うち壁リフォームのメリットは?気になる費用相場はどれくらいなの?

「お部屋の模様替えをしたい」「うち壁をおしゃれな雰囲気に変えたい」自宅のリフォームを考えている方の中には、壁の塗装を塗り替える、または壁紙を張り替えるうち壁リフォームを検討している方はいませんか?

そんなうち壁のリフォームですが、塗装と壁紙ではどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか?今回は、うち壁リフォームのメリットや、リフォームにかかる費用相場、自分で壁紙を張り替える方法などについてご紹介していきます。

うち壁リフォームのメリットとデメリット

うち壁リフォームを行う方法には、大きく分けて「壁の塗装」「壁紙の張替え」の2種類があります。そこで気になるのは、どちらのうち壁リフォームの方が良いのかという点ではないでしょうか?ここでは、2種類のうち壁リフォームのメリット・デメリットについてご紹介していきます。

塗装する場合のメリット・デメリット

塗装によるうち壁リフォームのメリットには、以下のようなものがあります。

 壁紙には出せない質感でおしゃれな雰囲気を演出できる
 自分好みのカラーでお部屋の壁を塗装できる
 壁が汚れても部分的に修復できる
 壁紙の張替えと違って廃材が出ず処分する手間がかからない

これらは塗装による内壁リフォームのメリットになります。塗料ならではの質感によって、壁紙では出せないおしゃれな雰囲気へと仕上げられます。さらに、塗料は混ぜることで自分好みのカラーを作れるので、よりおしゃれ感のあるお部屋、または個性的なお部屋へと念心させられるでしょう。そして、壁紙ならできない部分的な修復も塗装ならできますし、廃材が出ないため処分する手間がなくなり、環境にも優しいリフォームができるでしょう。

そんな塗装によるうち壁リフォームのデメリットですが、壁紙の張替えと比べて手間が欠かる、塗装時のニオイがきになるというものがあります。また、手間のかかる塗装の内壁リフォームは施工費用が高くなるというデメリットがあります。

壁紙を張り替える場合のメリット・デメリット

壁紙を張り替えるうち壁リフォームのメリットには、以下のようなものがあります。

 塗装と比べてリフォームの手間がかからない
 室内の空気を汚さない
 デザイン性の高いおしゃれな雰囲気を演出できる
 機能性の高い壁紙なら簡単なお手入れでキレイな状態を保てる
 いつでも気軽にお部屋の模様替えができる

これらは壁紙を張り替えるうち壁リフォームのメリットになります。現在の壁紙を剥がして新しい壁紙を貼るだけなので、塗装に比べて簡単にうち壁リフォームができます。さらに、壁紙の張替えには専用ののりを使用するだけなので、塗料のようなニオイを発生させず、乙内の空気を汚しません。

また、機能性の高い壁紙を使えば抗菌・消臭効果や防カビ効果を期待できるため、定期的に拭き掃除をするだけでキレイな状態を保てるでしょう。さらに、壁紙の張替えは自分でもできる簡単なうち壁リフォームなので、いつでも気軽にお部屋の模様替えができるというのは大きなメリットではないでしょうか?

そんな壁紙の張替えによるうち壁リフォームでのメリットですが、張替えの際に廃材が出る、自分で行うとシワができる、つなぎ目がズレるというものがあります。さらに、高さのある壁では一人で張り替えることが難しいので、友人や家族の協力が必要になるというデメリットがあります。

うち壁リフォームで知っておきたい重要な3つのポイント

うち壁リフォームを行うときには、「塗料の選び方」「壁紙の張り替え方」「専門業者を利用する」という3つのポイントがあります。快適にリフォーム作業を行う、または失敗せずに壁紙を張り替えるなど、知っておけばうち壁リフォームに失敗する可能性が低くなるでしょう。ここでは、そんなうち壁リフォームで知っておきたい重要な3つのポイントについてご紹介していきます。

塗装するなら体に害の少ない塗料を選ぶ

塗装をされる場合は、室内に体に害のある塗料独特のニオイが充満してしまうもの。しかし、壁用塗料の中には体への害が少ない塗料も販売されています。そのほとんどは水性塗料となっていて、使用後は乾くまでに時間はかかるものの、ツーンとしたイヤなニオイがあまり気になりません。

しかし、水性塗料の中にも体に害のあるものがあるので、購入前にはきちんと確認しておくことが大切です。自分でわからない場合は、お店のスタッフに尋ねて目的の塗料を手に入れましょう。

壁紙を使う場合はつなぎ目やシワに要注意!

壁紙を使ってうち壁リフォームをされる場合は、壁紙のつなぎ目に注意が必要です。特に、キャラクターが描かれている、または細かいデザインとなっている壁紙は、つなぎ目と同時に絵柄をキレイに合わせることも大切です。つなぎ目や絵柄がズレてしますと見た目が悪くなってしまうので、慎重に張替え作業を行いましょう。

また、高さのある壁や広範囲のうち壁リフォームを行う場合、1人で作業を行うと壁紙にシワができる場合があります。キレイに仕上げるのであれば家族や友人に手伝ってもらい、シワにならないよう丁寧に壁紙を貼り付けていきましょう。

キレイに仕上げたいなら専門業者に依頼する

「色ムラができるのはイヤ!」「不器用だから自分でうち壁リフォームなんてできない!」そんな方は、リフォームのプロである専門業者に依頼してみてはいかがでしょうか?自分でうち壁リフォームを行うのに比べて施工費用は高くなりますが、施工後の仕上がりには高いクオリティが期待できます。

うち壁リフォームの気になる費用相場はいくら?

うち壁リフォームをされる場合、一番気になるのはリフォームにかかる費用ではないでしょうか?塗装と壁紙で施工費用が異なるため、室内の壁をリフォームされる場合は、それぞれの費用相場を知っておくと予算の計画を立てやすくなるでしょう。それでは、専門業者へうち壁リフォームを依頼した場合の費用相場についてご紹介していきます。

塗料を使ったうち壁リフォームの費用相場

塗料を使ったうち壁リフォームにかかる費用相場は、約5~15万円となっています。塗装をする壁の面積や使用する塗料の種類、塗料を長持ちさせるための下地処理を行うため、ある程度の費用が必要になります。

ちなみに、リフォーム費用が安い業者へ依頼する場合は、必ず見積もりを確認するようにしてください。というのも、業者によっては下地処理を行なっていないところもあり、その分リフォーム費用を安くしているところもあるからです。下地処理をしていない場合は塗装が剥げやすくなるため、費用は高くなりますが必ず下地処理を行なっている業者を選ぶようにしてください。

壁紙を張り替えるうち壁リフォームの費用相場

壁紙を張り替えるうち壁リフォームにかかる費用相場は、1㎡あたり約2,000円となっています。ですが、この費用相場は一般的なグレードの壁紙を使用した場合の費用なので、グレードの低い壁紙であれば、1㎡あたり約1,600円~と低価格でうち壁リフォームができます。※DIYで行った場合の費用です。

また、デザインや壁紙の質にこだわる方やリフォーム範囲が広い場合は、相場よりも高い費用が必要になることがあります。しかし、特にこだわりがないのであれば、少ない予算でお部屋の雰囲気を変えられるでしょう。

うち壁リフォームはDIYで簡単にできる!

うち壁リフォームはDIYでもできることを知っていますか?最近ではホームセンターでも壁紙を購入できるところが増えているため、誰でも簡単に壁紙の張替えができるようになっています。ここでは、そんなDIYによるうち壁リフォームについてご紹介していきます。

DIYなら貼って剥がせる壁紙がおすすめ!

DIYでうち壁リフォームをするなら、失敗してもやり直しができる「貼って剥がせる壁紙」の使用をおすすめします。貼って剥がせる壁紙はDIY初心者の方でも使いやすく、剥がすときは壁を傷つけず剥がせるため、賃貸物件でのリフォームも問題ありません。そのため、一人暮らしをされている方の中には、貼って剥がせる壁紙を使って、お部屋の模様替えをしている方も多いようです。

壁紙セットを購入すれば初心者でも挑戦できる

DIYで壁紙を張り替えるのであれば、壁紙や張替えに必要なアイテムが揃っている「壁紙セット」を購入してみてはいかがでしょうか?これ1つですぐにうち壁リフォームができるので、購入しておけばいつでも好きなときの壁紙の張替えができます。さらに、必要な道具を買い揃える必要がないので、一つひとつ購入するよりも費用を抑えることもできるでしょう。

うち壁リフォームでおしゃれなお部屋に仕上げよう!

うち壁リフォームには「塗装」「壁紙」2種類の方法があり、それぞれで仕上がりの質が異なります。塗料だから出せる質感や、絵柄や模様などでおしゃれ感を出せる壁紙など、自分が求める仕上がりにあった方を選ぶと良いでしょう。

また、DIYでうち壁リフォームをされるのであれば、貼って剥がせる壁紙の使用をおすすめします。失敗してもキレイに剥がせて貼り直せるので、初心者の方でも簡単に壁紙の張替えができるでしょう。しかし、「自分でリフォームするのはちょっと不安…」という方は、専門業者に依頼してみてはいかがでしょうか?



Page Top