• キッチン

キッチンを快適に!便利な収納リフォームの種類やポイントをご紹介

日々家事をしていると「キッチンにもっと収納スペースが欲しい!」と思うことはありませんか?話を聞いてみると、キッチン用品はもちろん、レトルト食品やインスタントラーメンなど、買い置き食材の保存場所に困っている人も多いのだとか・・・

キッチンを快適に使いたいなら、収納リフォームを試してみてはいかがでしょうか?収納スペースが増えることで、キッチンが広くなる、物がスッキリまとめられるというメリットがあります。

キッチンの収納リフォームには、背面収納の設置や壁を使った収納方法など、さまざまな種類があるので、あなたにとって使いやすい収納スペースをリフォームで作りましょう。

 

キッチンの収納リフォームって?

キッチン リフォ―ム

http://refopedia.jp/kitchen-wall-store

 

キッチンの収納リフォームは、収納スペースを増やすことで利便性を高めることが目的です。買い置きしている食品や、食器用洗剤の詰め替え用など、収納スペースがあれば決まった場所に保存できます。

収納スペースがないキッチンの場合、さまざまな場所に物が置かれていることが多いでしょう。例えば、賞味期限切れの食品、買い置きしていたキッチン用品がいくつも出てきたなんてことも。キッチンが散らかっていると、せっかく買っていたものをムダにするケースが多いので、収納スペースの確保はとても大切です。

収納リフォームをすれば、キッチン周りの整理整頓が簡単になります。どこに何を収納するかを決めておくと、買い置きしているものをムダなく使えるので、経済的にも嬉しいですよね。「キッチンを有効活用したい」「散らかったキッチンをキレイにしたい」という方は、キッチンの収納リフォームをおすすめします。

 

キッチンの収納リフォームの費用相場とは?

キッチン リフォ―ム

http://refopedia.jp/kitchen-wall-store

 

キッチンの収納リフォームは、内容によって費用が異なります。吊り戸棚や床下収納、背面収納の設置など、収納リフォームにはいくつかの種類があるので、それぞれの費用を知っておかなければなりません。それでは、キッチンの収納リフォーム費用について、種類別に見て行きましょう。

 

吊り戸棚

吊り戸棚は、収納スペースを高い位置に設置するリフォームです。活用スペースを取らないので、キッチンが狭くなることはありません。吊り戸棚のリフォーム費用は、5万円前後の場合がほとんどです。戸棚の扉にガラスを使用するとおしゃれな仕上がりですが、費用が割高になるので、予算に合ったリフォームを行いましょう。

吊り戸棚をもっと便利に使いたい方は、昇降機能が付いたタイプがおすすめです。手動式と電動式から選べるので、使いやすい方を設置してください。しかし、電動式の吊り戸棚の場合、費用が約10万円と高額になるため、予算を決めている方は注意してください。

吊り戸棚のリフォームで注意するポイントは、キッチンに設置されているレンジフード。大きさによっては吊り戸棚が設置できないので、別料金でレンジフードの交換費用が必要になります。交換・設置・廃棄処分など、すべての費用を含めると~20万円程度かかるので、レンジフードがある場合はまず業者に相談してみましょう。

 

床下収納

床下収納は、床下に専用の収納ボックスを設置して、収納スペースを作るリフォームです。床下は室内よりも温度が低く、直射日光が当たらない場所なので、食品の収納にはとても便利な収納スペースです。

床下収納の設置にかかるリフォーム費用は、約10~20万円となっています。ボックスの大きさ、スイッチ1つで蓋の開閉ができるなど、リフォームの内容によって費用が異なります。明確なリフォーム費用が知りたいときには、業者に相談して見積もりを出してもらうと良いでしょう。

床下収納のリフォームをする場合は、床下にある排水管や水道管に注意が必要です。床下収納のリフォームは、専用のボックスを設置するためのスペースが必須。収納リフォームをする場合は、必ず事前調査をしてもらいましょう。

 

背面収納

背面収納は、キッチンの後ろ側にある壁面に収納スペースを作るリフォームです。食器棚や調理器具の収納、電子レンジや炊飯器などの家電製品など、1ヶ所にすべてを収納・設置できるのがメリット。

背面収納のリフォーム費用は、約20~50万円となります。扉を付けないタイプであれば安い費用で設置できますが、扉付きや機能性の高いタイプだと高額な費用が必要になります。収納重視でデザインにこだわりがなければ、便利な収納スペースをキッチンに設置できるでしょう。

キッチンに扉付きの背面収納を設置する場合、扉選びは慎重に行いましょう。設置場所によっては、観音開きタイプだと不便に感じることがあるので、その場合は引き戸タイプを選ぶことをおすすめします。

カラーボックス

キッチンの収納リフォームは、カラーボックスを設置する方法もあります。業者に依頼することなく、手軽にできる収納リフォームなので、誰でも簡単にできるのが魅力の一つ。カラーボックスは約1,000円で購入できるので、費用も安くて経済的です。

カラーボックスは、横に並べたり縦に積み上げたりなど、使い方はさまざま。自分が使いやすいように設置できるので、一度試してみてはいかがでしょうか?

 

有孔ボード

有孔ボードは、壁に収納スペースを作れる便利なアイテムです。キッチンの壁に有孔ボードを設置すれば、キッチン用品を壁にかけて収納できます。フライ返しやフライパンなど、壁にかけることでスッキリと片付いて、料理をするときも使いやすくなるでしょう。

賃貸マンションやアパートの場合、壁にいくつも穴を空けることができません。有孔ボードを使えば固定用に数か所の穴を空けるだけで大丈夫。費用も約1,000円と安いので、少しだけ収納スペースが欲しいという方は、ぜひ有孔ボードを使ってみてください。

 

収納リフォームを上手に使うポイント

キッチン リフォ―ム

http://refopedia.jp/kitchen-storage

 

キッチンを快適に使える収納リフォームですが、上手に使わなければ意味がありません。どんなリフォームでも同じですが、その後の使い方次第で利便性を十分に活用できるものです。ここでは、キッチンの収納リフォームを上手に使うポイントについてご紹介します。

 

キッチン用品・食品

最近ではさまざまな会社から便利なキッチン用品や、手軽に食べられる保存食品が販売されています。適当に収納してしまうと、「賞味期限が1ケ月も過ぎてる!」なんて食品であふれてしまうので注意しましょう。

 食品の保存場所を決めておく
 種類別に分けて収納する
 賞味期限が近いものを手前に置く
 調味料は取り出しやすい場所に保存する

 

これらの項目は、収納スペースを上手に活用するために大切なポイントです。物で溢れかえっているのではなく、キレイに整理整頓されたキッチンを作り上げましょう。

 

食器類

キッチンの収納スペースは、食器を収納できる場所でもあります。特に背面収納はキッチンボードが一体化した収納スペースなので、食器の収納に効果的。ですが、食器は毎日使うものなので、収納する際は以下のポイントに注意が必要です。

 毎日使う食器類は手の届きやすい位置に収納する
 来客用や大きな食器類は高い位置に収納する
 食器の種類や大きさに合わせて並べる

 

食器類を上手く収納するポイントは、使いやすく収納することです。使う頻度の多い食器類は、腰から目の高さくらいの場所に収納すると、出し入れが簡単になります。あまり使わない食器類は、あまり使うことのない高い位置に収納しておきましょう。

 

キッチンの収納リフォームで注意することって?

キッチン リフォ―ム

http://refopedia.jp/kitchen-storage

 

キッチンの収納リフォームをするときは、以下の2つに注意する必要があります。

 収納スペースの奥行を深くしない
 収納スペースはキッチン周りに設置する

 

収納スペースの奥行はとても重要で、深くし過ぎると使いづらくなってしまいます。例えば、奥にある食器を取り出すとき、取り出しづらいだけでなく、手前の食器を落としてしまう可能性も高いです。便利なキッチンの収納リフォームは、奥行次第で不便になるので注意しましょう。

 

キッチンにリフォームスペースがなく、離れた場所に収納スペースを設置するケースがあるようです。しかし、これではキッチンから収納スペースまでの行き来が面倒で、リフォームをした意味がありません。収納リフォームをするなら、必ずキッチン周りに設置しましょう。

キッチンの収納リフォームにはいくつかの種類があり、どれも利便性の高い収納スペースとなっています。「キッチンを快適に使いたい!」という方は、ぜひキッチンの収納リフォームを試してみてください。