• デザイン

リフォームを失敗しないための注意点!成功に導くポイントは?

せっかくお家のリフォームを行うなら、失敗なんてしたくありませんよね。誰だってリフォームして良かった!と思えるくらい、成功してほしいものでしょう。しかし、事前にしっかりと計画しておかないと、リフォーム中や仕上がりに満足できず、失敗してしまう可能性があります。

あなたのリフォームを失敗させないために、正しく注意点を押さえておきましょう。この記事を読めば、リフォームを成功させるためのポイントが掴めるので、ぜひ覚えてみてください。

 

初めてのリフォームを成功させるためのポイントは?

リフォーム 注意点

http://refopedia.jp/roof-renovation

 

リフォームを成功させるためには、改善したい部分をはっきりと出さなければいけません。予算を計算した上で、リフォームの優先順位を付けておくと、いざというときに妥協がしやすいです。Webサイトからさまざまな事例・相場などを調べておき、リフォーム会社の情報も集めておかなければいけません。

まだリフォームの全体図ができていないときには、特にリフォーム事例が参考になります。どんなプランでリフォームするか参考になりますし、ある程度の費用相場がわかります。その上、これ絶対にうちにも取り入れたい!というようなアイデアが見つかることもあるでしょう。

特にマンションのリフォームを考えているなら、事前にリフォームプランが制限されることを知っておきましょう。例えば、フローリングや壁の遮音性が求められますし、水回りのリフォームができないこともあります。これは、マンションは一人で済む住宅ではないので、上下階、隣の部屋に隣接した部分はリフォームできないからです。

もちろんすべてのマンションが同じというわけではないので、住んでいる物件・管理組合のルールを確認しなければいけません。リフォームを進めていくためには、ちゃんとした計画を立ててから行いましょう。

 

リフォームの成功と失敗を分けるラインとは?

リフォームの成功と失敗の違いは、期待と結果が違うために起きてしまいます。例えば、お年寄りのために、手すりを取り付けるリフォームで考えてみましょう。どこでも快適に歩けるように手すりを取り付けたとしたら、安全に使える住宅ができあがります。しかし、使わない場所に手すりが付けられていたら、邪魔にしか感じませんよね。

せっかく快適に住めるように手すりをつけても、後々邪魔になってしまうことを考えると、適切な場所に取り付ける必要があります。リフォームを適当なプランで行ってしまうと、特に失敗が起きやすくなります。それでは、実際にリフォームが失敗してしまうケースには、どんなものがあるのでしょうか?

 

リフォームの内容・プランの失敗

リフォーム 注意点

http://refopedia.jp/klasic-34

 

リフォームが終わった後に、「こんなリフォームにするべきだった」と感じてしまうなら、内容・プラン作りに失敗しています。そうならないためには、家族としっかり話し合った上で、ちゃんとプランを立てなければいけません。

リフォームを行うご家庭の中には、誰かが主導権を握っていて、どんどんプランを決めてしまうケースがあります。家族で意見を出し合えば、本当に必要なリフォームか考えられる部分でも、一人だと冷静に見直すことができません。

また、現在の暮らしや生活動線を考えていない場合も、適切なリフォームは行なえません。子供が使いたいからと言って、ポップ調のお部屋を作ったとしても、大きくなったときに公開する可能性があります。将来的に住み続ける計画なら、それぞれの部屋のレイアウトはちゃんと考えなければいけません。

適当に間取りを考えて作ってしまうと、動線が重なって生活しにくいお部屋ができあがります。毎日使うキッチンなのに、ほとんどスペースがなくて、不便でしょうがない!なんてケースが考えられます。階段の近くの部屋に外開きのドアを取り付けて、ぶつかりそうになってしまうなんてこともあるでしょう。

ちゃんと生活環境を考えた上で、しっかりと計画を立てることが大切です。家族みんなが快適に住めるように、お家のプランを考えてみてください。

 

リフォーム工事の失敗

リフォーム 注意点

http://refopedia.jp/365renovation-y04

 

リフォームの失敗では、業者をちゃんと選ばなかったせいで、仕上がりに満足できないケースがあります。ただ安いからと費用で業者を選んでいると、ずさんな施工をされてしまうことも少なくありません。もちろん基本的には丁寧な施工をしてくれますが、リフォームを確実に成功させるためには、業者選びは慎重に行うべきです。

取り付けた設備が使えない、仕上がりが汚い、追加費用の請求をされるケースもあります。さらには、リフォームを行った後から、塗装や外壁が剥がれてしまう工事もあるでしょう。費用がかかるリフォームを失敗すると、どうしてもお金の後悔が残ってしまいます。そうならないためにも、丁寧な仕事をしてくれる業者を選びましょう。

 

リフォーム予算の失敗

リフォーム 注意点

http://refopedia.jp/preview

 

お金をあまりかけたくないからと言って、低予算にした結果、失敗してしまう。せっかくお家をリフォームするときには、必要な部分はちゃんと施工すべきです。もちろんお金をかけすぎてしまって、今後の生活が苦しくなってしまうパターンもあります。お家が立派になっても、苦しい生活をしてしまうようでは、リフォームに成功したとは言えませんよね。

また、知り合いや営業マンと契約した結果、仕上がりに納得できなかったというケースもあります。せっかくだからと知り合いに頼んだものの、あまり仕上がりがキレイじゃないし、お金も安くならなかったということも少なくありません。飛び込みの営業マンは、高額な費用がかかるケースもあります。

どんなリフォームを行うときでも、ちゃんと予算を考えた上で、必要なリフォームを行わなければいけません。コストパフォーマンスを重視して、あなたに合ったリフォームを行いましょう。

 

リフォームを失敗しないための注意点

リフォームを失敗しないためには、5つのポイントを抑えなければなりません。特に重視すべき点は、以下の通りです。

 家族でじっくり相談する
 間取りや寸法は正しく計る
 ショールームに行ってみる
 知り合いのリフォーム結果を見せてもらう
 リフォーム業者は慎重に選ぶ

リフォームを後悔しないためには、家族とじっくり相談してください。みんなで住むお家ですから、快適に住むための意見を出してもらうべきです。一人で考えていても、ちゃんとしたお家は作れません。

もちろんお家の間取りや寸法を目測で決めていては、リフォームで失敗する可能性は高くなります。少しでも正しくリフォームするために、細かい部分も計算しながらプランを立てていきましょう。

また、ショールームや知り合いの家を見ておくと、リフォームのイメージが付きやすいです。すでに完成している住宅を見れるので、自分の改善すべきポイントが出てきます。特に友人の家は、成功例も失敗例も参考になるため、ぜひ一度見ておくべきでしょう。

さらに、何よりも重要になってくるのが、リフォーム業者選びです。ちゃんと信頼できる業者じゃないと、適切なリフォームを行ってくれるかわかりません。そのために、リフォーム実績や評判を確認しつつ、スタッフの対応も見ておくべきです。

リフォームの悩みを親身になって聞いてくれる業者じゃないと、思い通りの住宅には仕上がりません。リフォーム後の保障・アフターサービスが充実していれば、さらに安心できる業者となるでしょう。

あなたのリフォームが成功するように、しっかりと注意点を押さえておきましょう。注意点を押さえてリフォームプランを立てれば、あなたにとって住みやすく、満足できるリフォームが行えますよ!