• その他リフォーム
更新日:2019/08/19

窓のサッシをリフォームするメリットは?気になる費用相場はいくら?

「季節によって室内の温度変化が激しい」「窓のサッシが劣化している」このような方は、窓のサッシをリフォームしてみてはいかがでしょうか?サッシを変えるだけで快適な生活空間を実現できますし、省エネ効果を得ることもできるんですよ!

そんなサッシにはさまざまな種類があり、目的や用途に合わせて選ぶことができます。材質によっては窓の形状を問わずリフォームできますし、自分好みのデザイン・カラーへと仕上げることも可能です。

今回は、そんな窓のサッシのリフォームについてご紹介していきます。リフォームの費用相やどんなリフォームがおすすめなのか、サッシの交換を検討している方が気になる情報をまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

サッシのリフォームはメリットがいっぱい!

まずはサッシをリフォームするメリットについてご紹介していきます。どんなリフォームにもいえることですが、自分にとってメリットがなければ行う意味がありませんし、人によっては「リフォームしなくても良かった・・・」と後悔してしまう場合があります。

しかし、リフォーム前にどんなメリットがあるのかを知っておけば、失敗や後悔をする心配がなくなりますよ!それでは、サッシのリフォームにどのようなメリットがあるのか、一つひとつ見ていきましょう。

<h3>温度差で発生する結露を防止できる</h3>

冬になると屋外と屋内の温度差によって結露ができてしまい、湿気やカビの原因となってしまいますよね?しかし、リフォームによってサッシの材質を変えることで、結露の発生を防止する効果を得ることができます。

結露の発生を押させることができれば、湿気やカビ対策はもちろん、定期的に窓を拭く手間を省くことができるでしょう。冬になると結露に悩まされているかたは、ぜひサッシをリフォームしてみてはいかがでしょうか?

断熱効果で光熱費がお得に!

リフォームに使用するサッシを「樹脂製」にすることで、断熱効果を得ることができます。季節を問わず室内の温度を快適に保つことができるので、暖房やエアコンの使用頻度が少なくなり、光熱費を抑えることができますよ!

ちなみに、樹脂製のサッシは元々海外で一般的に使用されていたものですが、最近では日本での普及率が高まっていて、特に北海道や東北地方では普及率が約90%もあるといわれています。そのため、北海道や東北地域では他の地域に比べて、樹脂製サッシのリフォーム経験豊富な業者が多いといわれています。

外から入る音を遮断できる

赤ちゃんのいる家庭や静かな環境が好きな方の中には、窓からの騒音に悩んでいる方はいませんか?既存のサッシの材質や劣化したサッシは、車の走行音や通行者の声などを室内に入れてしまうといわれています。

しかし、サッシをリフォームすれば遮音効果を得られるので、外から入ってくる音を遮断することができますよ!しかし、材質によっては遮音効果を得られないので、リフォームを依頼する際は材質選びに注意しましょう。

自分好みの窓に仕上げることが可能

サッシには「アルミ製」「樹脂製」「木製」「複合サッシ」の4種類があり、一般的には銀色でシンプルなアルミ製のサッシが使用されています。しかし、樹脂製であればカラバリが豊富ですし、木製であれば落ち着いた雰囲気を演出させることができますよ!

サッシを変えるだけで自分好みの窓に仕上げることができるので、住宅のリフォームによって雰囲気を変えたいという方は、同時にサッシのリフォームも行ってみてはいかがでしょうか?

サッシのリフォームにかかる費用相場

リフォームを行うにあたって特に気になるのが、サッシの交換にかかる費用相場ではないでしょうか?費用相場がわからなければ予算を立てることができませんし、なかなかリフォームに踏み出すこともできないでしょう。

そこで、ここではサッシのリフォームにかかる費用相場についてまとめてみました。「サッシの材質」「リフォーム自体の費用」「パーツの交換費用」の3つに分けてご紹介しているので、ぜひ参考にしてサッシのリフォームに役立ててみてください。

使用するサッシの材質によって費用が異なる

上記でもご紹介しましたが、リフォームで使用するサッシの材質には「アルミ製」「樹脂製」「木製」「複合サッシ」の4種類があります。そんなサッシの材質の費用相場ですが、数万円~約20万円といわれていて、同じ材質の中でもさらにグレードが分かれているようです。

グレードの高いサッシほど高額な費用が必要になるので、実際にリフォームをされるときには業者に相談して、目的や用途に合った材質とグレードを選ぶようにしましょう。

リフォーム自体の費用相場は約3~10万円

リフォーム自体にかかる費用相場は、以下のようになっています。

  • 小窓・・・約3~5万円
  • 腰高窓・・・約5~8万円
  • 掃き出し窓・・・約7~10万円

窓の大きさによってリフォーム費用が異なり、さらにリフォームを行う窓の数によっても費用が異なります。また、基本的な費用相場はご紹介した金額ですが、業者によっては異なる可能性があります。ですので、依頼する前には複数の業者を比較してみると良いでしょう。

パーツの交換費用の相場は約2万円

サッシには窓ガラスをサッシの隙間にしっかりとはめ込む「ビート」、窓のカギとなる「戸車」などが付いています。そのため、リフォームをする際にはこれらのパーツを交換する必要があり、別料金が発生します。

そんなサッシのパーツにかかる費用ですが、それぞれの交換費用は約2万円といわれています。場合によっては交換不要の場合もあるようですが、ほとんどの場合が交換しなければならないので、パーツの交換費用も予算に入れておきましょう。

おすすめのサッシリフォームは?

サッシの種類によっては得られる効果が異なるので、「どんなサッシリフォームをすればいいの?」と悩んでいる方は多いのではないでしょうか?そんな方のために、ここではおすすめのサッシリフォームをご紹介していきます!サッシのリフォームに悩んでいる方は、ぜひ参考にして満足できるリフォームを行ってみてください。

「樹脂サッシ」なら窓の形状に関係なくリフォーム可能

基本的な窓の形状は四角いものが多いですが、最近では丸い形状の窓を使用している住宅もあります。このような形状の窓のサッシをリフォームするのであれば、「樹脂サッシ」がおすすめです。

窓の形状に関係なく使用できる材質なので、さまざまな形状の窓にも使用できますよ!また、樹脂製のサッシはカラバリも豊富なので、住宅の雰囲気に合わせたリフォームも可能です。

「複合サッシ」ならサビに強く断熱効果を得られる

複合サッシとは、アルミ製と木製を組み合わせたサッシと、アルミ製と樹脂製を組み合わせたサッシのことです。アルミ製と木製の場合、見た目はオシャレではありますが、湿気や結露によって木が傷んでしまいます。

しかし、アルミ製と樹脂製でそれぞれのメリットを得られるので、サビに強く断熱効果を得られるリフォームが行えるでしょう。耐久性が高く光熱費を抑えることができるので、アルミ製と樹脂製の複合サッシはとてもおすすめですよ!

パーツの交換はリフォーム業者への依頼がおすすめ

サッシのリフォームでほぼ必須となるパーツの交換ですが、戸車であればホームセンターで購入できるといわれています。価格も約2,000円とリーズナブルなので自分で交換される方も多いようですが、購入したパーツがサッシに合わないというケースも多いです。もしも購入したパーツがサッシに合わなければムダな出費を出すことになるので、交換する際は専門業者への依頼がおすすめですよ!

サッシをリフォームして快適な生活空間を作ろう!

リフォームに使用されるサッシには4種類あり、それぞれで得られる効果・見た目・耐久性が異なります。そのため、目的や用途に合わせて材質を選ぶことが、サッシをリフォームするポイントといえるでしょう。

また、最近ではメリットが豊富な樹脂製サッシの普及率が増えているようです。機能性を重視される方は、ぜひこちらの材質を使ったサッシリフォームを検討してみてはいかがでしょうか?