• 壁・内装
更新日:2019/02/22

壁面収納を作るメリットは?リフォーム費用の相場や注意点まとめ

収納スペースを増やすことができることで人気を集める壁面収納リフォーム。壁を使ったリフォームを行うことで、空きスペースを有効活用することができるのが特徴です。プロの業者に頼んでリフォームすることもできれば、DIYで壁面収納を作ることもできるんですよ!

そんな壁面収納リフォームですが、お部屋に作るメリットやデメリットには何があるのでしょうか?また、リフォーム費用の相場はいくらになっているのでしょうか?今回は、そんな壁面収納リフォームについて、メリット・費用相場・注意点などをまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてください。

リフォームで壁面収納を作るメリットとは?

壁面収納リフォームを行うのであれば、どんなメリットがあるのかを知っておくことが大切です。最近では収納に便利なアイテムが数多く販売されていますが、それらを使うのではなくリフォームをする利点には何があるのでしょうか?

ここでは、リフォームで作る壁面収納のメリットについて、5つのポイントをご紹介していきます。自分が満足できるリフォームを行うためにも、ぜひご紹介するメリットを参考にしてみてください。

ムダなスペースを有効活用できる

お部屋の間取りによっては凸凹としたムダなスペースが作られている場合がありますが、壁面収納はそのようなスペースを有効活用することができます。奥行10cmから収納スペースを壁に作ることが可能なので、収納家具を設置できないような部分をリフォームすることができます。

奥行が浅ければオープン収納にすることで見せる収納ができますし、奥行が深ければ扉をつけて隠す収納が可能です。リフォームをするスペースによって収納方法を変えることができるので、理想的なお部屋に仕上げることができるでしょう。

お部屋の雰囲気に合ったデザインに仕上げることが可能

壁面収納の最大のメリットは、お部屋の雰囲気との統一感を得られることです。デザイン性が高い壁面収納をリフォームで作れば、統一感はあるのにこれまでとは違ったおしゃれな雰囲気を演出することもできますよ!

ちなみに、壁面収納は壁一面を使って作るリフォームです。そのため、お部屋の雰囲気に合ったデザインにすることで、まるで最初から設置されていたかのような自然な仕上がりになります。

低予算でも収納スペースを作ることができる

リフォームという言葉を聞くと高額な費用が必要になるイメージがありますが、壁面収納の場合は低予算でも収納スペースを作ることができます。費用は依頼する業者やリフォームの方法、施工範囲や収納のデザインによって異なります。

そのため、きちんと計画と予算を考えてリフォームを行なえば、予算内で理想的な収納スペースを作ることができるでしょう。または、業者のスタッフに自分のイメージを伝えて、予算内に収まるリフォームができるのかを相談してみるのも良いかもしれませんね!

ムダな隙間がないので毎日の掃除が楽になる

壁面家具リフォームはムダなスペースを使ったリフォームなので、家具を設置したときのような隙間がないので、お部屋の掃除が楽にできるといったメリットがあります。さらに、壁一面を収納スペースにした場合は棚の上部が天井にピッタリとくっついているため、家具のように棚の上にホコリが溜まることがないというのも嬉しいポイントの一つになるでしょう。

見せる収納ならおしゃれな雰囲気を演出できる

壁面収納リフォームをして見せる収納を作るのであれば、お部屋をおしゃれな雰囲気に演出することができます。例えばですが、収納スペースの一部にインテリアを飾る、または同じサイズの書籍をキレイに並べるなど、ちょっとした工夫でおしゃれなお部屋に仕上げることができます。

リビングであればテレビボートとしても使える壁面収納、キッチンであれば調味料を並べる壁面収納などを作って、自分なりにおしゃれなデザインへと仕上げてみてはいかがでしょうか?

壁面収納を作るデメリットには何があるの?

壁面収納リフォームはメリットの多い収納スペースを作ることができますが、いくつかのデメリットもあるので、リフォームをされる方は事前に把握しておくことが大切です。「イメージと違った・・・」「これなら元のままが良かった・・・」など、デメリットを知らないがために後悔することになるかもしれません。

ここでは、そんな壁面収納を作るデメリットについて、4つのポイントをまとめてみました。収納スペースを作るためにリフォームを検討している方は、ぜひ参考にして満足できるリフォームを行ってみてください。

収納スペースの移動ができない

壁面収納リフォームは壁に収納スペースを壁に固定しているので、家具のように自由に移動させることができません。そのため、一度設置した壁面収納の位置を変えることができないので、リフォームをする場合は設置場所をしっかりと考えておくことが大切です。

大きな壁面収納は圧迫感を与える

壁一面に設置した壁面収納があるお部屋には、圧迫感を与えるといったデメリットがあります。そのため、寝室やリラックスできるお部屋へのリフォームは、あまりおすすめできないでしょう。

ですが、いくつかの棚を設置するような壁面収納であれば、圧迫感を与えない収納スペースを確保することができますよ!圧迫感を与えないリフォームを目的とされている方は、壁に部分的な収納スペースを作ってみてください。

オープン収納は棚の部分にホコリが溜まりやすい

扉のついていないオープン収納の場合、棚の部分にホコリが溜まってしまうため、掃除が面倒に感じてしまいます。そのため、便利に活用できてお手入れが簡単な壁面収納を作るリフォームで作るのであれば、ホコリの侵入を防ぐために扉を設置することをおすすめします。

収納方法によっては見栄えが悪くなる

扉付きの壁面収納であれば問題ありませんが、オープン収納の場合は収納方法によって見栄えが悪くなってしまいます。そのため、見た目を気にするのであれば常に整理整頓をしておかなければいけないので、面倒に感じる方は扉付きの壁面収納がおすすめでしょう。

壁面収納リフォームにかかる費用相場はいくら?

壁面収納リフォームには大きく分けて3種類の施工方法があり、それぞれでリフォームにかかる費用が異なります。もちろん業者によっても費用は異なりますが、予算を決めるためにもある程度の費用相場は知っておきたいものですよね!

そこで、ここでは壁面収納リフォームにかかる費用相場について、施工方法別にご紹介していきます。自分の目的に合ったリフォーム費用はいくらなのか、予算内に収まる施工方法には何があるのかを知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

オーダー家具なら約20~100万円

オーダー家具は、家具職人に自分の好きなデザインで背面収納を作ってもらうことができます。そして、リフォームでは作られた壁面収納を目的の場所に取り付けることで完成となります。

この施工補法を使った費用相場は、デザイン・大きさ・使用する素材によって異なりますが、約20~100万円となっています。デザイン性の高いものを依頼すれば高額な費用が必要になりますが、場合によっては20万円程で満足できるリフォームが行えるでしょう。

システム収納なら約20~80万円

システム収納は、パーツを組み合わせることで壁面収納を作る施工方法です。凸凹とした間取りが多いマンション向けに作られたものもあるので、どんな住宅に住んでいる方でも満足できる仕上がりとなるでしょう。

この施工補法を使った費用相場は、約20~80万円となっています。ですが、スペースの広いお部屋に設置するために特注サイズを依頼した場合は、相場よりも高額な費用が必要になる場合があるので、明確な費用が知りたい方は業者の方に見積もりを出してもらいましょう。

造り付け家具なら約25~30万円

造り付け家具は、大工職人が実際に自宅へと訪問して、現場で壁面収納を設置するリフォームを行う施工方法です。マンションでのリフォームでは利用できませんが、一戸建ての住宅でリフォームをされる方であれば、収納スペースが必要な場所に壁面収納を作ってもらうことが可能です。

この施工方法を使った費用相場は、約25~30万円となっています。上記でご紹介した2種類の施工方法に比べて一番安い費用で行えるので、低予算で壁面収納リフォームを検討している方にはおすすめでしょう!

DIYでも壁面収納リフォームができる

壁面収納リフォームはプロの業者に依頼するだけでなく、DIYでも収納スペースを作ることが可能です。業者に依頼するよりは低予算で作ることができますし、自分の思い通りのデザインに仕上げることも可能です。

壁かけラックを使えば画像のように本を収納することができますし、ぬいぐるみを一緒に飾っていれば見せる収納にもなりますよ!デザイン性を求めるのであれば業者へ依頼する、オリジナルの収納スペースを作りたい方はDIYで壁面収納リフォームを試してみてください。