• その他リフォーム

建て替えと全面リフォーム(リノベーション)どちらがお得?

家の築年数が一定以上になると、検討するようになるのが建て替えや全面リフォーム(リノベーション)。

双方にどういったメリットやデメリットがあり、最終的にどちらがお得なのか、という点が一番の悩みどころかと思います。

「全面リフォームをするくらいなら、建て替えてしまったほうが良いのかな?」

「全面とはいえ、リフォーム。きっと建て替えよりお得なはず」

など、様々な思いを巡らせる方も少なくはないでしょう。

そこで今回の記事では、建て替えと全面リフォームの費用やメリット・デメリットを徹底的に比較していこうと思います。

ご自宅のリニューアルについて悩まれている方は、ぜひ参考にしてください。

全面リフォーム(リノベーション)とは

全面リフォーム(リノベーション)とは、今ある家の活かせる部分は活かしつつ、家族構成やライフスタイルの変化に合わせて、住まいをより住みやすく、機能をバージョンアップさせること、そして、そこに付加価値をつけることを指します。

空間をよりデザイン性の高いものに改良したり、間取りや内外装などを変更したりすることなどが意味に含まれており、ライフスタイルに合わせて住居をアレンジできることから、近年では非常に人気が高まってきているのです。

建て替えとは

建て替えとは、その名のとおり、今ある家をすべて取り壊し、そこに新たな家を建てることを指します。

一般的には基礎部分となる土台から作り直すことが多いため、例えば地盤に懸念があった家を建て替えることで、その懸念が解消される場合も。

ただし、ハウスメーカーによって強度にバラつきがあるため、優れたハウスメーカーを見極めることが必要です。

全面リフォーム(リノベーション)のメリット・デメリット

冒頭ではリフォーム(リノベーション)と建て替えの意味をお伝えしましたが、これだけではまだどちらにするかの王手にはなりませんよね。

ここからは、各々のメリット・デメリットをご説明します。

双方の意味を踏まえつつ、まずは全面リフォーム(リノベーション)のメリット・デメリットから確認していきましょう。

メリット①:新築以上の高性能住宅にもできる

最先端技術や最新の商品を使うことで、全面リフォーム(リノベーション)でも新築以上の性能を備えることが可能です。

全面リフォーム(リノベーション)はアレンジがしにくいと思われがちですが、先述のとおり間取りを替えることもできますし、内外装を一新することも可能。

特に全面リフォーム(リノベーション)は、新築同様、もしくはそれ以上の機能やデザイン性を有した家にすることができるのです。

メリット②:思い出を残せる

全面リフォーム(リノベーション)の場合でも、例えばもとの家の思い出の柱など、思い入れのある部分を残すことができます。

建て替えとなるとすべてが取り壊しとなるため、お気に入りであったり、思い出深かったりする部分もすべて解体されてしまいます。

対照的に、全面リフォーム(リノベーション)の場合は、次の新しい家に思い出を引き継ぐことができるのです。

メリット③:工期が比較的短い

全面リフォーム(リノベーション)の場合でも工期が比較的短いのが特徴です。

例えば35坪のリフォーム(リノベーション)のスケジュールは、打ち合わせ~ご契約に約1~2ヶ月、ご契約~工事着工が約1~2ヶ月、工事着工~住み始めが約3~4ヶ月となります。

メリット④:住みながら・仮住まいどちらでも選べる

全面リフォーム(リノベーション)の場合、住みながら工事を進めることも可能であるため、手間のかかる仮住まいの手続きなどは必要ありません。

ただし全面リフォーム(リノベーション)では、住みながらの工事だとご家族にとって逆にストレスになってしまうことも考えられるため、仮住まいがおすすめの場合もあります。

デメリット①:基礎の強度がやや劣る可能性も

全面リフォーム(リノベーション)の場合、基礎部分の土台は既存のものを活かすため、土台から建て替える場合よりもやや劣る可能性も考えられます。

ただし、基礎に不安が残る建物には「基礎補強」を行うこともできるため、それほど大きなデメリットと捉える必要はないかもしれません。

デメリット②:大規模な変更は難しい場合も

全面リフォーム(リノベーション)とはいえ、基本的には柱などの既存の構造を活かすため、大規模な変更は難しい場合も。

建物にとって大事な柱は抜くことができないため、その部分がちょうど間取り変更を希望していた部分だとすると、完全に希望通りにはいかないかもしれません。

しかし、技術のある全面リフォーム(リノベーション)業者を選択すれば、抜ける柱・抜けない柱をしっかりと見極め、耐久性を確保しながら構造に変化をもたせることができるでしょう。

建て替えのメリット・デメリット

ここまで全面リフォーム(リノベーション)のメリット・デメリットをご説明してきましたが、ここからは建て替えのメリットとデメリットをご紹介します。

双方のメリット・デメリットを理解できれば、どちらを選択するかお悩みの方も意思決定がしやすくなるはずです。

メリット①:地盤補強からできる

いくら建物の耐震性が優れていても、地盤が弱ければ家が傾いてしまうこともあり、安心して住むことはできません。

その点、建て替えは基礎部分の土台から作り直すため、地盤の強度からしっかりと設計して改良することができます。

メリット②:鉄骨造なら自由度が増す

強度のある鉄骨造への建て替えであれば、大空間を作ることも可能です。

例えば、リビングの大きな吹き抜けなどを作ることができるため、解放感のある家にすることができます。

ただし、費用はその分跳ね上がるためバランスを考える必要があるでしょう。

メリット③:高性能な家になる

すべてを取り壊してゼロから建て替えるため、当然、性能は優れた家になります。

ただし、費用を抑えすぎて必要な部分にお金をかけられていなかったり、選んだハウスメーカーが悪かったりした場合は、性能面が大きく左右されてしまうので気をつけてください。

デメリット①:愛着のある家を壊すことに

繰り返しとなりますが、建て替えは全面取り壊しが必要です。

一部分だけを残すといったこともできないため、もとの家に愛着がある方、一部分でももとの家の要素を残したい方には、全面取り壊しの建て替えは寂しく思えてしまうでしょう。

デメリット②:工期が長い

建て替えの場合、工期が長くなります。

例えば35坪の建て替えの場合、打ち合わせ~ご契約まで約2~3ヶ月、ご契約~工事着工まで約3~4ヶ月、工事着工~住み始めが約4~6ヶ月となり、新しい家は楽しみなのに、なかなか家が完成しないというストレスやジレンマを抱えることに。

デメリット③:仮住まいや引っ越しが必須

建て替えの場合は、もちろん工事期間中にその家に住むことはできません。

必ず仮住まいが必要であり、そのための引っ越しも必須であるため、費用が余計にかかる上、仮住まい先を探す手間や手続きなど、労力やストレスがかかることは覚悟しておいたほうがよさそうです。

どちらがお得?双方の費用を比較

全面リフォーム(リノベーション)でも建て替えでも、少なからずデメリットはあります。

メリットとデメリットだけではまだまだ決定打に欠けると感じた方は、メリット・デメリットに加えて双方の費用を比べれば、どちらを選択すれば良いかがはっきり見えてくるでしょう。

全面リフォーム(リノベーション)にかかる費用

全面リノベーションにかかる費用

例えば【水廻4点交換+LDK(10坪)】を丸々リフォーム(リノベーション)する場合は、約700万円が相場となります。

【水廻4点交換+LDK(10坪)】の内容とは具体的に、

・システムバス交換

・キッチン交換

・洗面化粧台交換

・トイレ交換

・LDK内装、大工事

となり、それに伴う解体・処分・設置・水道設置・電気工事などもこの700万円に含まれています。

LDKの広さが8坪など少し狭くなると、その分費用も少なくなり、約500万円が相場です。

ちなみに【水廻4点交換】のみだと、約200万円で行うことが可能。

また、フローリングの重ね張り・壁や天井のクロス張替え工事に伴う材料および工事を行う【内装リフレッシュ工事】も、約200万円が相場です。

【外壁張替+屋根葺き替え】といった、【水廻4点交換+LDK(10坪)】の次に大規模なリフォーム(リノベーション)でも、約500万円。

【水廻4点交換+LDK(10坪)】と【外壁張替+屋根葺き替え】を併せて行い、文字通り全面リフォーム(リノベーション)をしたとしても、合計は約1,200万円ということになります。

ちなみに、その他の部分リフォーム(リノベーション)の費用相場は、以下です。

キッチン交換+LDKリフレッシュ(キッチン交換に伴う解体・処分・設置・水道設置・電気・LDK内装・大工事) 約150万円
タイル→システムバスへ変更(システムバス交換に伴う解体・処分・水道設置・間仕切壁補修工事) 約150万円
屋根・壁などの外部塗装(養生・高圧洗浄・下地処理・下塗り・上塗り・補修工事) 約150万円
キッチン交換(キッチン交換に伴う解体・処分・設置・水道設置・電気工事) 約70万円
・トイレ交換+内装リフレッシュ(便器交換に伴う処分・水道設置・内装工事)
・洗面台交換+脱衣室内装リフレッシュ(洗面化粧台交換・洗濯排水栓交換に伴う処分・水道設置・内装工事)
・玄関ドア交換(既存ドアの撤去に伴う処分・リフォーム玄関ドアの設置)
約30万円

また、リフォーム(リノベーション)は、増築などをしない限り、都道府県や市などに書類を提出して建築確認をする必要がないため、建築確認申請費用がかかりません。

さらに、面積が増えなければ基本的に固定資産税は変わりません。

工事によっては一定期間減税を受けることも可能なので、お得にリフォーム(リノベーション)の工事を進められます。

建て替えにかかる費用

選ぶハウスメーカーにもよりますが、すべてを解体するため、35坪のいわゆる一般的な住宅の建て替えでも約2,700万円はかかると言われています。

建て替え時に使用する設備や材料によっては、さらに費用がかかる場合も。

また、広さによっても費用は変わってきます。

例えば40坪の住宅を建て替える場合は、2,800万円~を想定しておいたほうが良いでしょう。

さらに、建て替えの場合、建て替え自体の費用のほか、諸経費も多くかかります。

建築確認申請費用は30万円~40万円、仮住まいの費用は4人家族で6ヶ月の場合70万円~80万円、引っ越し費用に30万円~40万円かかるため、これらを大きな負担と感じる方も少なくないでしょう。

全面リフォーム(リノベーション)が向いている方

今回の記事を総括して、建て替えよりも全面リフォーム(リノベーション)が向いている方は、

・我が家に愛着を持っていて、思い出深い部分を残しておきたい方

・基礎部分など、建物に致命的な問題が少ない方

・仮住まいや建築確認申請などの手間を省きたい方

・費用を抑えて自宅を一新したい方

と言えるのではないでしょうか。

全面リフォーム(リノベーション)の魅力は、やはり費用を抑えつつ新築のような家に住めること。

予算が決まっている方でも、自宅を綺麗にリニューアルすることができます。

建て替えが向いている方

全面リフォーム(リノベーション)よりも建て替えが向いている方は、

・地盤に抜本的な対策が必要な方

・建物の構造耐力上、大幅な対策が必要な方

・予算に制限がない方

と言えるでしょう。

全面リフォーム(リノベーション)と建て替えでは、建て替えのほうが費用がかかることは明らか。

それでも建て替えを選ぶべきなのは、建物や地盤に問題がある場合、もしくは柱などを気にせずに間取りをはじめ、何から何まで新しい家にしたい方には、建て替えが向いています。

費用を抑えて自宅を一新するなら全面リフォーム(リノベーション)がおすすめ

今回の記事では、全面リフォーム(リノベーション)と建て替えを徹底的に比較しました。

どちらが向いているかは、その方の家に対する考え方や、そもそも建物の問題もあります。

ただ、建物に致命的な問題がなく、費用を抑えて真新しい家に住むには、全面リフォーム(リノベーション)がおすすめと言えるでしょう。

もとの家の思い出の部分を残したい、様々な手続きを面倒に感じてしまう、やはり費用を抑えたい、といった方は、建て替えではなく全面リフォーム(リノベーション)を検討してみてはいかがでしょうか。

家は一生もの。

まずは専門の全面リフォーム(リノベーション)業者にとことん相談し、納得のいく形でご自宅を生まれ変わらせましょう。

全面リフォーム(リノベーション)を専門的に請け負う【オノヤ】は、古くなったものを新しく綺麗にするだけでは、本当に良い生活は送れないという考えのもと、将来的なメンテナンスのコストを考えた水廻り設備や、心地良さを演出するデザイン、ストレスのない動線づくりなど、お客様の生活がより豊かになる全面リフォーム(リノベーション)を指針とし、様々な工事を手掛けてまいりました。

全面リフォーム(リノベーション)のメリットや費用に関する詳しい資料のご用意もございますので、まずはお気軽にご相談ください。

※リフォームやリノベーションの費用は施工する地域によって異なるため、本記事で紹介した金額はあくまでも目安としてお考えください。