• 屋根

劣化した屋根をリフォームするときに知っておきたい情報まとめ!

「そろそろリフォームをする時期かな」「劣化のよって見た目が悪くなっている」など、屋根のリフォームを検討されている方はいませんか?住宅の屋根は長くても10年程を目安にリフォームが必要といわれているため、築年数が長かったり中古物件を購入したりした方は、屋根のリフォームが必要かもしれません。

そこで、今回は劣化した屋根をリフォームするときに知っておきたい情報をまとめてみました。「リフォームをすることでどんなメリットがあるの?」「どれくらいの費用が必要になるの?」など、屋根リフォームを検討されている方であれば気になっていることでしょう。

また、リフォーム業者の中には悪徳業者も存在しているため、最悪の場合は満足できる仕上がりにならない可能性があります。この記事では信頼できる業者選びのポイントもご紹介しているので、ぜひ参考にして納得できる屋根リフォームを行ってみてください。

屋根をリフォームするメリットって?

屋根リフォーム

劣化した屋根をリフォームすれば当然見た目はよくなりますが、その他にはどのようなメリットがあるのでしょうか?例えばですが、劣化していても雨漏りがなければ、リフォームの必要はないと考えてしまう方は多いでしょう。

しかし、屋根リフォームをすることで見た目以外にもいくつかのメリットがあります。ここでは、そんな屋根リフォームのメリットについてまとめてみました。また、リフォームに適した時期についてもご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

まるで新築の屋根のような仕上がりになる

屋根リフォームにはさまざまな種類の施工方法がありますが、どの方法でもまるで新築のようなキレイな屋根に仕上げることができます。屋根の塗装が剥げている、またはヒビが入っているなど、リフォームをすればこのような状態を改善できるので見た目も美しくなりますよ!

ちなみに、リフォームをされる方の中には屋根の耐久性ではなく、見た目の劣化を改善するために行っている方も少なくありません。耐久性には問題なくても見た目がとても気になるという方は、屋根リフォームでキレイな屋根に仕上げてみてはいかがでしょうか?

住宅の劣化を防ぎ寿命を延ばす効果がある

屋根は雨風や紫外線などから私たちを守り、快適な住まいを実現させてくれる重要な部分です。その屋根が劣化によって耐久性が低くなってしまうと、雨漏りの被害や室内温度などに影響が表れてしまいます。

このような状況になると住宅の内部まで劣化してしまうため、住宅そのものの寿命を縮めてしまうことになるといわれています。しかし、リフォームによって劣化を改善すれば、屋根はもちろん住宅の寿命を延ばすことができるので、安全の暮らせる環境を維持することができるでしょう。

材質によって自分好みの仕上がりを実現できる

屋根リフォームで使用する材質によって、自分好みの屋根に仕上げることができます。例えばですが、塗料の塗り替えをすれば好きな色を屋根にできるので、住宅の雰囲気をガラリと変えることができます。

また、瓦屋根でも瓦の種類を変えるだけで、オシャレな見た目に仕上げることができますよ!他にも、金属の屋根にすれば錆にも強く耐久性に優れているので、好みだけでなく目的や用途に合わせて選ぶことも可能です。

屋根リフォームは天候が安定している春がおすすめ!

屋根リフォームを行う最適の時期といわれているのが、天候が安定している春だといわれています。というのも、天候によって施工期間が長引いてしまうことがあり、悪天候の中での屋根リフォームは雨漏りを引き起こす原因になってしまいます。

そのため、屋根リフォームを行うのであれば、天候が安定している春がおすすめですよ!また、別の時期にリフォームをされるのであれば、台風のシーズンが来る前に行うことをおすすめします。

屋根リフォームの種類には何があるの?

屋根のリフォームにはさまざまな種類がることをみなさんは知っていますか?種類によって必要な費用や施工期間、材質などが異なるので、リフォームをされるのであれば事前に知っておきたいという方は多いでしょう。

そんな屋根リフォームの種類ですが、大きく分けて「塗り替え」「カバー工法」「葺き替え」の3つがあります。それでは、それぞれの種類でどのような違いがあるのか、一つひとつ見ていきましょう!

低コストで屋根リフォームができる「塗り替え」

塗り替えは、劣化して塗装が剥げた屋根の上から、新しい塗料を塗っていくリフォームとなっています。使用する塗料によって異なりますが、屋根リフォームの中でも低コストで行えるものだといわれています。

また、塗り替えによる屋根リフォームは、塗料によって耐久性が異なります。耐久性に優れた塗料を使用する場合は費用が高くなりますが、耐久年数がとても長くなるので塗り替えを行う頻度を減らすことができるでしょう。

施工期間が短い「カバー工法」

カバー工法は、既存の屋根の上から新しい屋根を重ねるリフォームのことです。既存の屋根を取り外す作業を行わないため、施工期間が短い屋根リフォームとなっているようです。また、重ねて使用する屋根は軽量の素材となっているため、重量によって住宅の耐震性に影響を与える心配はありません。

しかし、カバー工法を行えるのは既存の屋根に劣化状態によるため、あまりにも劣化がひどい場合は別の方法でリフォームを行う必要があるでしょう。屋根の状態を自分で確認することは難しいので、リフォームをされる方でカバー工法を検討されている方は、一度業者の方に状態確認をしてもらいましょう。

劣化した屋根を新しくする「葺き替え」

葺き替え(ふきかえ)は、既存の屋根を取り外して新しい屋根を取り付けるリフォームのことです。屋根そのものが新しくなるので、塗り替えやカバー工法に比べて高い耐久性が期待できるでしょう。

また、葺き替えを行う場合は自分の好きな材質の屋根を選ぶことができるので、理想的な住宅へと仕上げることができます。屋根の劣化がひどく他のリフォームが行えない、理想的な屋根に仕上げたいという方は、葺き替えによるリフォームを検討してみてはいかがでしょうか?

屋根リフォームにかかる費用相場

リフォームを検討している方が一番知りたいことといえば、実際に必要となる費用相場ではないでしょうか?「予算内でリフォームできるのかな?」「劣化がひどい場合のリフォーム費用はいくらだろう」など、金銭面は誰でも気になってしまうものです。それでは、屋根リフォームの費用相場について見ていきましょう!

必要な費用はリフォームの種類によって異なる

屋根リフォームの費用相場は、上記でご紹介したリフォームの種類によって異なりますが、費用相場や約50~200万円だといわれています。最も費用が安い塗り替えの場合は約30万円が相場といわれていますが、使用する塗料によっては高額になる可能性があります。

また、カバー工法や葺き替えの場合は100万円以上の費用が必要になるケースが多く、場合によっては200万円ほどの費用がかかることもあるようです。そのため、明確な費用が知りたいという方は、依頼する業者に見積書を作成してもらいましょう。

リフォーム内容によっては補助金が受けられる

リフォームの種類によっては高額な費用が必要になりますが、「省エネリフォーム」「耐震リフォーム」などを行えば、自治体から補助金が受けられるといわれています。屋根リフォームであれば、ご紹介したリフォームに加えて「太陽光パネル」を設置する、または塗り替えで「断熱塗料」を使用することで、補助金支給の対象になるようです。

しかし、屋根リフォームに利用できる補助金は、受けるために細かい条件が多いといわれているので、一度自治体に確認をしてからリフォームを行うと良いでしょう。

信頼できる業者に屋根リフォームを依頼しよう!

屋根のリフォームにはさまざまなメリットがあり、リフォームの種類によって仕上がりや費用などが異なります。そのため、目的や用途に合わせて屋根リフォームを行うと良いでしょう。

しかし、リフォーム業者の中には営利目的で営業している「悪徳業者」が存在します。リフォームを相談した際に「格安」「大幅値引き」などアピールしてくる、またはリフォームを焦らせる場合は悪徳業者である可能性が高いので要注意!

信頼できる業者であればこのようなことを行うことはないので、すぐにリフォームの依頼をするのではなく、しっかりと見定めることが大切です。屋根リフォームを検討している方はぜひ信頼できる業者に依頼して、満足できるリフォームを行ってみてください。