• 壁・内装
更新日:2019/02/20

和室から洋室へ!リフォームの費用相場や注意すべきポイントとは?

「おしゃれな洋室のお部屋に憧れる」「床をお手入れの楽なフローリングに変えたい」人によって理由はさまざまですが、和室から洋室にリフォームしたいと考えている方は多いのではないでしょうか?最近では洋室のお部屋が多い住宅が多く、和室よりもおしゃれな空間を演出しやすいのも洋室の特徴です。

しかし、元々和室のお部屋を洋室へと変えるためには、一体どれくらいの費用が必用になるのでしょうか?今回は、和室から洋室へと大変身させるリフォームの費用相場や注意すべきポイントなどをご紹介していきます。他にも、洋室にするメリットについてもご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

和室から洋室へとリフォームを行なう費用相場はいくら?

和室から洋室へのリフォームを行うときに気になることといえば、やはり費用相場ではないでしょうか?どこにどれくらいの費用がかかるのかを知らなければ、リフォーム後には予算を大幅に超えた費用を請求されるかもしれません。

そんなことにならないためにも、洋室へのリフォームを考えている方は、事前に費用相場を知っておくことをおすすめします。それでは、和室から洋室へとリフォームを行なう費用相場について、変更する部分別にそれぞれの費用を見ていきましょう!

フローリングへの変更に必用な費用

和室といえば畳を使用したお部屋なので、まずは床をフローリングに変える必用があります。このフローリングへ変えるときに必用な費用ですが、約10~20万円が相場となっているようです。費用はお部屋の広さはもちろんのこと、使用する建材の材質や機能性によっても異なります。

そのため、明確な費用が知りたい方は、依頼をする前に業者へと相談して見積もりを出してもらうと良いでしょう。予算が決まっている方はその旨を伝えることで、あなたにピッタリのプランを提案してくれるかもしれませんよ!

壁・天井のリフォームに必用な費用

和室と洋室では壁や天井の雰囲気が異なるので、洋室に合ったリフォームを行なう必用があるでしょう。そんな壁・天井のリフォームにかかる費用ですが、約15~30万円が相場となっているようです。

フローリングへのリフォームと合わせると費用が高くなりますが、依頼する業者によっては一緒に依頼をすることで割引をしてくれることもあるそうです。完全な洋室を目指すのであれば床だけでなく壁や天井も変える必用があるので、いくつかの業者に相談して、一番安い費用で施工を行ってくれる業者に依頼してみましょう!

クローゼットへの変更に必用な費用

押入れのある和室を洋室へとリフォームする場合は、違和感をなくすためにも押入れをクローゼットへと変える施工が必用になるものです。そんなクローゼットへのリフォームにかかる費用ですが、約25万円が相場となっているようです。

元の押入れの広さにもよりますが、専用ユニットの挿入やハンガーを掛けるためのパイプを設置するため、このような費用が必用になります。さらに、ふすまからクローゼット用の扉へと変えるため、ある程度の費用がかかるようですね。

洋室にリフォームするメリットには何があるの?

新築には和室を設けている住宅が多いですが、リフォームをされる方の多くは和室から洋室へと変える方が多い傾向があります。洋室なら現代風のおしゃれなお部屋に仕上げることができますし、生活をする上でいくつかのメリットがあるため、洋室へと変える方が多いのでしょう。

ここでは、洋室へリフォームするメリットについてご紹介していきます。メリットには3つあるので、リフォームを検討されている方はぜひ参考にしてみてください!

おしゃれなお部屋へと仕上げることができる

洋室へのリフォームは、和室ではできないおしゃれなお部屋へと仕上げられることすることが一番のメリットです。外国の家に住んでいるような雰囲気を演出することができますし、ハロウィンやクリスマスなどのイベントに合わせた装飾を楽しむことができるのは、洋室でしかできないことです。

また、家具のジャンルによって自分らしいお部屋を演出することもできるので、個性を活かしたお部屋を作り上げることもできるでしょう。使っていない和室があるという方は、ぜひ洋室へとリフォームして、生まれ変わったお部屋を活用してみてください!

和室と比べて掃除が楽にできる

洋室へリフォームする2つ目のメリットは、和室と比べて掃除が楽にできることです。和室に使用されている畳は目に沿って拭き掃除や掃除機をかける必用があるため、1部屋を掃除するだけでも面倒に感じる方は多いでしょう。さらに、飲み物をこぼしたときの片付けも大変ですし、場合によってはシミができてしまうことも・・・。

しかし、フローリングなら畳のような面倒な作業をする必用がありませんし、飲み物をこぼしたとしてもその部分を拭き取るだけで、シミになることもなくキレイに拭き取れます。掃除が楽にできれば時短にも繋がるため、毎日の掃除が苦にならなくなるのではないでしょうか?

重量のある家具を設置しても床が凹まない

和室に重たい家具を置いてしまうと、畳が凹んでしまい、模様替えをする際に気になってしまうなんてことはありませんか?一度凹むとそこから畳が傷んでしまうため、傷みが激しい場合は畳を張り替えなければなりません。

しかし、床をフローリングへと変えれば、重量のある家具を設置しても床が凹んでしまう心配がありません。そのため、お部屋にベッドやソファーを置いていたとしても、床の凹みを心配する必用がなくなるでしょう。

洋室にリフォームするときに注意すべきポイントって?

和室から洋室へのリフォームにはメリットがあることをご紹介しましたが、注意すべきポイントが3つあります。何も知らずに行ってしまうと、「和室のあまの方が良かったかも・・・」「なんだかイメージと違う・・・」なんてことになるかもしれません。

それでは、洋室にリフォームするときに注意すべき3つのポイントについてご紹介していきます。和室から洋室に変えることを検討している場合は、事前に注意すべきポイントを把握しておくと失敗する心配がなくなりますよ!

部分的なリフォームは中途半端な仕上がりになる

元々のお部屋の作りや雰囲気によって異なりますが、部分的な洋室へのリフォームを行った場合、中途半端な仕上がりになる可能性があるので注意が必用です。よくある部分的なリフォームの中には、床をフローリングに変える、壁や柱むき出しのままといったケースがあります。

これでは和室の要素が強く残ってしまうため、洋室らしいおしゃれな雰囲気を求めている方は、お部屋全体をリフォームすることをおすすめします。しかし、注意点を踏まえた上で部分的に室内を変えるのであれば、費用を最小限に押させることができるでしょう。

フローリングの強度・防音性には要注意

洋室へのリフォームで特に注意してほしいのが、フローリングの強度と防音性です。強度の弱い材質を使った場合、凹む心配はなくても家具によって床にキズが付きやすくなってしまいます。

また、フローリングは畳と比べて防音性が低いので、リフォームのときは遮音性の高い素材を選ぶことが大切です。特に、2階以上のマンションやアパートに住んでいる方は、下の階に生活音が響いてしまうので、ご近所トラブルを防止するためにも注意が必用になるでしょう。

お部屋の広さによっては開き戸が不便に感じる

洋室へとリフォームするお部屋の広さによっては、設置する扉に注意が必用になります。洋室の扉は開き戸が多いですが、元々和室だったお部屋が狭い場合は、開き戸にすることで生活が不便に感じることがあります。

最近では洋室向けに作られたスライド式の扉があるので、リフォームしたお部屋が狭い場合には、こちらのドアを使ったリフォームを依頼してみましょう!また、このような扉はクローゼットにも採用することが可能なので、お部屋を広々と使いたい方は業者に相談することをおすすめします。

おしゃれなお部屋を目指すなら洋室にリフォームしてみよう!


おしゃれなお部屋を目指している方は、和室からと洋室へとリフォームしてみませんか?和室から洋室へと変わるだけでお部屋の雰囲気がガラリと変わりますし、好きなデザインの家具を設置することで個性を活かしたおしゃれなお部屋へと仕上げることができます。

季節のイベントに合わせた装飾も洋室なら合わせやすいので、和室ではできないおしゃれな空間を作ることができますよ!掃除が楽にできる、床が凹まないといったメリットもあるので、洋室に変える価値は十分にあるといえるでしょう。しかし、リフォームをするにあたって注意すべきポイントもいくつかあるので、ぜひこの記事を参考にして、納得できる洋室リフォームができるよう業者に相談してみましょう。