• キッチン

キッチンのリフォーム費用相場徹底解説!プロ監修の適正価格まとめ

みなさんはキッチンのリフォームを考えたことはありませんか?
「もっと料理がしやすいキッチンにしたい」「収納スペースが増えればすっきりまとまったキッチンになるのに…」

どんなリフォームをするときでも、費用相場は気になるものですよね。どれだけお金がかかるかによって、リフォーム計画にも違いが出てきます。キッチンの形や種類、依頼する業者によって費用は変わりますが、適正価格を知っておいた方が良いでしょう。
ここではプロ監修の適正価格をまとめていますので、リフォーム費用の参考にしてください。

キッチンリフォームの費用相場

キッチンリフォーム

http://refopedia.jp/open-kitchen

 

キッチンはちょっとした機能性の違いで大きく金額が異なるため、費用相場は変わります。約50~150万円がキッチンリフォームの費用相場であり、どこまで機能性を持たせるかによって、高くなっていきます。

 

キッチンのグレード別費用相場一覧表

 

 I型キッチン(シンプル):約50~80万円
 L型キッチン(シンプル):約60~90万円
 対面型キッチン(シンプル):約70~100万円

 

 I型キッチン(スタンダード):約60~90万円
 L型キッチン(スタンダード):約70~120万円
 対面型キッチン(スタンダード):約80~130万円

 

 I型キッチン(ハイグレード):約70~120万円
 L型キッチン(ハイグレード):約80~130万円
 対面型キッチン(ハイグレード):約90~170万円

 

キッチンは使われている素材によりグレードが決まり、リフォーム金額も変わっていきます。例えば、ステンレス製シンクと人工大理石製シンク、引き出しの静音機能などに違いが出てきます。そのため、素材を重視する方はグレードを高めていきましょう。

また、素材だけではなくガスコンロとIHコンロの違い、収納スペースの設置などさまざまなあ違いがあります。一部分だけグレードアップさせるより、システムキッチンでまるごとリフォームした方が、使いやすさはバツグンに上がります。費用相場も安くなることがありますので、ぜひリフォームを検討してみてください。

 

キッチンタイプによる違いは?

キッチンリフォーム

http://refopedia.jp/open-kitchen

 

さて、グレードによる違いはわかりましたが、キッチンタイプごとにどんな特徴があるのでしょうか?それぞれのキッチンによるメリットやデメリットを知っていきましょう。

 

シンプルで安価なI型キッチン

一般的に使われているキッチンであり、バリエーションが豊富なI型キッチン。キッチンの広さを変えることは難しいですが、お部屋の間取りに合わせやすいことが特徴です。メリットとしては「安価」「省スペース」「自由度が高い」となります。

 

I型キッチンのメリット

費用一覧表を見てもわかりますが、3種類のキッチンの中で最も安価。できる限り安い金額でリフォームを行いたいのなら、こちらのキッチンを選ぶべきでしょう。省スペースで設置できる上に、シンプルでお部屋の雰囲気を崩しません。

また、小型サイズのキッチンだからこそ、お部屋のレイアウトと合わせやすくなっています。さまざまなバリエーションがあることから、キッチン選びの自由度も高いです。しかし、もちろんデメリットもあるため、注意しておきましょう。

 

I型キッチンのデメリット

I型キッチンはシンプルで使いやすいのですが、どうしても小型サイズであることがデメリット。狭い場所にでも設置できるため、作業スペースとしては使いづらい広さです。幅広い動線を考えているときには、どうしても使いにくいキッチンとなってしまいます。

また、一人で使う場合にはまだましですが、人数が増えてしまうと次々に動線が重なることが特徴。ただでさえ狭いなと感じるキッチンですが、二人以上で使用すると使いにくくなるでしょう。

 

効率的に使えるL型キッチン

I型キッチンと比べると作業スペースが広くなり、使いやすくなったL型キッチン。あちこちに動き回る必要がないので、動線が長くなりません。メリットとしては「作業の効率化」「広く使える」「自由度が高い」となります。

 

L型キッチンのメリット

L型キッチンは少し費用が高くなりますが、作業の効率化が図れるため、楽に使えるキッチンとなります。広いスペースになっているので、複数人で作業をするときにも、動線が重なりづらいこともメリット。

I型に次いで良く使われているキッチンタイプのため、幅広いバリエーションがあることも特徴の一つ。費用以外でI型キッチンに負けているイメージはありませんが、どんなデメリットがあるのでしょうか?

 

L型キッチンのデメリット

L型キッチンは広く使えるところは良いのですが、どんな配置を行うかによって使いやすさは変わります。細かく設置スペースを考えておかないと、キッチンがごちゃごちゃしてしまいます。さらに、コーナー部分は手が届きにくいため、デッドスペースになってしまいがち。

作業の効率化が図れるキッチンではありますが、ちゃんと考えて使わないと、余計に効率が悪くなってしまいます。シンプルに使いたいだけなら、L型キッチンを選ばないのも一つの手でしょう。

 

コミュニケーションの取りやすい対面型キッチン

キッチンリフォーム

http://refopedia.jp/dining-table

 

これまでのキッチンと違い、壁を向かずに調理ができる対面型キッチン。家族やお客さんとのコミュニケーションが取りやすいので、料理が一段と楽しくなりますよね。こちらのメリットとしては「デザイン性」「コミュニケーション」となります。

 

対面型キッチンのメリット

スタイリッシュな対面型キッチンは、お部屋のインテリアとしてもデザイン性に優れています。ダイニングからの景観が良くなり、雰囲気のあるキッチンとして活躍してくれます。もちろんキッチンを使う上でも、狭さを感じず快適に調理ができるでしょう。

さらに、ダイニングとのコミュニケーションが取りやすくなることもメリット。例えば、小さな子供の様子を見ながらキッチンを使えますし、勉強を教えながらでも問題ありません。周りの状況が確認しやすいので、家族の中が深まるでしょう。非の打ち所がないようなキッチンに感じますが、デメリットなんてあるのでしょうか?

 

対面型キッチンのデメリット

対面型キッチンを作る上で重要なことは、広いスペースが必要なこと。狭いダイニングには設置できないため、大きな自宅でないと取り入れられません。もちろん無理やり設置することもできますが、かなり使いづらいキッチンとなってしまうでしょう。

また、キッチンの位置が変更になるため、配管にも気を付けなければなりません。水やガスを通せなければ、キッチンとしての機能を果たせなくなります。さらに、配管スペースに余裕があったとしても、高額リフォームになりやすいです。そのため、費用を抑えたい方にはおすすめできないでしょう。

 

キッチンリフォームの注意点

キッチンリフォーム

http://refopedia.jp/dining-table

 

キッチンリフォームでは特に水回りに注意しなければなりません。見た目では問題ないと感じていても、予想以上に床板が傷んでいることがあります。リフォーム業者に見積もりを依頼していても、実際に見てみなければ実際の傷みはわかりません。事前に業者と入念に話し合っておき、補修費用が発生する場所を聞いてスムーズなリフォームを行いましょう。

また、見積もりを出した後から、追加したい機能が発生することもあります。必ず業者とイメージをすり合わせて、理想のキッチンに近づける努力をしてください。あなたの頭の中を業者が確認することはできないので、イメージの共有を行うことが大切です。

 
さらに、一社に見積もりを依頼するのではなく、複数の業者に依頼してください。キッチンの仕入れに精通している業者がいれば、水回りのトラブルに強い業者もいます。どの業者があなたに合ったリフォームを行えるかはわかりません。

複数の業者に見積りを出して、その中からあなたに合った業者を選んでください。理想のキッチンを作るために、あなたもリフォーム計画を進めてみてはいかがでしょうか?