• その他

マンションをデザインリフォームする前に知っておきたい情報まとめ

最近ではおしゃれなマンションが増えているため、自分が住んでいるマンションのお部屋もキレイにしたいと考えている方は多いのではないでしょうか?そんなときは、マンションのデザインリフォームがおすすめです。マンションの制約にもよりますが、リフォームをすることで理想的なお部屋を手に入れることができるでしょう。

しかし、マンションのリフォームを行うのであれば、どんなメリットがあるのか、どんなマンションがリフォームに適しているのかなど、知っておくべきことがたくさんあります。そこで、今回はマンションのデザインリフォームをする前に知っておきたい情報を他m止めてみました。

マンションをリフォームするメリット

まず、リフォームをする上で知っておきたいのが、「どんなメリットがあるのか」ではないでしょうか?何も知らずにリフォームを行ってしまうと、「以前のままが良かったかも・・・」「これならリフォームするんじゃなかった・・・」と後悔してしまいます。

ここでは、マンションをデザインリフォームする3つのメリットについてご紹介していきます。また、デメリットについてもご紹介しているので、リフォームを検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

自分の好きなデザインのお部屋に仕上げることが可能

マンションをデザインリフォームする最大のメリットは、自分の好きなデザインのお部屋に仕上げられることです。マンションの構造や制約によってはできないリフォームもありますが、可能な限りであなたがイメージするお部屋を実現させることができるでしょう。

理想的なマンションのデザインリフォームを行うポイントは、必ず業者と入念な打ち合わせを行うことです。完成形のイメージを伝えることはもちろん、床や壁などに使用する建材などにこだわる方は、カタログを見せてもらいながら決めると良いでしょう。

機能性をアップさせることができる

マンションや一戸建てに限らず、リフォームをすれば機能性をアップさせることができるのもメリットの1つです。最近人気を集めているマンションのデザインリフォームには、生活スペースや住みやすさを重視されたものが多いです。

例えば、キッチンであれば料理がしやすい、収納スペースが多いといったリフォームが可能ですし、お部屋であればムダなスペースを有効活用できるリフォーム事例もあります。さらに、2階以上のマンションに住んでいる方であれば、遮音性の高い建材を使用することで、足音や生活音が下の階に響かない遮音性をプラスすることができますよ!

新築の購入に比べて費用を抑えることができる

最近のマンションはデザイン性の高いお部屋が多いため、新築を購入すれば満足できる生活空間を手に入れることができます。しかし、新築の購入費用はとても高額になってしまうため、なかなか手を出せない方は多いでしょう。

しかし、リフォームであれば新築マンションの購入に比べて安い費用で依頼できますし、デザインリフォームをすれば理想的なお部屋へと仕上げることが可能です。低コストでデザイン性の高いお部屋を実現できるのも、マンションリフォームのメリットといえるでしょう。

また、予算内に収めたリフォームをされたい場合は、依頼をする前に業者へと相談してみましょう。予算内でできるリフォーム内容の費用はもちろん、イメージ通りのリフォームを行った場合の費用も、見積りを出してもらえば明確な金額を把握することが可能です。

マンションリフォームにはデメリットもある

※マンションの購入費用とリフォーム費用の二重払い

マンションを購入したばかりでリフォームをされる方は、購入費・リフォーム費用の二重払いに注意が必要です。この場合、理想的なお部屋の実現と引き換えに、二重払いという大きな負担を背負うことになってしまいます。

特に、低コストでリフォームをされたい方にとっては大きなデメリットとなるので、この場合は少ない出費で抑えるためにも新築の購入をおすすめします。または、中古物件を購入してリフォームを行った方が、お得な費用で満足できるデザインリフォームを行うことができますよ!

デザインリフォームに適したマンションとは?

マンションによっては、リフォームの適していない物件があります。そのため、現在住んでいるマンション、または中古物件で購入したマンションがリフォームに適しているのかを知っておくことが大切です。

ここでは、デザインリフォームに適したマンションの特徴についてまとめてみました。満足できるフォームを行うのであれば、事前に知っておきたい情報といえるでしょう。それでは、それぞれの特徴について一つひとつ見ていきましょう!

リフォームをされていない物件は最適

新築で購入されたマンションであれば問題ありませんが、中古物件で購入された場合はすでにリフォーム済みとなっている場合があります。そして、リフォーム済みのマンションを購入された場合は、購入費用にリフォーム費用も含まれています。

つまり、リフォーム済みのマンションの場合、後からリフォームを行うとリフォーム費用を二重払いすることになるため、ムダな出費を出すことになります。そのため、リフォームに最適といえるのは、これまでに一度もリフォームをされていないマンションといえるでしょう。

ですので、中古物件を購入してリフォームを行うのであれば、物件探しの際にはリフォーム済みでないものを選ぶことをおすすめします。

リフォーム後のイメージに合った構造のお部屋

リフォーム後のイメージに合った構造のお部屋も、デザインリフォームに適したマンションといわれています。この特徴はマンションのデザインリフォームを行うにあたって重要なポイントとなります。

というのも、間取りのリフォームまで必要になると大規模な作業になるため、高額なリフォーム費用が発生します。さらに、大規模なリフォームということは、それだけ作業期間も長くなります。

そのため、低コストで理想的なデザインのお部屋を短期間で行うのであれば、リフォーム後のイメージに合った構造のマンションを選びましょう。

マンションをデザインリフォームする際の注意点

一戸建ての住宅であれば自由度の高いリフォームが可能ですが、マンションの場合は自由度が低い傾向があります。そのため、いざリフォームを依頼すると部分的にリフォームが不可能なところがある、またはリフォームを行うことで契約違反になる可能性があります。

ここでは、そんなマンションのデザインリフォームをする際の注意点についてまとめてみました。安心して満足できるマンションリフォームを行うためにも、ぜひ参考にしてみてください。

必ずマンションの制約を確認しておく

マンションには一戸建てとは異なり、さまざまな制約があるためリフォームをする際には注意が必要です。得に注意が必要なのは、キッチンや洗面所といった水回りの移動です。マンションの場合は水回りを移動させられないというケースが多いため、イメージ通りのリフォームができない可能性があります。

また、排気口や排水口の移動も不可能となるケースが多いため、リフォーム内容によっては制限されてしまうことがあります。ですので、リフォームをされる際は必ず事前にマンションの制約を確認しておきましょう。

リフォーム開始の前日までにご近所へ挨拶をしておく

リフォームでは騒音の発生や業者の出入りが激しいことから、他の住民の方に迷惑をかけることになります。そのため、ご近所トラブルを防ぐためにも、必ずリフォーム開始の前日までにはご近所の方へ挨拶をしておきましょう。

また、リフォームによる騒音や振動は「こんなところまで影響が出るの!?」と思うほど、広範囲に広がる場合があります。しかし、どの範囲までに影響が出るのかはわかりませんし、だからといて住民すべての方に挨拶をするのはとても大変です。

この場合は、リフォームによって発生する迷惑の挨拶や自宅・リフォーム業者の連絡先を用紙に記入して、マンションの掲示板に貼っておくことをおすすめします。

マンションのデザインリフォームで理想的なお部屋を手に入れよう

マンションのデザインリフォームを行うと、「理想的なお部屋に仕上がる」「機能性を向上できる」といったメリットがあります。新築を購入するよりも低コストで満足できるお部屋を手に入れることができるので、デザインリフォームはとてもおすすめです。

しかし、マンションによっては制約が多く、満足できるリフォームができない場合もあります。また、ご近所への挨拶を忘れるとトラブルの原因になってしまうため、十分な注意が必要でしょう。

この記事ではマンションのデザインリフォームで知っておきたい情報をまとめています。ですので、リフォームを検討されている方は、ぜひこちらの記事を参考にしてみてください。