• キッチン
更新日:2019/06/05

キッチンリフォームの完成形をイメージできる事例まとめ

キッチンリフォームを考えている方の中には、「完成後のイメージがわかない」「どんなキッチンにするか迷っている」という方は多いのではないでしょうか?キッチンのデザインにはさまざまなものがありますし、高いお金を払ってリフォームするのであれば、失敗だけは避けたいものです。

そこで、今回はキッチンリフォームの成功事例をまとめてみました。リフォーム後の見た目はもちろんですが、どれくらいの費用でどこまでのリフォームが可能なのかというのも、気になっている方は多いはずです。この記事では用途別による費用相場についてもご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

用途別で見るキッチンリフォームの費用相場

キッチンリフォームにかかる費用は、リフォーム内容によって異なります。低コストで抑えられれば50万円ほどでできますし、高額なリフォームになると200万円を超える場合もあるため、実際にどれくらい費用が必要になるのかはさまざまです。

そこで、ここではキッチンリフォームにかかる費用相場を用途別にまとめてみました。自分が考えているリフォーム内容の相場がいくらなのかを知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

部分的なキッチンリフォームなら約50万円

部分的なキッチンリフォームを行うのであれば、約50万円で使い勝手の良いキレイなキッチンへと仕上げることが可能です。長年に使用でこびりついて落ちない汚れが気になる、劣化して見た目が悪くなっているなど、キッチン全体ではなく部分的なリフォームであれば、低コストで行うことができますよ!

また、「ガスコンロをIHに変更する」「レンジフードを最新のものに変える」など、このような部分的リフォームであれば、約30万円とより低いコストでのリフォームが可能です。つまり、リフォームをする箇所が少ないほど、少ない出費で改善することができます。

キッチン全体をリフォームするなら約150万円

キッチン単体をはじめ、床や壁などといったキッチン全体のリフォームをされる場合は、約150万円が相場となっています。リフォーム箇所が多いだけでなく、撤去作業なども増えるため、部分的なリフォームと比べると高額な費用が必要になるでしょう。

また、リフォームによって導入するキッチンのサイズ・機能性・デザインや、キッチンの位置を移動させる場合もこのような費用相場となっているようです。少し大掛かりな作業になるリフォームなので、場合によっては150万円を超える可能性もあるでしょう。

こだわりのキッチンを作るなら約250万円

リフォームによってこだわりのキッチンを作る場合は、約250万円が相場となっています。このようなリフォームをされる方の多くは、キッチンのデザインはもちろん、雰囲気に統一感を出すためにキッチン全体を取り換えるケースが多いです。

さらに、使用する建材にもこだわりたいという方は、約300万円と高額な費用がひつようになる場合もあるようです。こだわりを持ちつつも費用を抑えたいという方は、使用する建材の種類を確認しておきましょう。

キッチンリフォームにかかる費用を押させる建材の種類

キッチンリフォームは、使用する建材の素材を見直すことで抑えることができます。見た目やデザイン性にはこだわるけど、材質にはこだわらないという方は、リフォームを依頼する前に費用安い建材を調べておく必要があるでしょう。

ここでは、そんなキッチンリフォームの費用を安く抑えることができる建材についてまとめてみました。少しでも費用を抑えたいと考えている方は、ぜひ参考にしてステキなキッチンを低コストでリフォームしてみましょう!

キャビネットや吊り戸の素材

キャビネットや吊り戸には、以下のような建材が使用されています。

  • 天然木
  • ステンレス
  • 塗装(UV・ウレタン)
  • メラニン化粧板
  • オレフィン化粧板

この中で最も高額な材質は「天然木」といわれていて、安価な素材となるのが「オレフィン化粧板」だといわれています。オレフィン化粧板は手頃な価格に加え、傷や汚れに強く、耐久性に優れた素材なのでとてもおすすめです。

ワークトップの素材

ワークトップと呼ばれるキッチンの天板には、以下のような素材が使用されています。

  • 天然石
  • 人工大理石
  • ステンレス
  • タイル
  • 樹脂版

この中で最も高価な素材は「天然石」といわれていて、安価な素材となるのが「樹脂版」だといわれています。しかし、樹脂版は長期間使用することで変色してしまい、汚れが落ちにくいといったデメリットがあります。

そのため、ワークトップのリフォームをされる方の多くは、耐水性や耐久性に強く、長期間キレイに使用できる人工大理石を選ぶ方が多いそうですよ!

シンクの素材

シンクには以下のような素材が使用されています。

  • 人工大理石
  • カラーステンレス
  • ステンレス

メーカーによって異なる場合がありますが、どのメーカーでも安価な素材となっているのは「ステンレス」だといわれています。しかし、キッチンによって銀色のステンレスが雰囲気を壊してしまう場合があるため、デザインにこだわる方には向いていないかもしれません。

また、カラーステンレスでは長年の使用で塗料が剥がれてしまうので、将来的に考えるなら人工大理石の方がおすすめでしょう。ちなみに、人工大理石のシンクには「アクリル系」「ポリエステル系」の2種類があり、ポリエステル系の方が安価な素材だといわれています。

キッチンリフォームの成功事例まとめ

ここでは、キッチンリフォームの成功事例をまとめてみました。どのようなリフォームを行い、どれくらいの費用がかかったのかをご紹介していきますので、キッチンリフォームを検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。

原状回復なら低コストでリフォームができる

I型・L型キッチンの原状回復を行ったキッチンリフォームでは、約80万円の費用でリフォームを行うことができています。

  • システムキッチンの本体
  • キッチン内の壁
  • キャビネット
  • ワークトップ

これらは、長年の使用よって劣化した、または汚れのひどい部分のみのリフォームを行った事例となっています。部分的なリフォームによる原状回復なので、低コストでキッチンリフォームを成功させています。

こだわりのキッチン作りには高額な費用が必要に

こだわりのキッチンへと仕上げるために行ったキッチンリフォームでは、約200万円の費用でリフォームを行うことができています。

  • 壁面から対面キッチンへの変更
  • 半オープンから全オープンのカウンターキッチンへの変更
  • L型キッチンから対面キッチンへの変更

これらは、キッチンの位置や形状のリフォームを行った事例となっています。使いづらいキッチンの改善が目的のリフォームとなっていて、快適な空間を作ることに成功しています。また、見た目もおしゃれな仕上がりになっているので、こだわりのキッチンを作りたい方にはおすすめでしょう。

キッチンリフォームに迷ったら事例を参考にしてみよう!

キッチンリフォームで悩んでいる方の多くは、完成後のイメージがわかず、どんなデザインにしようかと考えている方が多いです。そんなときは、実際にリフォームを行った事例を参考にすることで、イメージをまとめることができます。

また、キッチンリフォームの事例には、そのリフォームにかかった費用やどこを改善したのかまで知ることができます。もし、キッチンのリフォームで悩んでいるのであれば、ぜひこちらの記事を参考にして、満足できるリフォームを実現させてみてください。