類によっては黒板代わりになったり、消臭効果があったりと様々な機能を持つものも。

さらに、クロスを貼る前(下地)の処理方法や照明の当たり具合によっても、仕上がり具合が変わってきます。

そんな、実は奥が深いクロスの張替え工事について、具体的なクロスの種類、工事方法、価格といった基本を見ていきましょう。

 

1、クロス張替え工事の流れ

 

はじめに、クロス工事の流れを紹介していきます。

 

1-1、家具移動・養生

クロス張替え工事は、意外とほこりが出ます。そのため、リフォームしない部分がほこりまみれにならないよう、また、傷がつかないようにシートなどで被います。

そして、工事の支障となる家具を移動させ、コンセントをはじめ、ガス栓、照明、スイッチ等の取り外しを行います。

 

1-2、既存クロスはがし

古いクロスを剥がす際には必ず細いカッターでめくります。クロスの状態により、剥がし方が変わってきます。状態が悪いとはがせる深さもまちまちになって下地が凸凹になり、その後の処理が大変になるので注意が必要です。

 

1-3、下地補修

古いクロスを剥がした後は下地の状況を見て、少しの凹みや隙間があるところにパテをヘラで平滑に仕上げていき、しばらく乾燥させて下地をなじませます。パテを乾燥させると収縮して凹むので、薄いクロスを採用した時などはあえて厚めにパテを塗って、乾燥させてからやすりでパテを削って平滑にしていきます。その時の職人の判断で下地補修のやり方を変えていきます。

 

1-4、糊付け

クロスの裏面には専用の機械で糊付けをします。材料によっては糊の量を変えたりと細かく設定します。すべての面に均等に糊がつくように専用の機械を使うので、むらのない状態で美しい仕上がりになります。( 昔はハケで1枚1枚塗っていたので凄く時間がかかっていました。)

 

1-5、クロス張り

糊付けし、裁断したクロスを壁面に貼っていきます。基本は天井から床に垂直に張ります。

通常のクロスは「ツキツケ」と言って、クロスを隙間なくピッタリくっつけて張りますが、海外製のクロスは数センチずつ重ねながら張っていく「重ね張り」となります。

クロスと壁面との間に空気が入ると後々、剥がれや浮きの原因になりますので、しっかりと密着するように細心の注意を払います。

 

1-6、片付け

糊をふき取り、照明やスイッチカバーを付け直します。養生をはがして、掃除をして、家具を戻します。

 

 

 

 

2、クロスの種類

壁 リフォーム

http://refopedia.jp/wallpaper

 

クロスの素材は大きく4つに分類することができます。ここではそれぞれの特徴を紹介していきます。

値段も違いますが工事方法も微妙に変わってくるので注意して見ていきましょう。

 

①ビニールクロス(塩ビクロス)

クロスの中でも多用されているのがビニールクロスです。
他の素材に比べ安価で、品質も安定しており、耐久性も高く掃除がしやすいクロスで、色やデザインが豊富です。
ビニールクロスは、塩化ビニール樹脂などを主な素材とするビニールシートに紙などを裏打ちしたものです。
表面加工の方法によっても分類することができ、たとえば表面に凸凹のあるエンボス加工や発泡させたもの、プリントを施したものなど多種多様。クロスにさまざまな機能を持たせている商品も多くみられます。

 

http://refopedia.jp/wp-content/uploads/2015/09/kabegami5-1024x681.jpg

 

②布クロス

布クロスは、レーヨン、絹、麻などで作られるクロスです。 平織りや綾織、不織布などがあります。ビニールクロスと比べて高級感、重厚感があります。
ホコリを吸着しやすいので、定期的に掃除やメンテナンスが必要です。 ホテルや美術館などパブリックスペースで使われることもあります。

高級感がある分、材料自体の値段も高く工事も難しいので、トータル費用も比較的高くなるのが特徴です。

 

③輸入クロス(紙クロス)

海外で生産されている、海外規格のクロスです。日本で生産されているクロスは約90㎝の幅ですが、輸入クロスは約60㎝と幅が狭く、クロス同士を重ねながら張っていきます。(工事をする方(職人さん)によっては、取り扱いが難しいと言われてしまう場合もありますので、輸入クロスを使いたい場合には事前に確認しておくことをオススメします!)

和紙、ケナフなど非木材紙を原料としたものなどもあります。紙は音を吸収し、空気を通す素材で、環境や健康への配慮がなされている素材として注目されています。ほとんどが海外製品ですが、中には手すき和紙の紙クロスなんかもあります。

 

④その他クロス

紙と珪藻土を混ぜてつくられる「珪藻土壁紙」、金属やガラス繊維が原料の「無機質壁紙」、ポリエチレン・ポリプロピレンなどの合成樹脂を主原料とした「オレフィン」、薄くカットした天然木やコルクなどを紙と張り合わせた「木質系壁紙」、光沢のあるメタリックなクロスなど、様々なクロスがあります。

3、クロスの機能

壁紙リフォーム

http://refopedia.jp/wallpaper

 

3-1消臭

消臭効果のあるクロスはタバコや気になる生活臭を表面に加工されている消臭剤が、臭気ガスと反応し、吸着させて消臭効果が得られるという仕組みになっています。
使用環境にもよりますが、効果が持続するのは10年程度と言われています 。

 

3-2、防カビ

湿気の多い部屋の場合、クロスにカビが生えてしまうことがあります。

カビは見た目もよくないですが、衛生面においても人体に悪影響を与えるので注意が必要です。
そのため、部屋の湿度が高いようであれば、防カビ処理されたクロスを利用するのがいいでしょう。安価な量産品クロスの中にも防カビ機能を持った商品がありますので気軽に導入できます。

 

3-3、抗菌

防汚機能と一緒に対応していることが多く、表面に抗菌剤が使用されていますのであらゆる菌の増殖を抑制します。

 

3-4、表面強化

一般的なクロスよりも強度が高く、比較的破れにくくキズがつきにくいのが特徴です。

ただし、クロスを折ってしまうと表面のコーティングが割れて跡が残ってしまうので施工が難しく、費用が高くなってしまいます。

 

3-5、吸放湿

日本には梅雨があるため、日本の住宅では湿気への対策が盛んに行われており、湿気が高いときには水分を吸収し、逆に乾燥しているときには水分を放出してくれるので、常に快適な湿度を保つことができます。

しかし、過度な期待は禁物です。大きな効果を求めるなら空気清浄器の購入やエコカラット(LIXIL)等の施工をお勧めします。

 

3-6、防汚効果

表面に特殊なフィルムをラミネート加工したクロスです。そのため、一般的なクロスでは落ちにくい汚れに対して水拭きや中性洗剤を使って落とすことができます。

 

3-7、蓄光

夜寝るときに明かりを消すと一瞬で星空に包まれる、子ども部屋などに人気の蓄光クロス。ほのかに光ってかわいらしいです。また、昼間は普通のクロスと変わりありませんのでその点も選ばれている理由です。
通常照明や太陽の光を蓄え、消灯後約20分間柔らかい光を放ちます。

 

3-8、防火

不燃性のあるクロスがこれにあたります。不燃、準不燃、難燃の3種類に分かれています。これらは「燃えにくい壁紙」で、機能としては燃焼を少しでも遅らせ、燃焼拡大の防止、煙・有害ガスなどの発生を抑制することが目的です。
高層階ビルやマンション、集合住宅などではこれらが必須の場合もあります。

 

3-9、黒板

黒板のようにチョークで書いたり消したりできます。黒一色ではなく、淡い色も何点かあるので子供部屋だけでなく、リビングの一面だけアクセントに使うこともおススメです。

 

4、クロス張替え工事の価格

壁紙リフォーム

http://refopedia.jp/wallpaper

 

一般的にクロスは大量生産される「量産品クロス(スタンダードクロス)」と、色柄・機能のバリエーションが豊富な「1000番台クロス(ハイグレードクロス)」の、2つのグレードに分類されています。

 

クロス張替えの費用は一般的に、次の式いずれかで算出します。

・平米単価 ○○○円/㎡ という表記× 工事面積 (750~1000円)

・メートル単価 ○○○円/m という表記 × 材料のメートル数(1000円~1500円)

単価の中には材料費・工事等が含まれている場合もあり、リフォーム会社によって異なりますので確認しておきましょう。

 

張替えの基本費用とは別にかかってくるものは以下の通りです。(会社により異なります。)

 

・廃材処分費

→剥がしたクロスや張ったクロスの端材の処分費

 

・下地処理費

→クロスを張る前に、凸凹ができないように壁面を平らにならす作業の費用です。

 

・荷物移動費

→リフォームに伴うテレビやソファーなど家具の移動にかかる費用。荷物の大きさや個数によって費用が変わる場合があります。

 

・養生費

→リフォーム箇所以外の範囲に傷や汚れをつけないように、ビニールシートやダンボールなどで保護する作業の費用です。

 

まとめ

クロスの張り替えについて、工事内容や価格を一気に見てきました。

上記を踏まえ、リフォームをお願いする会社とよく話し合って、可能であれば実際に工事をする職人さんに壁を見てもらった上で使うクロスを選ぶと、より仕上がりがキレイで満足度の高いリフォームになると思います。

部屋の印象を大きく左右するクロス。ぜひ、ぴったりなクロスを見つけて下さい!