• 外壁・外観

ガレージをリフォームするならビルトインガレージ!費用相場やメリットは?

「自宅に駐車スペースが欲しい」「車を大切にしたい」という方は、ガレージをリフォームしたいと考えてはいませんか?月額制の駐車場を利用している場合、自宅からの距離が遠い、雨が降ると車に到着するまでに濡れてしまうなど、不便に感じることもあるでしょう。

ビルトインガレージなら、自宅の敷地内に駐車スペースを確保できるだけでなく、雨が降っても塗れることなく乗車できます。また、車を雨風から守ることができるので、車を大切にしたいという方にもおすすめです。今回は、そんなビルトインガレージへのリフォーム、費用相場やメリットなどについてまとめてみました。

 

ビルトインガレージって?

ガレージ

http://refopedia.jp/hobbies

 

ビルトインガレージはインナーガレージとも呼ばれていて、自宅の1階に設置されるガレージのことです。自宅からガレージへ繋がるドアが設置されているので、雨が降っても濡れることがありません。また、一般的には車を駐車するために使用されることが多いですが、大型バイクや自転車を停める車庫としても使われています。

車好きであれば1台以上の車を持っているは多いですが、ビルトインガレージなら車の台数に合わせたリフォームができます。ですが、敷地内でのリフォームとなるので、この場合は住宅の2階部分に玄関を移動させることになります。住居スペースが削られるので、場合によっては3階の増設を検討する必要があるでしょう。

 

ビルトインガレージにするメリット・デメリット

ガレージ

http://refopedia.jp/sweetroom

 

ビルトインガレージのリフォームには、メリットはもちろんですが、デメリットもあります。「リフォーム前の方が良かった」なんてことにならないためにも、ビルトインガレージのリフォームを考えるなら、メリット・デメリットをしっかりと把握しておきましょう。

 

メリット

ビルトインガレージの最大のメリットは、大切な車を雨風から保護できることです。「洗車下ばかりなのに雨で汚れた」「風で飛んできたゴミが当たって傷がついた」など、大切な車をしっかりと守れます。

車に関する被害は、天候だけでなく、車上荒らしやイタズラなどもあるでしょう。ですが、ビルトインガレージにシャッターを設置すれば、外部による被害からも車を守ることができます。カギをかければ徒歩での外出中や、夜間帯でも安心できるでしょう。

また、自宅にガレージを設置することで、駐車場を借りる費用を節約できるのもメリットの1つです。さらに、駐車場まで車を取りに行く手間もはぶけるので、利便性を求める方にもぴったりのガレージリフォームでしょう。

 

デメリット

ビルトインガレージのデメリットは、住宅の1階スペースが減ってしまうことです。ビルトインガレージは、住居スペースを削ることで設置できるガレージです。そのため、玄関を2階に移す施工費用や、家族が多い場合は部屋数を増やす、または3階の増設費用が必要になるでしょう。

さらに、住居スペースを削ることで建物を支える強度が落ちるため、十分な強度を保つためにも、建築費用が必須になるでしょう。そのため、ガレージのリフォーム費用だけでなく、建築費用も視野に入れた予算を考える必要があります。

また、木造住宅の場合はビルトインガレージの設置ができない場合があります。「ガレージのリフォームだけを考えている」「木造住宅だけどガレージのリフォームがしたい」という方は、リフォームを依頼する前に、業者のスタッフに相談してみるとよいでしょう。

 

ビルトインガレージがおすすめな人って?

ガレージ

http://refopedia.jp/garage

 

ビルトインガレージはこのような方におすすめのリフォームです。

 

 車が好きで大切にしている
 アウトドアが好きで良く車を使う
 家族が多い
 高齢者の両親と一緒に暮らしている

 

ビルトインガレージには悪天候から車を守るメリットがあるので、車好きの方にはとてもおすすめです。汚れや傷などから大切な車を守りたいと考えるなら、ビルトインガレージへのリフォームを検討してみてはいかがでしょうか?

また、ビルトインガレージは扉1枚で自宅と繋がっているので、荷物の出し入れがとても楽に行なえます。そのため、バーベキューやキャンプといったアウトドアが好きな方は、たくさんの荷物を車に運ぶ・下ろす作業が楽にできるビルトインガレージがおすすめです。

自宅からすぐに乗車できるビルトインガレージは、家族が多い方や高齢者と一緒に暮らしている方にもぴったりのガレージです。小さな子供がいる場合、道路に飛び出してしまう危険性がなくなります。高齢者の場合は、自宅から車までの距離が短く、体への負担を心配する必要がありません。

ビルトインガレージはさまざまな方におすすめできるガレージのリフォームです。車を大切にすることはもちろん、利便性にも優れているので、ガレージのリフォームを考えているなら、ぜひビルトインガレージにしてみてはいかがでしょうか?

 

設置するシャッターは3種類から選べる

ガレージ

http://refopedia.jp/hobbies

 

ビルトインガレージにリフォームするなら、シャッターの取り付けも必要になるでしょう。ここでは、ビルトインガレージに取り付ける3種類のシャッターについてご紹介していきます。それぞれで仕様や特徴が異なるので、自分の好みや目的に合わせて選んでみてください。

 

巻取り式シャッター

巻取り式シャッターは、扉の上部にシャッターを収納するボックスが設置されていて、開けたときに巻き取りながら収納してくれます。どんなガレージにも使いやすいシャッターなので、一般的によく利用されているタイプとなっています。

しかし、シャッターを開閉するときのスピードが遅く、大きな音がなるというデメリットがあります。音が響きやすい住宅街に住んでいる、または夜間・早朝に出かけることが多い方には、あまりおすすめできないシャッターです。

 

スイングアップ

スイングアップは、海外のガレージ似使用されることが多く、日本ではあまり見かけないシャッターです。シャッターを開閉するときの音が静かなので、静かな住宅街でも安心して使えます。騒音はご近所トラブルの原因にもなるので、シャッターの開閉音を木にされる方にはとてもおすすめです。

しかし、スイングシャッターは文字通りスイング式の扉なので、開閉するときにある程度のスペースが必要になります。そのため、スイングアップを設置する場合は、業者とよく話し合ってから、問題なく使用できるのかを十分確認しておきましょう。

 

オーバースライダー

オーバースライダーは、扉を持ち上げるとレールに沿って天井に収納されるシャッターです。巻取り式シャッターと少し似ていますが、滑るように扉が収納されるので、シャターの開閉が素早く静かに行えるのが特徴となっています。

しかし、こちらのシャッターは高さのあるガレージにしか設置できないので、天井の低いガレージには設置することができません。また、雨が降った後に開閉すると、シャッターに溜まった雨水が天井から滴り落ちてくるので注意が必要です。

 

ビルトインガレージのリフォーム費用相場

ガレージ

http://refopedia.jp/garage

 

ビルトインガレージのリフォームは、1台分の設置で約150~300万円が相場となっています。また、シャッターの取り付けに約20~30万円が必要になるので、最大でも300万円以上は必要になるでしょう。

しかし、リフォーム内容によっては、約50~150万円でビルトインガレージにすることができます。まずはリフォーム業者へ相談してみて、どんな施工が必要なのか、どれくらいの費用がかかるのかなどを話し合い、見積もりを出してもらってみてはいかがでしょうか?

また、ビルトインガレージへのリフォームは、住宅の強度を保つ建築費用はもちろん、玄関を移動させる施工費用なども必要になります。詳しいリフォーム費用が知りたいという方は、業者に見積もりの依頼を出してみてください。

 

便利で快適なビルトインガレージ

住宅の1階部分を使ったビルトインガレージなら、自宅から出てすぐに乗車できるので、毎日車を利用する方にとても便利な駐車場です。屋内に駐車することができるので、車を大切にしている方はもちろん、小さな子供がたくさんいる家族や、高齢者への負担を軽減させたい方にもおすすめです。

しかし、住居スペースを削ることになるので、建物を支える強度を保つために、建築費用が必要になります。また、場合によっては増設が必要になるので、リフォーム前にはどれくらいの費用が必要になのかを、あらかじめ業者に確認しておくことをおすすめします。また、シャッターの設置は、種類によって使い勝手や開閉時の音が気になる場合があるので、住んでいる環境の合わせると良いでしょう。